芸スポ速報+

    1: かばほ~るφ ★ 2017/10/09 12:00:45.05 ID:CAP_USER9.net
    マー君崖っぷち救った! 気迫の7回無失点で初勝利
    10/9(月) 11:56配信

    <ア地区シリーズ:ヤンキース1-0インディアンス>◇第3戦◇8日(日本時間9日)◇ヤンキースタジアム

    ヤンキース田中将大投手が窮地を救った。7回3安打無失点7三振と気迫のピッチングを見せて
    ポストシーズン初勝利を挙げ、対戦成績を1勝2敗とした。

    2連敗と崖っぷちの状況で中8日で第3戦に先発。前日に「しっかりと自分のボールを信じて投げていくだけ」
    と宣言したように初回からエンジン全開。スプリットがさえ、2三振を奪う快調な立ち上がり。
    2回に初安打されたが6番ジャクソンをスライダーで三ゴロ併殺。4回には2番キプニスに甘い速球を右三塁打されたが、
    ここもスプリットの連投で3番ラミレス、4番ブルースを連続三振に仕留めてピンチを脱した。

    5回に初めて無死から走者を許したが、7番ブラントリーを二ゴロ併殺に料理。6回も先頭に安打を許したが、
    1死からの1番リンドアの右翼への大飛球をジャッジが好キャッチして無失点に切り抜け、
    7回も危なげない投球でスコアボードに0を並べてマウンドを降りた。

    ヤンキースは直後の攻撃で6番バードが右翼への特大ソロ本塁打を放って均衡を破り、
    8回途中からは抑えのチャプマンが登板。9回に連打されたが虎の子の1点を守りきり1-0で勝利した。

    10/9(月) 11:56配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023839-nksports-base
    ヤンキース-インディアンス
    http://www.sanspo.com/mlb/2017/game/CLE-NYY100820170/com/detail.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2017100902
    【【MLB】田中将大、7回3安打7K無失点で勝利投手 バードが1発、ヤンキース接戦を制し1勝2敗に ALDS第3戦・CLE 0-1 NYY[10/9]】の続きを読む

    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2017/09/28 09:16:31.88 ID:CAP_USER9.net
    新海誠監督が手がけたアニメーション映画『君の名は。』が実写映画化されることが決定しました! 映画配給会社・米パラマウント・ピクチャーズと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などを手がけた制作会社・バッド・ロボットが手を組み、実写化へ向けて取り組んでいます。

    ハリウッド版実写映画は、バッド・ロボットのJJエイブラムス氏とリンジー・ウェバー氏がプロデュースを担当。脚本は『メッセージ』で2017年アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラー氏が手がけます。

    また、アニメ版映画のプロデューサー・川村元気氏もプロデューサーとして制作に参加。東宝は上記2社とともに共同制作し、『君の名は。』ブランドを世界に向けて発信していく予定だと発表しています。

    そんな『君の名は。』にこれまで携わってきた新海誠監督、川村元気プロデューサー、東宝取締役島谷能成社長からコメントが届きましたので、ご紹介します。

    『君の名は。』に携わってきた方々からコメントが到着!
    【原作・脚本・監督・新海誠氏からのコメント】
    『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。

    そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています。

    【プロデューサー・川村元気氏からのコメント】
    これ以上ない、夢のようなチームになりました。JJエイブラムスさんが『君の名は。』をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。

    バッド・ロボットで彼と会って話すまで「これは夢だ、きっと夢に違いない」そう思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです。数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJJエイブラムスさん。『君の名は。』をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたりJJエイブラムスさんと彼のチーム以上のクリエーターはいないと思います。

    また脚本のエリック・ハイセラーさんが書いた『メッセージ』はここ数年で見たSF映画のなかで最も心を動かされたものでした。SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む『君の名は。』を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています。

    JJさん、エリックさんと共に『君の名は。』のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを心より誇りに思います。

    【東宝取締役島谷能成社長・島谷能成氏からのコメント】
    日本が誇る『君の名は。』をハリウッド最高のクリエーターの方々と一緒に実写化する機会を楽しみにしています。

    http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1506517956
    【【アニメ】『君の名は。』実写映画化決定 東宝は米パラマウント・ピクチャーズ、バッド・ロボットとともに共同制作することを発表】の続きを読む

    1: ストラト ★@\(^o^)/ 2017/09/25 16:32:18.03 ID:CAP_USER9.net
    衆議院議員の上西小百合氏(34)が25日、東京・衆議院第二議員会館で会見し、28日の臨時国会で衆院が解散した場合の次期衆院選に出馬しない意向を改めて発表した。
    上西氏は22日に、不出馬の意向を報道各社に伝えていた。

    紫のワンピースに薄いグレーの上着を羽織って登場した上西氏は、カメラマンに囲まれて笑顔で写真撮影に応じた。
    そして冒頭で「来月予定されている総選挙に出馬しない意向を固めました」と報告。
    不出馬の理由として「野党共闘統一候補として私が立つつもりでいましたが、本日までにその環境を整えることはできませんでした」と説明した。

    過去には「選挙というのは、勝つために出るもの。その時に一番当選する確率が高い、そして私の政治信条に似通った政党から出馬をしたいなと思っています」と発言していた上西氏。
    この日も改めて「出馬しないのは、勝てないからです」と明言し、「次の選挙は来年5月ごろだと想定していた。私の戦略ミスです」と悔恨も口にした。

    一部で報じられたタレント転身ついては「私は政治家としてメディアに出た訳であって、国会に戻れるように活動していく」と、あくまで政治家としての活動が基本であることを強調。
    それでも「テレビが嫌いなわけではないですし、テレビ局に行くのも好きですから、タレント活動に近いことをすることもある」と満更でもない様子も見せ、「国会に戻るために、存在感、発信力、知名度を保たなければいけないので」と強い意欲を示した。

    また、たびたび“炎上騒動”を巻き起こした自身のツイッターについて「私は橋下さんのやり方が好きなんです。ちょっと過激なことを言って、議論を引き出す。それによって問題点が浮き彫りになってくるから」とその効力を主張。
    「橋下さんもいろんな表現を使って薪ををくべています。私も、これからもいろんな発信すべきことを発信していきたい」と継続することを宣言した。

    http://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/25/0010586469.shtml

    会見で不出馬を表明した上西小百合議員
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586481.jpg http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586482.jpg http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586534.jpg http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586535.jpg http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586475.jpg
    【【タレント転身】上西小百合議員が不出馬会見「勝てないから」 タレント活動には意欲満々】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/21 02:14:22.02 ID:27hVZBKr0.net
    いいね20万もついているのがこわ∃
    https://www.instagram.com/p/BZQx6QDBUpd/
    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/21 14:41:49.24 ID:CAP_USER9.net
     安室奈美恵さん(40)の引退宣言が、SNSにも大きな波紋を広げている。

     芸能界にも熱狂的なファンが多い彼女。ハリセンボンの近藤春菜さんや、お笑い芸人のイモトアヤコさんが有名だが、タレントの木下優樹菜さんもその1人だ。
    ただ、木下さんが安室さんの引退を知り公開した「泣き動画」が、今「炎上」する事態になっている。

    ■「この世の終わりです。生きていけない」

     2017年9月20日の19時直前、安室奈美恵さんが18年9月をもって引退することが急きょ発表された。

     その数時間後、木下さんは「絶望 奈美恵様引退」というタイトルの動画を自身のインスタグラムにアップした。内容は、安室さんの曲を聴きながら、
    ひたすら泣きじゃくる15秒の自撮り動画と、娘に慰めてもらっている1枚の写真だ。

     木下さんは、まず同じ安室さんのファンに対し、「奈美恵様のファンの皆さんありがとうございます 同じきもちです」と述べ、さらに動画を撮った経緯を説明した。

      「わたしは食器を洗いながら 奈美恵様を聴いてたの 夏休みの準備しながら いろんなことおもってきて 涙が兎に角とまらなくって 言葉にならず、
    友達たちに 送ったやつ」

     この説明によると、もともと動画は、限られた友人に送ったもので、それを改めてインスタにアップしたようだ。

     木下さんは、SNS等で9月21日から一家で夏休みをとることを公言しており、夏休み直前の「安室さん引退報道」のショックは大きかったことが伺える。

     動画が公開されると、

      「この世の終わりです。生きていけない」
      「同じ気持ち。泣ける...てか泣いてる」
      「真っ先にユッキーナのこと思ったよ!あんなに安室ちゃん大好きなこと知ってたから」
      「優樹菜ちゃんが引退の事聞いたらどんなに悲しむだろうと思って心配してたけどやっぱりこうなるよね...」

    など、共感や同情する声が多数集まった。

     しかし、21日、朝の情報番組でこの動画が放送され、多くの人の目に触れられるようになると、風向きが変わり始める。目立ちはじめたのが、
    なぜこんな動画をあげたのか、という批判の声だ。

    「こんな時でも自分が1番なんですね...」

      「悲しいのはわかるけど。泣いてる姿自撮りしてわざわざ載せなくても...」
      「泣くのはわかるけど、よく動画撮って加工する余裕あったね」
      「泣き動画upする意味がわからないwww」
      「自分のインスタ閲覧数伸ばす為に安室ちゃん利用しないで」
      「なにこれwwwわざわざ自分が泣いてる動画あげる神経...www」
      「こんな時でも自分が1番なんですね...アピールにしか感じられません」

    など、「便乗しているのではないか」「アピールしたいだけでは?」という趣旨のものがコメント欄を埋め尽くすようになった。

     さらには、フォロワー同士で、「気分悪いのはこっちの方です」「こうやって叩かれてる時だけ叩くあなたの方が見苦しい」など、舌戦も激しさを増すようになった。

     中には、

      「みんなが心配してるからUpしたんじゃ?」
      「安室さんファンの人と気持ちを分かち合いたくて撮ったんじゃない? 言葉だけじゃ伝わらないと思ったんだよ、きっと。
    あまりの衝撃でこんなに泣いたんだって知ってほしかったんだと思うよ」

    といった、冷静な見方をする発言もあるが、まだ鎮静化にはいたっていない。

     この投稿は、公開から14時間で、「いいね!」が24万件近く、コメントも3000件に近づいている。(21日11時現在)

    自作の安室ちゃんPVも公開

     木下さんは、「絶望」動画から約5時間後の20日深夜、再びインスタに動画をアップした。

     内容は、「安室ちゃん ありがとう!」というタイトルの、自作の安室PVだ。

     「ただただありがとう!! ! あなたの幸せを祈りまくって願ってるから!! !」と、安室さんにメッセージを送っている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000003-jct-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000003-jct-ent&p=2
    木下優樹菜さんが公開した動画(写真はインスタグラムより)
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170921-00000003-jct-000-1-view.jpg
    【安室奈美恵引退して悲しい→わかるだからインスタに泣いてる動画あげたろ→わからない】の続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/18 20:34:55.52 ID:CAP_USER9.net
     山梨県笛吹市御坂町藤野木の県道で15日午後1時半ごろ、ドラマの撮影のため自転車に乗り、
    縁石に衝突して転倒した俳優の滝川英治(38)について、所属事務所は18日、脊髄損傷と
    明かした。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000149-spnannex-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170918-00000149-spnannex-000-1-view.jpg
    【【芸能】ドラマ「弱虫ペダル2」撮影中に自転車で転倒の滝川英治 脊髄損傷…所属事務所が発表】の続きを読む

    このページのトップヘ