1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/10/17 22:24:17.55 ID:CAP_USER9.net
    ロシア本土とクリミアを結ぶ橋の建設をプーチン大統領の友人で大富豪のアルカディ・ローテンベルク氏率いる企業が
    進める中で、大統領は次のメガプロジェクトを用意している。

    そのプロジェクトとは、エネルギー資源に富むサハリンと本土を結ぶ橋の建設だ。
    事情に詳しい関係者3人によると、大統領は建設費用を約2860億ルーブル(約5600億円)と見積もり、
    ローテンベルク氏のストロイガスモンタシュが受注する見通しだという。

    ローテンベルク氏、ストロイガスモンタシュともロシアのウクライナ介入による西側の制裁対象に指定されているため、
    政府の大型プロジェクトは渡りに船だ。
    サハリンと大陸を結ぶ橋の建設はスターリンが約70年前に計画したが、プーチン大統領がよみがえらせる格好になる。

    橋の建設をストロイガスモンタシュに発注する決定はすでに下されているが、
    建設開始の発表は来年になるかもしれないと、同社とロシア大統領府に詳しい関係者は述べた。
    この内容は建設を監督する国営ロシア鉄道の別の関係者も確認した。
    これらの関係者は協議が非公開だとして匿名を条件に語った。

    大統領府のペスコフ報道官は、サハリンについて最終的な判断は下されていないと回答した。
    ローテンベルク氏の代理人は、サハリンのプロジェクトにストロイガスモンタシュが
    参画するかコメントするのは時期尚早だと述べた。

    関係者2人によると、このプロジェクトに政府予算の拠出は不要で、現時点の想定では借入金によって賄う。
    ロシア鉄道に近い関係者は、日本の銀行による融資も候補になるかもしれないと指摘。

    これら関係者は、サハリンと北海道を橋で結ぶ構想がロシア側にはあり、
    ロシアは日本の参画を当てにしているが、日本政府との交渉や合意はまだないと付け加えた。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-17/OXXDRJ6JTSE801

    地図・ルート
    http://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/ipZU.wKbVoV0/v3/-1x-1.png
    【【ロシア】プーチン大統領、サハリンと大陸を結ぶ橋建設へすでに業者選定…建設費約5600億円。北海道と橋で結ぶ構想も日本の参画に期待 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/10/18 08:06:09.02 ID:CAP_USER9.net
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011180981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_024

    携帯電話各社が顧客を増やすことを優先し、長期の契約者を優遇していないと指摘される中、「NTTドコモ」は、4年以上契約している人を対象に、料金負担を実質的に減らす新たなサービスを始める方針を固めました。

    携帯電話の大手各社が他社からの乗り換えを優先し、長期の契約者が恩恵を受けていないとして、総務省は各社に料金などの見直しを求めてきました。

    こうした中、関係者によりますと、NTTドコモは、4年以上続けて契約している人向けの新たなサービスを来年5月に始める方針を固めました。

    現在は、すべての契約者に対し、端末の購入代金やコンビニや飲食店での支払いに使える「dポイント」を毎月、利用料金の1%付与していますが、この割合を、4年以上の契約者は2%、10年以上は4%、15年以上は5%に引き上げます。

    さらに、すでに行っている長期契約者への割り引きサービスは、料金の割り引きの代わりにdポイントを受け取る形を選ぶと、実質的な値引き額が増えるように改めます。
    こうして、長期契約者の料金負担を実質的に減らすとともに、ポイントサービスによる顧客の囲い込みを強化したい考えです。

    長期契約者を対象にしたポイントサービスの強化は、KDDIやソフトバンクも始めていて、今回のドコモで大手3社が出そろい、競争がさらに激化することも予想されます。

    10月18日 4時04分
    【【サービス】NTTドコモ 長期契約者の優遇強化へ】の続きを読む

    1. 111: ばーど ★ 2017/10/17 21:39:24.93 ID:CAP_USER9.net
    >>1 ソース

    IS標ぼうの「イスラム国家」事実上崩壊 ラッカが陥落
    10月17日 21時37分

    過激派組織IS=イスラミックステートが「首都」と位置づけるシリア北部の都市ラッカについて軍事作戦を進めてきたクルド人勢力主体の部隊は先ほど、NHKの電話取材に対し、市内全域を制圧したことを明らかにしました。ISが標ぼうしてきた「イスラム国家」は、「首都」だとする都市が陥落したことで、事実上、崩壊しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011180931000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
    122: ばーど ★ 2017/10/17 21:40:28.14 ID:CAP_USER9.net
    >>1 共同ソース

    シリア民兵組織「ラッカ解放」 イスラム国に壊滅的打撃

     【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称してきたシリア北部ラッカの奪還作戦を続ける民兵組織、シリア民主軍(SDF)の報道官は17日、共同通信に対し「軍事作戦は終了し、ラッカを解放した」と語った。近く正式発表があるという。ISにとって組織壊滅に向けた打撃となる。

     報道官は、潜伏する戦闘員の捜索や、地雷除去など「浄化作戦」が続いていると述べた。

     SDFは米軍の支援を受け、6月にラッカに進攻、奪還作戦を続けてきた。

    2017/10/17 20:1410/17 20:16updated
    https://this.kiji.is/292978015679562849
    【IS標ぼうの“国家”が事実上崩壊 首都とするシリア北部・ラッカ陥落で】の続きを読む

    このページのトップヘ