乗り物

    1: ID:???
    人気ゲームキャラクター「マリオ」などの衣装を着て公道を走るカートの事故が相次いでいることを受け、
    石井啓一国土交通相は9日の記者会見で、警察庁と連携し、カートにシートベルトを設置するなど、
    安全対策を検討することを明らかにした。

    国交省などによると、カートは主にレンタル会社から貸し出され、外国人観光客を中心に人気がある。

    一方で、3月には東京都港区で韓国人女性が交差点を曲がりきれずに交番にぶつかり、4月には米国人男性が
    軽トラックに衝突するなど、事故が相次いでいる。

    このカートは、公道を走る基準を満たしているが、排気量50CC以下の原動機付き自転車に位置付けられ、
    道路交通法などでシートベルトの着用が義務付けられておらず、四輪のためヘルメットも不要となっている。

    石井国交相は「事故実態を調査し、シートベルトの設置や他の車から見えやすくするなど、対策を検討する」と話した。


    https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00e/040/237000c
    9

    【国&警察「マリオのコスプレしてるレンタルカートが調子にのってるから規制するわ」 任天堂大勝利】の続きを読む

    1: ID:???
    アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由

     ゴールデンウィーク中、70代の女性が軽自動車で病院の待合室に突っ込んで13人がケガするという事故が大きく報じられた。

    【「左足ブレーキ」が歴史の闇に葬り去られる】

     女性の供述からアクセルとブレーキの踏み間違いの可能性が高いということで、ネット上では毎度おなじみの「こういう暴走老人は免許を取り上げろ!」
    「高齢者は自動ブレーキ付きの車以外は乗れないようにしろ!」なんて声があがっている。

     気持ちは分かるが、クルマは地方で生活するシニアにとってなくてはならない「足」だ。危ないからといって取り上げれば別の問題が発生する。
    一方、「自動ブレーキ義務化」も仮にスムーズに行なわれたとしても、それが全国のシニアたちのマイカーに導入されるまではかなり時間がかかる。

     もっと実効性があって、手っ取り早い対策はないものか。なんてことを漠然と考えていたら、知人のシニアドライバーから興味深いアイディアが提案された。

     「同じ足でアクセルとブレーキを踏むからこういう事故が起きてしまう。高齢者になったら左足でブレーキ、右足でアクセルという動作をすれば、
    踏み間違いなど絶対にありえない」

     ご存じの方も多いだろうが、一部のドライバーの中にはこのシニアのように「左足ブレーキ」を実践している方たちがいるのだ。

     確かに、高齢者の踏み間違い事故の多くは、ブレーキだと勘違いしてアクセルを踏み、前に進むのでパニックになってクルマを止めようと
    さらに力強くアクセルを踏み込むという負のスパイラルに陥って人や建物へ突進する。「左足ブレーキ」ならば理屈上こういう事態は起こらない。

     「おいおい、F1やゴーカートじゃないんだから」と失笑する方もいるかもしれないが、実はこの「左足ブレーキ」は30年以上前から一部ドライバーたちから
    支持されてきた知る人ぞ知る「踏み間違え対策」なのだ。

    (続く)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000019-zdn_mkt-bus_allcar_character

    【アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由】の続きを読む

    1: ID:???
    <東北道>120キロゾーン「当然」「怖い」
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160507_33008.html

    岩手県の東北自動車道に最高速度120キロゾーンが設けられる見通しになった。
    花巻南-盛岡南IC(インターチェンジ)の30.6キロが対象区間。
    警察庁は来年以降、現行最高速度100キロの引き上げに向けて試行を始める。
    「実際の速度状況に合う」と歓迎する利用者がいる一方で、
    「スピードを出し過ぎるドライバーが増える」と不安の声も出ている。

    <「走りやすい」>
    花巻南-盛岡南IC間の紫波サービスエリア。上下線ともに、多くの一般の乗用車や営業車、トラックが休憩で利用する。
    仕事で青森市から新庄市へ行くという会社員成沢英樹さん(47)は
    「この区間は直線で走りやすい。今も100キロ以上で走る車ばかりなので問題ない」と速度引き上げに賛成する。
    平日午後に下り線を走行してみた。交通量はさほど多くなく、ほぼ直線で見通しが良い。
    速度100キロを守っていると、後続車に次々と追い抜かれた。中には130キロ以上とみられる速度で走り去る車もあった。

    実勢速度は確実に100キロを超えている。同区間を120キロで走ると約15分。
    100キロの場合と比べ約3分短縮される。警察庁は3月、有識者による実勢速度や事故状況の分析を踏まえ、
    最高速度引き上げ容認を決めた。カーブや勾配が緩やかで事故が少ないのが条件だ。

    岩手県警高速隊によると、東北道の同区間では2012~14年に638件の事故があったが、
    死亡事故はゼロだった。県内の高速道路全体(298.6キロ)では同期間で4113件の事故が起き、
    うち13件で15人の死者が出ている。

    001_size4
    002_size4

    【アウトバーン化する東北道 最高速度120キロ引き上げで 「130キロでも遅く感じる」】の続きを読む

    このページのトップヘ