2017年09月

    1: らむちゃん ★ 2017/09/30 22:34:33.58 ID:CAP_USER9.net
    東スポWeb 2017年9月30日 17時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13685811/

     衆院選(来月10日公示、22日投開票)を前に民進党の“解党”に伴う希望の党への合流問題で「受け入れNGリスト」が出回り始めた。

     希望の党代表の小池百合子都知事(65)は29日、民進党の前原誠司代表(55)と会談。表向きは候補者全員の受け入れを要請している前原氏に対し、小池氏は「全員を受け入れることはさらさらない」と明言。さらに都庁での会見ではフリーランスの記者から「リベラル派を大量虐殺するのか」との質問に「排除致します」と言い切った。

     希望関係者は「この“排除”のワードは1996年の旧民主党結党時に村山富市元首相やさきがけの武村正義代表らの合流を拒否し“排除の論理”といわれ、流行語にもなった。小池氏も血も涙もなく、民進組を排除する魂胆です」と指摘する。

     永田町では希望が公認しない30人近くの名前が書かれたリストが出回っている。本紙昨報通り、菅直人元首相(70)、野田佳彦元首相(60)、枝野幸男代表代行(53)、長妻昭元厚労相(57)、赤松広隆元衆院副議長(69)、辻元清美幹事長代行(57)らが入っているのと同時に岡田克也元代表(64)、海江田万里元経産相(68)、安住淳元財務相(55)らの名前もあった。

    「いずれも民主党政権で代表や大臣、幹部経験者で、安全保障や憲法観で一致したとしても負のイメージを新党に入れ込んでしまうので、厳しく“排除の論理”であたるでしょう」(同関係者)

     小池氏による“排除”を恐れてか、希望への合流を選択しない候補者も出始めている。一方で、NGリストに載りながらもいちるの望みをかけて、長妻氏や社民党出身の阿部知子氏(69)らは、希望にエントリーした。

     選考に当たっている玄葉光一郎元外相(53)は「選考過程は一切明かさない」としているが、週明けには“NG確定リスト”が出ることになる。

    1がたった日時:2017/09/30(土) 19:33:04.64
    前スレ:【衆院選】希望の党受け入れ拒否リスト流出 新たに岡田、海江田氏らの名前も★4
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506774752/
    【【衆院選】希望の党受け入れ拒否リスト流出 新たに岡田、海江田氏らの名前も】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/09/29 12:27:07.28 ID:CAP_USER9.net
    福岡市東区の私立博多高校で授業中、生徒が先生を蹴る様子を写した動画がツイッターに投稿された。
    学校側は生徒による暴力行為と確認し、県警に被害届を出すことを検討している。

    動画は約40秒で、黒板の前で男子生徒が先生を後ろから複数回蹴り、その様子を見て笑う声も入っている。
    同校によると、28日午後の1年生の授業中、携帯端末で動画を見ていたことを注意された生徒が、常勤講師の男性(23)を蹴ったという。
    今のところけがは確認されていないという。

    撮影した同級生が同日夜に中学時代の友人とのグループラインに投稿。
    その動画を他校の生徒が自分のツイッターで拡散した。学校は警察からの連絡で動画の存在を知ったという。
    投稿者はその後投稿を消し、「6万RT(リツイート)もいったので、もう良かろう」とつぶやいている。

    内尾実・副校長は「体罰はダメだと言ってきたが、逆のケースは想定外だった。
    改めて適正なネット利用についても指導していきたい」と話した。

    http://www.asahi.com/articles/ASK9Y3474K9YTIPE003.html
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/29/news067.html

    【【福岡】授業中に生徒が先生を蹴るなど暴行、その様子を見て笑う声も ツイッターに動画投稿 博多高校、被害届提出検討】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/09/29 10:57:27.30 ID:CAP_USER9.net
    中国の高速列車「復興号」(写真:時事通信フォト)
    https://parts.news-postseven.com/picture/2017/09/jiji_china_tetsudo.jpg

    8月下旬、中国で開かれた展示会で驚きの発表があった。宇宙開発企業「中国航天科工集団公司」が、最大時速4000キロに達する「高速飛行列車」の実現に向けた研究を始めていると発表したのだ。現在、日本が開発するリニアモーターカーは最高時速600キロであり、時速4000キロは飛行機の4倍という未知のスピードだ。

     中国の高速鉄道といえば、2011年7月に死者40人、負傷者約200人を出した浙江省温州市の脱線事故が記憶に残る。しかも事故翌日に車両を地面に埋めて事故隠しをした経緯もあり、「中国に高速鉄道の開発は無理だ」と感じさせた。

     だが、今もそう思っているのは日本人だけかもしれない。『経済界』編集局長の関慎夫氏が指摘する。

    「『高速飛行列車』は空気抵抗のない真空チューブ内をリニアモーターカーが走る『真空リニア』という特殊な方式が採用されています。米国なども開発を進めているのですが、中国はすでに200以上の特許を取得し、国内外で20を超える開発研究機構との共同開発プロジェクトを進行させている。実現が難しい技術ですが、中国がこの分野のトップランナーであることは間違いないでしょう」

     かつては中国の技術を見下していた欧米の見方も変わりつつある。英紙『デイリーメール』は「高速飛行列車」を華々しく紹介、唯一の懸念として「中に乗っている人間はその超高速に耐えられるのだろうか」と付け加えた。

    “日本のお家芸”とされる技術が、いつの間にか中国に追い越されていた例は他にもある。中国製ロケットの打ち上げ成功率は、1990年以降でみると94.5%に達する。これは日本(91.4%)や米国(94.4%)を上回り、宇宙開発の先駆者であるロシア(95.2%)に迫る数字だ。

    航空産業でも、三菱航空機の「MRJ」が度重なるトラブルで納期を延長している間に、中国産の「C919」が試験飛行を開始。すでに570機の受注を決めてMRJ(447機)を抜き去った。

     スーパーコンピューターの性能を競うランキング(2017年)では、中国製が1位と2位に輝く一方、日本製は7位と8位。民主党政権時代、事業仕分けで蓮舫氏が「2位じゃダメなんですか」と言い放ってから8年で、差はここまで開いてしまった。

     科学技術を発展させるための研究開発分野でも中国がリードを広げつつある。文科省所管の科学技術振興機構の調査では、「コンピューター科学・数学」「化学」「材料科学」「工学」の4分野における論文で中国が世界一で、日本はいずれもトップ3に入らない。論文の“質”を示す被引用件数でも中国は世界2位で(1位は米国)、日本は10位だ。

     英国の教育専門誌が選ぶ世界大学ランキングの2016~2017年度版でも、中国の清華大学は24位で東アジアのトップだったが、東大は34位だった。「技術大国」の名誉は中国に奪われつつある。

    配信2017.09.27 16:00
    NEWS ポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20170927_616059.html?PAGE=1#container
    【【中国】もはや技術大国、中国で時速4000km高速飛行列車の研究開始 航空産業でもMRJを抜く】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/29 00:58:30.68 ID:eLBCri7R0.net
    ヒエッ…
    https://twitter.com/sol_yuuga/status/913402374185566212


    ※前スレ
    【悲報】Fラン高校のとんでもない授業風景
    http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1506610694/
    【【悲報】Fラン高校のとんでもない授業風景】の続きを読む

    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2017/09/28 09:16:31.88 ID:CAP_USER9.net
    新海誠監督が手がけたアニメーション映画『君の名は。』が実写映画化されることが決定しました! 映画配給会社・米パラマウント・ピクチャーズと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などを手がけた制作会社・バッド・ロボットが手を組み、実写化へ向けて取り組んでいます。

    ハリウッド版実写映画は、バッド・ロボットのJJエイブラムス氏とリンジー・ウェバー氏がプロデュースを担当。脚本は『メッセージ』で2017年アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラー氏が手がけます。

    また、アニメ版映画のプロデューサー・川村元気氏もプロデューサーとして制作に参加。東宝は上記2社とともに共同制作し、『君の名は。』ブランドを世界に向けて発信していく予定だと発表しています。

    そんな『君の名は。』にこれまで携わってきた新海誠監督、川村元気プロデューサー、東宝取締役島谷能成社長からコメントが届きましたので、ご紹介します。

    『君の名は。』に携わってきた方々からコメントが到着!
    【原作・脚本・監督・新海誠氏からのコメント】
    『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。

    そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています。

    【プロデューサー・川村元気氏からのコメント】
    これ以上ない、夢のようなチームになりました。JJエイブラムスさんが『君の名は。』をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。

    バッド・ロボットで彼と会って話すまで「これは夢だ、きっと夢に違いない」そう思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです。数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJJエイブラムスさん。『君の名は。』をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたりJJエイブラムスさんと彼のチーム以上のクリエーターはいないと思います。

    また脚本のエリック・ハイセラーさんが書いた『メッセージ』はここ数年で見たSF映画のなかで最も心を動かされたものでした。SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む『君の名は。』を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています。

    JJさん、エリックさんと共に『君の名は。』のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを心より誇りに思います。

    【東宝取締役島谷能成社長・島谷能成氏からのコメント】
    日本が誇る『君の名は。』をハリウッド最高のクリエーターの方々と一緒に実写化する機会を楽しみにしています。

    http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1506517956
    【【アニメ】『君の名は。』実写映画化決定 東宝は米パラマウント・ピクチャーズ、バッド・ロボットとともに共同制作することを発表】の続きを読む

    このページのトップヘ