ニュース速報+

    1: ティータイム ★ 2017/05/24 19:23:57.46 ID:CAP_USER9.net
    産経新聞 5/24(水) 17:53配信 最終更新:5/24(水) 18:24

    日本将棋連盟の佐藤康光会長(47)と三浦弘行九段(43)は24日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で記者会見し、
    コンピューターソフトの不正使用疑惑を指摘され、後に不正はないと認められた三浦九段に対し、同連盟が慰謝料を支払うことなどで和解に合意したと発表した。

    合意内容によると、昨年12月に第三者委員会が「三浦九段が不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」
    「日本将棋連盟の対応(三浦九段の出場停止処分)は許容される範囲内の措置で、やむを得ないものと評価される」とした調査結果を、双方が受け入れることを確認。
    同連盟は三浦九段に不利益を生じさせたとして謝罪し、慰謝料(非公表)を支払うという。

    三浦九段はコンピューターソフトの不正使用疑惑を指摘され、昨年10月から12月末まで出場停止処分を受けた。12月に第三者委員会が、不正の証拠は認められなかったとする調査結果を発表。
    三浦九段は「元の状態に戻してほしい」などと訴え、名誉回復の方法や出場停止処分中の補償などをめぐって双方で協議していた。

    一連の騒動では、当時の谷川浩司・連盟会長(55)と島朗常務理事(54)が今年2月、任期途中で引責辞任し、常務理事3人も解任された。三浦九段は今年2月、約4カ月ぶりに復帰した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000537-san-cul
    【【社会】三浦弘行九段に慰謝料支払いで合意 将棋ソフト不正使用疑惑騒動】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/05/21 09:19:48.60 ID:CAP_USER9.net
    https://this.kiji.is/238754599184467445

     【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は20日、中国でスパイ活動をしていた米中央情報局(CIA)の情報提供者12人以上が2010年以降、中国当局によって殺害されたと報じた。拘束された人を含めると計18~20人に上り、中国での米国のスパイ網が壊滅的状況に陥ったとしている。

     中国で次々と要員が行方不明になることからCIAは11年に徹底調査を始め、CIAの中国を管轄する部門で働いていた元要員が二重スパイだった疑いを強めたこともあるが、逮捕に至る十分な証拠は見つからなかった。この元要員は現在、アジアの別の国に居住しているという。
    【【国際】中国でCIA要員12人殺害 スパイ網壊滅的と米紙】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/19 12:01:34.16 ID:gXuiQgUrr.net
    レゴランド、水筒持ち込みOKに 熱中症予防で
     屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が、これまで認めなかった水筒の持ち込みを解禁する。来場者からの要望や、子どもの熱中症予防に対応するため開業1カ月あまりで「カイゼン」に乗り出した。

     レゴランドではこれまで、園内への飲食物の持ち込みを禁止してきた。ゲート前で手荷物検査を実施しており、飲み物が見つかった場合、飲んでから入場してもらうか、預かって処分していた。

     園内の自動販売機では500ミリリットルの清涼飲料水が220円で販売されているが、インターネット上などで「高すぎる」と批判されていた。4月の開業以降、日中の気温が上昇するにつれ、レゴランド側に水筒の持ち込み解禁を求める声が増えていたという。

     担当者は「ネットでの批判も含め、把握している。2~12歳の子どもを対象にしている施設として、水分補給の大切さは軽視できない」と説明。今後も要望の多い案件については改善を検討していくとしている。

     水筒の持ち込みに関しては、2005年の愛知万博の際にも問題になった。当初は持ち込み禁止を予定していたが、水分補給の必要性から水筒に限って許可した。
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017051990091137.html
    【【悲報】レゴランド、早速もちこみ水筒解禁wwwwww】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/05/17 06:14:34.90 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3128444?act=all

    【5月17日 AFP】イラク第2の都市モスル(Mosul)で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が支配する同市西部の奪還作戦を展開するイラク軍が同域の90%近くを奪還し、市内のIS勢力は「完全敗北寸前」に陥っていると、イラク軍と米主導の有志連合が16日、明らかにした。

     イラク軍はおよそ7か月前、ISに支配されたモスルの奪還を目指して大規模攻勢に乗り出した。まず東部の奪還に成功し、その後西部への攻撃に移っている。

     IS掃討作戦を統括する統合作戦軍(Joint Operations Command)のヤーヤ・ラスール(Yahya Rasool)司令部報道官(准将)は首都バグダッド(Baghdad)での記者会見で、モスル西部のIS支配領域は今や10%余りだと述べた。

     モスルが完全奪還されれば、ISはイラク国内で支配する最大人口都市を失うとともに、国境をまたいでイスラムの「国家」を樹立したという主張に大きな打撃を受けることになる。

     だがモスル奪還が完了しても、イラクにおけるIS掃討作戦が終了するわけではない。モスルを州都とするニナワ(Nineveh)州内の他地域や、キルクーク(Kirkuk)、アンバル(Anbar)が依然ISに制圧されている。また隣国シリアのラッカ(Raqa)も、ISの支配下に置かれたままだ。(c)AFP/Simon Valmary with Ammar Karim in Baghdad

    2017/05/17 05:59(モスル/イラク)
    【【イラク】イラク軍、ISからモスル西部9割奪還と発表 「完全敗北寸前」】の続きを読む

    このページのトップヘ