メディア

    1: ID:???
    国際NGOの「国境なき記者団」(本部・パリ)が発表した2017年度の「報道の自由度ランキング」で日本が世界で72位と極めて低い順位だったことが議論の的になっている。

    ?だが、日本のメディア研究を専門とする米国人学者によると、この日本の報道の自由度を判断する国境なき記者団の日本支部には、正規の「ジャーナリスト」と呼べるような日本人はほとんどいないという。
    日本の「報道の自由度」が本当に正しく判断されているかどうか、調査の信頼性が疑われる指摘だと言えよう。

    ◆イタリアに抜かれてG7で最下位に

    「国境なき記者団」は4月下旬、2017年度の世界各国の「報道の自由ランキング」を発表した。同発表によると、調査対象の180カ国・地域の中で日本は前年と同じ72位だった。主要国7カ国(G7)では、イタリア(52位)に抜かれて最下位となった。

    ?国境なき記者団は日本の順位が低い大きな要因として「安倍晋三からの脅威」を挙げている。
    つまり、日本で活動する内外のジャーナリストたちが「安倍政権の政府職員からの嫌がらせを受けている」というのだ。

    同調査における日本の順位は、2002年には世界で26位、2010年には11位と、かつては比較的上位にランクされていた。
    だが、安倍政権の登場以来、2013年が53位、2014年が59位、2015年が61位、2016年が72位と順位が下がり続けてきた。

    ?このランキングに対しては、日本が第三世界の独裁国家や共産主義国家よりも報道の自由度が低いとされるのはおかしいという指摘がある。
    また、「安倍政権からの圧力による降板」が噂されたテレビのニュースキャスター自身が、安倍政権からの報道への抑圧はなかったと証言したこともあり、国境なき記者団による“国際的”な判定はおかしいという声が広がっている。

    日本の「報道の自由度」が世界で72位の怪
    信頼性が疑われる国境なき記者団の調査
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49969
    7: ID:???
    >>1続き
    ◆「ジャーナリスト団体」とは呼べない

    「国境なき記者団」によるこの報道自由度の判断は、各国の提携支部からの報告を基にしている。日本支部は、「日本フィクサー&ジャーナリストネットワーク」(JFJN)という組織である。
    JFJNが日本の報道の自由度について恒常的に調査し、その結果を「国境なき記者団」に送ってランキングとして集計される仕組みだという。

    ?ところが、日本研究のベテラン学者であるアール・キンモンス氏は、JFJNによる日本の報道の自由度の調査は客観性と信頼性が疑われるという。

    ?キンモンス氏は、米国ウィスコンシン大学で日本歴史研究の博士号を得て、欧米メディアの日本報道などについて長年、研究してきた。
    日本在住が長く、大正大学などの教授なども務めた。そのキンモンス氏によると、「JFJNには、現在、日本のメディアに所属し正規のジャーナリストとして活動する人物は見当たらない。
    外国の新聞、雑誌、テレビなどで定期的に活動するジャーナリストも見当たらない」という。

    ?つまり、JFJNは「ジャーナリスト団体」とは呼べない。キンモンス氏は、JFJNの判断には客観性が欠けるとして、「国境なき記者団」による日本の報道自由度のランキング自体に疑問を提起する。

    ◆JFJNのメンバーとは?

    ?JFJN自身は自らの組織を、ジャーナリズムやジャーナリストの団体ではなく、外国メディアによる日本関連の報道活動を補助する団体だとしている。

    中略

    サイトに掲載されたJFJNの9人の「ジャーナリスト」を見ると、代表の瀬川牧子氏を含めて日本人は3人だけである。2人はソウル在住の韓国人だ。
    【報道関係者が暴露する「日本の報道の自由度が世界で72位」の怪 「調査そのものが疑わしい」wwwww】の続きを読む

    1: ID:???
    フジテレビは9日、都内で役員会議を開き、亀山千広社長(60)の退任を決定した。視聴率が低迷する局の立て直しを期待されたが、
    4年で座を去ることになった。後任は宮内正喜BSフジ社長(73)で来月、株主総会を経て正式に就任。フジ・メディア・ホールディングス(FMH)とフジテレビの日枝久会長(79)は取締役相談役となる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-01820859-nksports-ent
    【【低視聴率引責】フジ亀山社長が退任 視聴率低迷変えられず4年で】の続きを読む

    1: ID:???
    (天声人語)韓国に新大統領

    2017年5月10日05時00分

     長崎県・対馬の約90キロ北西に巨済島(コジェド)という韓国の島がある。朝鮮戦争のさなか、戦火を逃れた北朝鮮の人々の収容所が置かれた。韓国大統領選で勝利宣言をした文在寅(ムンジェイン)氏は、この島へ避難した両親のもとに生を受けた

    ▼祖父母を北に残し、一家は離散したまま戦後を生きた。自伝『運命』によると、公務員だった父親は南で靴下卸の商いに失敗。母親が鶏卵を売り歩き、練炭を運んで家計を支えた。小学校の保護者会費が払えず、文氏は教室から追われた

    ▼貧しさに屈せず、大学へ進み、弁護士として名を立てる。盧武鉉(ノムヒョン)元大統領に見込まれ、秘書室長を務めた。盧氏が退任後に命を絶った際は、葬儀を取り仕切っている

    ▼大統領選は2度目だ。朴槿恵(パククネ)前大統領に敗れた前回は、「職場をつくる大統領になる」とアピールした。今回、雇用に加えて訴えたのは「積弊の清算」。耳慣れない言葉だが、権力の腐敗や財閥支配など積年の弊害を取り払うと訴え、若い層に支持を広げた

    ▼朴氏の疑惑が発覚した昨秋以降の展開を日本から見て驚くのは、若い世代の政治意識の高さだろう。退陣を求める若者たちが毎週末、いてつく街を埋め尽くした。ソウルの夜に浮かぶろうそくの波は忘れがたい

    ▼いま世界の関心はもっぱら北朝鮮による挑発に注がれている。だが韓国内の様相はやや異なると聞く。雇用を増やし、賃金を引き上げる。文氏を押し上げたのはそうした姿勢の方だという。幼少期の貧困をへた人らしい、いたわりの政治を見たい。

    http://digital.asahi.com/articles/DA3S12929301.html?rm=150
    【天声人語「韓国を見て驚くのは若い世代の政治意識の高さ。ろうそくの波は忘れがたい」】の続きを読む

    1: ID:???
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000123-mai-soci

    NHKは9日、2016年度決算の速報を発表した。
    受信料収入は前年度比144億円増の6769億円となり、3年連続で過去最高を更新した。
    事業収入全体では同205億円増の7073億円、収入から支出を差し引いた事業収支差金は同7億円減で280億円の黒字となった。
    黒字は1990年度から27年連続。

    受信料の支払率は78.7%。衛星の契約割合は50.1%で、15~17年度3カ年経営計画で目標としていた数値(50%)を1年前倒しで達成した。
    収支差金のうち80億円を東京・渋谷の新放送センター建設費用として積み立て、16年度末の積立総額は1707億円に。
    収支差金の残り200億円は繰り越した。NHKは、超高精細映像4K・8K放送の設備投資などに備えるとしている。
    【屋代尚則】
    【NHKが3年連続過去最高の収益で6769億円wwwwお前ら大敗北wwwww】の続きを読む

    1: 2017/05/02 06:32:55.69 ID:FMrvPNbR0.net

    3部に1部(209万部)が配られないまま毎日廃棄される!「販売局有志」が社内資料を暴露。

    朝日新聞の発行部数の32%に当たる209万部超が毎日読者に配達されないまま廃棄されている――。
    同社の「販売局有志」が昨年、経営上のガバナンスが欠如しているとして
    取締役会を告発した内部文書と付属の資料で、同社の「押し紙」の衝撃的な実態が明らかになった。
    本誌が入手した朝日の内部文書によると、2016年の発行部数は654万部。
    押し紙が大部分を占める「残紙」の割合は32%で、実際に読者に配られている実売部数は444万7千部だった。
    毎日印刷される新聞紙のうち、実に3部に1部が配達されずに古紙回収業者を通じて処分されていることになる。
    3月30日には衆議院の消費者問題に関する特別委員会で押し紙問題が取り上げられ、
    公正取引委員会は「独占禁止法に基づく厳正な対処」を改めて表明した。
    明らかになった朝日の押し紙の実態は今後の論議にも一石を投じそうだ。




    朝日新聞「押し紙率32%」に愕然
    https://facta.co.jp/article/201705037.html
    【朝日新聞の押し紙が32%に。 209万部超が毎日読者に配達されないまま廃棄されている。】の続きを読む

    このページのトップヘ