2017年12月

    1: nita ★ 2017/12/28 12:45:11.08 ID:CAP_USER9.net
    2017年12月28日

     二〇一八年度の与党税制改正大綱に、たばこ税の増税が盛り込まれ、たばこが今後、大幅に値上げされる見通しになった。たばこは増税による値上げが続いており、平均価格は二十年前に比べ二倍近い水準。追い打ちの値上げは、喫煙率が比較的高い低所得者には強烈な打撃となりそうだ。 (白井康彦)

     「何年か先には一カ月のたばこ代は千円ぐらい増えてしまいそう。その分、生活費を削るのはすごく苦しい」。こう訴えるのは東海地方のアパートで一人暮らしをする五十代男性。

     注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断されている上に不眠症、うつの症状もあって会社勤めは長く続かなかった。七年前から生活保護を受けており、生活扶助費(日常生活費)は月七万二千円ほどだ。若いときに勤めていたパチンコ店が従業員にたばこを無料で配っていたことがきっかけで愛煙派に。以来、約三十年間、たばこを吸い続ける。

     最近愛用しているのは、加熱式たばこ。おおむね一日一箱のペースで、たばこ代は月額約一万四千円に上る。「食費を月一万円ぐらいに抑えざるを得ない」状況だという。

     禁煙を試みたことはあるが、成功したことはない。生活保護を受けていることを引け目に感じ、「周囲の目が気になって仕方ない」と男性。イライラした感情からたばこが手放せないという。二年前には、生活費が尽きてたばこが買えなくなったため、路上に落ちていた吸い殻を拾い集めて吸ったこともあった。「たばこを吸うと落ち着くんです。やめたくても、どうしてもやめられない」。男性がこぼした。

        ×  ×
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201712/images/PK2017122802100076_size0.jpg

     この二十年間、物価は安定しており、消費者物価指数も小動きだ。しかし、たばこは例外。平均的な小売価格の水準を示す価格指数(一五年平均=一〇〇)は、一九九六年平均が五三・三、二〇一六年平均が一〇一・二で約九割もの上昇だ=図。

     たばこ税増税は今後、段階的に実施され、紙巻きたばこ一本当たりの税額は二一年十月には今より三円増える。二十本入りの一箱四百四十円の商品は、増税分がそのまま小売価格に転嫁されると五百円になる。たばこ価格指数は、今よりさらに一割強上がりそうだ。所得に関係なく平等に値上げされるため、同じ喫煙者でも低所得者の方が負担は重くなる。

     一方、低所得者の喫煙率は高所得者に比べ高いとされる。厚生労働省が一〇年に実施した国民健康・栄養調査によると、男性の喫煙率は所得二百万円未満で37・3%、二百万円以上六百万円未満は33・6%、六百万円以上は27・0%だった。所得が低いほど喫煙率が高くなる傾向が見られた。理由ははっきりしないが、「低所得者はストレスの強い人が多い一方、禁煙に関する情報に接する機会が少ない」との指摘がある。

     七年前に禁煙に成功し、禁煙に至るまでの体験をブログにつづっている秋田市のファイナンシャルプランナー(FP)佐藤元宣さんは「ストレスがたまり、たばこに手が伸びることがあった。たばこ以外のはけ口を見つけておくことが重要だと身に染みて思った」と話す。「ただ、本人に努力を促すだけでは難しい。行政などが禁煙外来に通うことの有効性などを周知するべきだ」と強調している。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201712/CK2017122802000176.html
    【【東京新聞】低所得喫煙者に打撃 たばこ税増税で負担重く...生活保護の男性、たばこ代が月約一万四千円、食費は月一万円...】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/12/28 11:41:03.19 ID:CAP_USER9.net
    北陸道で衝突事故、子ども2人意識不明 新潟・長岡
    12/28(木) 10:28配信

    28日午前3時20分ごろ、新潟県長岡市芹川町の北陸道下り線で、
    神奈川県藤沢市の地方公務員田畑小百合さん(47)の乗用車に2台の大型トラックが相次いで衝突した。
    県警によると、田畑さんの息子で中学1年の太一さん(13)と、
    娘で小学5年の美貴さん(11)が意識不明の重体。田畑さんも頭にけがをした。

    県警の調べでは、田畑さんの車は走行車線に止まっていた。
    太一さんと美貴さんは後部座席にいたという。東日本高速道路によると事故当時、
    道路に雪が少し積もっていて、チェーン規制と速度50キロ規制が敷かれていた。

    12/28(木) 10:28配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000025-asahi-soci
    【【新潟】北陸道で衝突事故、子ども2人が意識不明の重体 走行車線に止まっていた車に大型トラック2台が相次いで衝突…長岡市】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/28 10:32:16.02 ID:blZxokl20.net
     原因不明の心臓疾患「左室心筋緻密化障害」を患い、東京大医学部付属病院に入院している神奈川県横須賀市の小学2年、岡崎雫(しずく)さん(7)の米国での心臓移植支援のために募金活動を行っていた
    「しずくちゃんを救う会」は27日、横須賀市内で記者会見し、寄付金が26日時点で目標金額の3億1000万円に達したと発表した。

     救う会は、雫さんの両親とその友人らを中心に今年7月に結成。国内では臓器提供者(ドナー)が少ないため、米国での心臓移植を目指し、募金を開始した。
    市内を中心に150回近くの街頭募金で約1億6000万円を集めたほか、他団体からの余剰金の寄付、全国約700カ所に設置した募金箱の集計で目標を達成した。

     雫さんは現在、突然死を防ぐために体内に植え込み型除細動器(ICD)を埋め込み、強心剤の投与で安静にしている。来年2月中旬までに家族全員で渡米し、米コロンビア大学病院か、滞在先のアパートで待機する。

     救う会の池井将代表(25)は会見で「何十万人という人に協力していただいた。
    目標金額は達成できたが、雫ちゃんが元の小学校生活に戻れるまでがゴール」と語り、雫さんの父俊哉さん(34)は「数え切れない方の支援に感謝しかありません」と礼を述べた。

     雫さんの危機的状況に変わりはなく、ドナーの出現、免疫抑制剤の体への負担などハードルはまだ高い。俊哉さんは「支援いただいた方の思いを持って米国に渡り、雫を守り抜く覚悟です」と決意を語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000013-mai-soci
    【【悲報】「しずくちゃんを救う会」目標の寄付3億1000万円達成】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/28 10:04:53.74 ID:rfvGgWG00.net
     27日午後10時5分ごろ、大阪府吹田市垂水町の路上で、歩いて帰宅途中だった女性会社員(29)に男が後方から近づき、
    口をふさいで近くの駐車場まで連れて行って押し倒し、「金を出せ」と脅した。
    男は女性の腹部を数回殴り、現金約3万4千円入りの財布を奪い走って逃げたが、近くを通りかかった14~15歳の男子中学生5人組に取り押さえられ、
    女性の110番を受けて駆けつけた大阪府警吹田署員に強盗致傷容疑で現行犯逮捕された。

     同署によると、男は近くに住むアルバイト、横山勝彦容疑者(44)。容疑を認めている。女性は転倒した際、顔などに軽傷を負った。
    中学生5人は塾の帰りで、「強盗です」という女性の叫び声を聞き、逃げた横山容疑者を数十メートル追跡。
    うち1人が追いついて電柱に同容疑者の腕や肩を押し付け、他の4人が自転車で取り囲むなどして身柄を確保したという。

    http://www.sankei.com/west/news/171228/wst1712280035-n1.html
    【【悲報】44歳アルバイト、女性を襲うも通りがかった中学生5人に取り押さえられる】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/28 08:01:39.81 ID:CAP_USER9.net
    「苦しんできた12年は何だったのか…」 台車亀裂問題、脱線事故遺族ら憤り
    12/28(木) 5:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000001-kobenext-soci

     大きな危険が「認識のずれ」によって放置されていた-。JR西日本の発表に、2005年の尼崎JR脱線事故の遺族からは憤りの声が相次いだ。

     「JR西は『安全だ』と言い続けてきたが、それがゼロに戻った。遺族が苦しんできた12年は何だったのか」。脱線事故で夫の浩志さん=当時(45)=を亡くした兵庫県宝塚市の原口佳代さん(57)は声を落とした。

     事故後に入社した社員の割合が増え「教訓が引き継がれていないのでは」という不安はあった。それが今回、形になって表れた。認識のずれについても「現場で意見を言いにくい風土がまだ残っているのではないか」とさえ思えてくる。

     「きちんと連絡が取り合えないなんて、あきれるしかない」というのは、長女早織さん=当時(23)=を失った神戸市北区の大森重美さん(69)。企業の刑事責任を問う法律の制定が重大事故の抑止につながると考え「組織罰を実現する会」代表として活動する。

     「12年前に取り返しのつかない事故を起こしておきながら、人の命を運んでいる意識がここまで薄れるなんて信じられない」と話した。(金 慶順、小川 晶)
    【【尼崎JR脱線事故】「苦しんできた12年は何だったのか…」 台車亀裂問題、脱線事故遺族ら憤り】の続きを読む

    このページのトップヘ