ニュース速報+

    1: ばーど ★ 2017/10/19 09:32:22.36 ID:CAP_USER9.net
    従来のアルファ碁とゼロの違い
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20171019/20171019-OYT1I50001-L.jpg

    米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社は、囲碁の世界トップ棋士を次々と破った人工知能(AI)のアルファ碁を上回る最強AI「アルファ碁ゼロ」を開発したことを明らかにした。

    AIのプログラムを改善し、従来のアルファ碁と違ってプロ棋士らの対戦データ(棋譜)を一切学ばず、自分対自分の対局を繰り返して打ち方を独学する。わずか3日間の学習で従来のアルファ碁に100戦全勝した。

    研究成果が19日の英科学誌ネイチャーに掲載される。

    従来のアルファ碁は、10万局以上のプロ棋士らの棋譜などを学んだ上で、自己対局を繰り返して勝率の高い手を学習した。昨年3月には、世界トップクラスの強豪、韓国の李世●イセドル九段に圧勝。さらにアルファ碁の改良版は今年5月、世界最強と称される中国人棋士、柯潔九段を3戦全勝で退けた。(●は石の下に乙)

    (ここまで364文字 / 残り462文字)

    2017年10月19日 08時36分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20171019-OYT1T50001.html

    他ソース
    アルファ碁、さらに進化=自己学習のみで最強に-グーグル(2017/10/19-02:40)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101900097&g=int
    【【AI】グーグル、最強AI「アルファ碁ゼロ」を開発 対戦データを一切学ばず「独学3日」で従来のアルファ碁に100戦全勝 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/10/18 19:36:48.77 ID:CAP_USER9.net
    神戸製鋼所がアルミニウムや銅製品の一部で検査データを改ざんしていた問題で、欧州航空安全局(EASA)は17日付声明で神戸鋼の製品について使用を停止するよう勧告した。

    EASAは、「影響を受けた部品の正当性が確定する」までの間、神戸鋼の製品の使用を停止するよう勧告したことをウェブサイトに掲載した声明で明らかにした。神戸鋼の製品を指定あるいは使用した全ての機関は、サプライチェーンの徹底した見直しを行う必要があるとした上で、現状での安全性を巡る懸念は、航空機の点検や修理について強制力を伴う「耐空性改善命令」を必要とするような「危険な状況」とは見なされないと説明している。

    データが改ざんされた製品を使った部品は米ボーイングやゼネラル・エレクトリック(GE)など海外の企業でも使用されている。神戸鋼は17日、米司法当局から米国の顧客に販売した製品の仕様不適合に関する書類の提出を求める書面を前日に受け取ったと発表した。米国では民主党のブルメンソール上院議員が、司法省と運輸省に同社の正式調査を要請。司法長官に対し、神戸鋼への既存の書類提出要求を「同社による民事上ないし刑事上の不正行為の疑いを巡る徹底調査」に格上げするよう求めている。

    一方、神戸鋼が、同社の不動産子会社の売却でフィナンシャル・アドバイザーにみずほ証券を起用したことが複数の関係者への取材で分かった。20日に1次入札を実施する予定。神戸鋼は不動産の開発や分譲、賃貸事業を手掛ける全額出資の神鋼不動産の株式3分の2超を売却し、資金を捻出したい考え。国内外の不動産関連や他分野の企業、投資ファンドなど5-10社程度が入札に参加する見通しだ。

    神戸鋼株は3日ぶりに反落し、18日終値は前日比26円(3.1%)安の827円。

    配信2017年10月18日 09:45 JST 更新日時 2017年10月18日 16:16 JST
    Bloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-18/OXZT616TTDS101

    関連スレ
    【データ不正】神鋼不正、米司法当局が調査 数十年前から偽装の疑いも★5
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508241510/

    ★1が立った時間 2017/10/18(水) 17:57:10.28
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508317030/
    【【神戸製鋼改竄】神戸製鋼の製品、欧州航空安全当局が使用停止を勧告】の続きを読む

    1: ティータイム ★ 2017/10/18 12:41:51.93 ID:CAP_USER9.net
    産経新聞 2017.10.18 11:45

    使い捨てコンタクトレンズの輸入販売を行うジョンソン・エンド・ジョンソン「ビジョンケア カンパニー」(東京都千代田区)は18日、
    「ワンデーアキュビュー」シリーズの4製品にブラシの毛の混入などの不具合が見つかったとして、自主回収すると発表した。健康被害の報告はない。

    同社によると、自主回収するのは、1日使い捨てタイプの「ワンデーアキュビューモイスト」(30枚、90枚パック)のロット番号283684
    ▽2週間交換タイプの「アキュビューオアシス」のL002NCS、L002QH9▽2週間交換タイプの「アキュビューアドバンス」のL002FNL、B00DHLP、L002V94
    ▽2週間交換タイプの「アキュビューオアシス乱視用」のB00GW4Z、B00HRMG-の4製品8ロット。
    平成25年3月~29年6月に製造され、これまでに3万673箱が出回っている。

    保存液の濃度が規格外だったり、容器にブラシの毛が挟まっていたり、製造工程の不具合により装着しても見えにくさがあったりする恐れがある。
    同社は「対象製品が手元にある場合は使用を中止し、回収受付センターに連絡してほしい」と呼びかけている。

    問い合わせは、同社回収受付センターフリーダイヤル0120・235016、平日午前9時~午後5時半。

    http://www.sankei.com/affairs/news/171018/afr1710180019-n1.html
    【【社会】使い捨てコンタクトに不具合 「ワンデーアキュビュー」シリーズ4製品を自主回収 】の続きを読む

    1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/10/18 12:42:20.25 ID:CAP_USER9.net
     防衛省に入った連絡によると、18日午前11時47分ごろ、航空自衛隊百里基地(茨城県)の滑走路付近で、同基地所属のF4戦闘機の機体から出火した。すぐに鎮火し、乗っていた隊員2人にけがはないという。F4は離陸直前だった。出火の直前、パイロットから管制官に「左脚部分が破損した」と連絡があったという。

     一方、茨城県には18日午前、百里基地から「戦闘機に不具合があった」と連絡があった。百里基地は茨城空港との共用施設だが、民間機の運航に影響はないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000039-asahi-soci
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20171018-00000039-asahi-000-1-view.jpg
    【【自衛隊】F4戦闘機、離陸直前に出火 隊員にけがなし 茨城県の百里基地 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/18 08:05:08.50 ID:CAP_USER9.net
    「事件が動くかもしれない。広島県警の事情聴取を受けていた県警の捜査員の一人が、亡くなった。
    年齢は30代後半だといい、関係者に衝撃が走っている」(地元記者)

    本誌がその情報を得たのは、ちょうど事件発覚から5か月を迎えようとする9月末のことだった。


    広島県警広島中央署の会計課の金庫から、詐欺事件の証拠品として保管されていた現金約8500万円が盗まれていたことが5月8日に発覚。
    “警察署がドロボーに入られた事件”として注目を集めたが、その後の捜査の進展はまったく聞こえてこなかった。

    「セキュリティが厳重なはずの署内で起きた事件ですから、
    当初から警察関係者による内部犯行の線が疑われていたが、仮にも身内の犯行となると捜査は慎重にならざるを得ない。
    事件に関しては厳しい箝口令が敷かれていた」(県警関係者)

    そんな膠着状態の中で、事情聴取を受けていた警察関係者の死が意味するものは──。
    地元関係者の間で憶測が飛びかうなか、10月7日に中国新聞が〈捜査難航 長期化の様相〉と題した事件の続報でこう報じた。

    〈県警の捜査員だった男性1人が自宅で亡くなった。男性は県警の聴取に関与を否定し、関与を裏付ける客観的な証拠も得られていない。
    死亡した詳しい原因は不明だが、自殺の可能性はないという〉

    前出・地元記者は言う。

    「聴取を受けた警察関係者が亡くなったということで各社裏取りに走りました。
    が、捜査の進展がなく、捜査員の死が事件と無関係の可能性もあり、大手メディアは二の足を踏んでいた」

    県警に問い合わせると、捜査員の死亡の事実関係は「全て答えられない」(捜査三課)の一点張り。
    元兵庫県警刑事の飛松五男氏はこう指摘する。

    「私は現役の時に無実の罪で500万円の収賄の疑いをかけられ、監察官室の聴取を受けたことがあります。
    今回のように聴取された人間が何らかの形で亡くなったのであれば、そうした取り調べにも問題があった可能性があり、少なくともきちんとした検証は必要になる。
    聴取を受けた人物が亡くなったこと自体を公にしない姿勢は疑問だし、本気で事件を解決する気があるのか首を傾げたくなります」

    盗難事件は「カネが盗まれた時期さえ特定できていない」(前出・県警関係者)こともあり、長期化すると見られている。
    県警は、捜査の進捗についても「お話しすることはない」(捜査三課)という。謎は深まるばかりだ。

    ※週刊ポスト2017年10月27日号

    http://news.livedoor.com/article/detail/13762860/
    2017年10月18日 7時0分 NEWSポストセブン
    【【社会】広島中央署8500万円盗難事件 30代捜査員の「謎の死」】の続きを読む

    このページのトップヘ