IT

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2017/04/22 00:36:36.76 ID:CAP_USER.net
    楽天は4月21日、英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し、英語教育事業に本格的に参入すると発表した。第1弾として、Lingvistが提供する外国語学習ソフト「Lingvist(リングビスト)」と、楽天グループのReDucateが提供する英語学習アプリ「まなみ~」を提供する。

    同社は、事業のグローバル展開拡大に向けて、2010年より社内公用語の英語化に取り組んでおり、従業員のTOEICテストスコアの平均点は830点(楽天単体)を超えるという。今後は、同社の培った経験やノウハウを活用し、英語学習者向けにテクノロジを活用した新たな学習スタイルを提案。さらに、教育機関や企業・団体向けに、英語活用方法や英語力向上に関するコンサルティングなども行う。

     第1弾として提供する外国語学習ソフトの「Lingvist」は、複数の言語学習に対応しており、世界中で累計60万人の登録ユーザー数がいるという。楽天との協業により、日本のユーザー向けに日常英会話やビジネス英語に対応した英単語を学べるソフトを提供する。

    「まなみ~」は、小学生から高校生までの授業で学ぶ英単語を学習できるアプリ。英訳、和訳、アクセント、スペル入力など多彩な問題形式を揃えており、ゲーミフィケーションのコンセプトに基づき、ゲーム感覚で楽しく学習が続けられるように設計されている。

    各コンテンツとも、アダプティブラーニングのコンセプトに基づくアルゴリズムにより設計されており、効率的に英単語が身に付けられるという。いずれもPC、スマートフォン、タブレット上で利用でき、専用アプリ(iOS/Android)も提供する。
    https://japan.cnet.com/article/35100147/
    【【教育】楽天、英語教育事業に本格参入。「Rakuten Super English」を開始】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 名無しのまとめ王 2017/04/18(火) 14:56:22.02 ID:CAP_USER9
    ITmedia NEWS 4/18(火) 14:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000055-zdn_n-sci
     アマゾンジャパンは、Amazon.co.jp内のドラッグストア「Amazonファーマシー」において「第1類医薬品」の販売を開始した。
    注文の確定に当たっては、薬剤師による適正利用の確認が必要で、確認できない場合は注文がキャンセルされる。

     4月18日現在、第1類医薬品のラインアップは頭痛薬「ロキソニンS」(第一三共ヘルスケア)、
    胃腸薬「ガスター10」(同)、育毛剤「リアップ」(大正製薬)など76品目。

     第1類医薬品は、薬剤師からの情報提供を受けた上で購入することが必須だが、
    Amazonファーマシーでは以下の手順を踏むことで代替している。

    1. 第1類医薬品をカートに入れる
    2. レジに進む
    3. 「ご使用者状態チェック」で購入者の利用情報を入力する
    4. 「お薬の説明と確認」で当該医薬品の注意事項を読み、質問の有無を選択
    5. 会計手続きを行う
    6. 薬剤師による確認が完了次第発送

     取り扱う第1類医薬品は、順次拡大する予定だ。

    画像
    no title

    引用元: ・【医療】Amazonで「第1類医薬品」の購入が可能に 「ロキソニンS」「ガスター10」「リアップ」などを取り扱い

    【【医療】Amazonで「第1類医薬品」の購入が可能に 「ロキソニンS」「ガスター10」「リアップ」などを取り扱い】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 曙光 ★ 2017/04/18(火) 20:01:50.03 ID:CAP_USER9
    アマゾンジャパンが21日から、最短で即日で届ける生鮮食品販売「アマゾンフレッシュ」を開始することが17日分かった。システムトラブルや宅配事業者との調整などで当初の予定からずれ込み、4月下旬のサービス開始となった。

     アマゾンフレッシュは、毎月の会費を支払った会員向けに魚や野菜など日持ちのしない生鮮食品を注文した当日や翌日に配送するサービスで、すでに米国や英国の一部で始まっている。

     日本でもこれまで何度も開始が取り沙汰され、3月以降は、商品を提供する事業者や配達業者が開始の準備を進めていたが、システムトラブルのほか、人手不足が社会問題化している配達業者とアマゾンの間で交渉が長引いたとみられる。

     ただ、生鮮食品の配達は迅速さが不可欠なため、配達員の不足に拍車をかける可能性もある。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170418/bsd1704180500010-n1.htm

    【【アマゾンフレッシュ】アマゾン、生鮮食品販売を21日に開始…魚や野菜などの生鮮品を注文した当日や翌日に配送 】の続きを読む

    このページのトップヘ