アメリカ

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/10/09 12:53:16.43 ID:CAP_USER9.net
    https://www.cnn.co.jp/business/35108476.html

    ニューヨーク(CNNMoney) 米日用品大手のダブは8日、フェイスブックに
    掲載した広告を巡り、黒人女性の表現の仕方に問題があったとして謝罪した。

    問題の広告はボディーウォッシュを宣伝する内容で、黒人女性が茶色いTシャツを
    脱ぐと白人女性になり、次にベージュのTシャツを脱ぐと3人目の女性が現れる。
    6日にダブのフェイスブックに掲載され、翌7日に削除された。

    ダブは8日の声明で、「不快感を生じさせたことを心からお詫びする。我々は、
    視聴者を侮辱する一切の行為や画像を容認しない」と強調。ツイッターにも謝罪の
    コメントを掲載した。

    この広告に対しては、起業家のナオミ・ブレーク氏(29)が6日にフェイスブックを
    通じてダブに懸念を伝えるとともに、自身のアカウントにもスクリーンショットを掲載。
    フェイスブックやツイッターで瞬く間に広まった。

    ダブはユニリーバ傘下の日用品メーカーで、美容品の宣伝では社会性を意識して、
    幅広い体形や年齢や人種のモデルを登場させている。

    そうした取り組みが評価される一方で、過去にも肌の色が異なる3人の女性を
    登場させた広告を巡って人種差別的と批判されたことがあった。


    黒人女性が茶色いTシャツを脱ぐと白人女性に
    https://pbs.twimg.com/media/DLorNpsUMAAw9MM.jpg
    【【海外】黒人女性が茶色いTシャツを脱ぐと白人女性になるボディーウォッシュの広告が大炎上。米日用品大手のダブが謝罪】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/10/06 16:21:56.55 ID:CAP_USER9.net
    http://wedge.ismedia.jp/mwimgs/f/6/450/img_f654d465694f11d3c9e8b5bbdea14d3345783.jpg

    「未来の乗り物」としてのハイパーループ(真空に近いチューブの中をカプセル型の乗り物がエアプッシュによって高速で移動する乗り物)を全世界に広める計画を持つハイパーループ・ワン社(本社ロサンゼルス、ラスベガスに実験走行路線を建設)が、昨年から募集していた「グローバル・チャレンジ」の勝者を発表した。

     グローバル・チャレンジとはハイパーループ建設を世界各地の自治体と共同で行うことを前提に、具体的な路線、建設計画などの提出を求め、ハイパーループ・ワン側が路線設置に適しているかどうかを審査、全世界で10の路線建設に乗り出すことを目的に行われたもの。応募は全世界100以上の地域から行われ、15カ月に及ぶ精査が行われた。

     その結果選ばれたのは「シカゴーコロンバスーピッツバーグ」「デンバーープエブロ」「マイアミーオーランド」「ダラスーヒューストン」(以上米国)「トロントーモントリオール」(カナダ)「メキシコシティーグアダラハラ」(メキシコ)「グラスゴーーリバプール」「エジンバラ?ロンドン」(英国)「ムンバイーチェンナイ」「ベンガルールーチェンナイ」(インド)の10路線。ハイパーループ・ワンによるとこれらの路線が実現することで53の都市部、6000キロ以上、そして1億4800万人がハイパーループにより繋がる、という。

     今後ハイパーループは計画を提出した母団体と協力し、あらゆるリソースを提供して路線実現に向けて動くことになる。ただしハイパーループ計画を持つのはこれら10地域だけではない。ハイパーループ・ワンではグローバル・チャレンジに先立ちすでにフィンランド、ドバイ、ロシア、ロサンゼルスで実際的な計画を進めてきた。それに対する世界の反応から、自主的にハイパーループを導入したいと考える自治体や地域を募集する考えに至った、という。

     ハイパーループ・ワンの経営陣にはXプライズ・ファンデーション(ロケット、無人飛行機、ソーラーカーなど様々なテーマで賞金をかけての世界的なコンペティションを開催する団体)のペーター・ディアマンディス氏が参画している。そのためグローバル・チャレンジのような企画が立てやすい環境にあったことも大きい。

     今回のグローバル・チャレンジの最大の成果として、ハイパーループ・ワンとコロラド州交通局(DOT)との正式提携が結ばれた点が挙げられる。コロラド州デンバーはパナソニックと提携したスマートシティ計画、全米の都市としては初めての「自動運転バスの公道走行許可」など、非常に先進的な政策をとっている。政府、民間との協力もスムーズで、おそらくハイパーループが実現するとすれば米国ではコロラド路線が最初の物になる、と期待がかかる。

     また、コロラドと同様に自動運転車両の導入に積極的なフロリダ州もマイアミ・デード郡のDOTが導入に非常に積極的だ。ラストベルト地域の代表とも言えるオハイオ路線はオハイオ中部地域計画委員会が中心となり、主に運輸を中心に据えたハイパーループによる経済の活性化を狙う。特にコロンバスは米国の物流センターが集まる場所で、シカゴやピッツバーグから20分で物資が輸送できればコロンバス国際空港から「その日のうちに日本にも輸出できる」という期待がある。

    ■世界中の都市が抱える交通渋滞

     米国、そして世界中の都市が抱える交通渋滞とそれに伴う生産性の低下という問題を解決するには、例えばテスラ社のイーロン・マスク氏が進めている「自動運転のトンネル走行」といった従来の考えを覆すアイデアが必要だ。元米運輸長官であるアンソニー・フォックス氏はグローバル・チャレンジの勝者発表に際し「世界中で既存の交通問題に対する新しい解答が求められている。ハイパーループ・ワンのグローバル・チャレンジはこの分野において最も大胆かつ斬新なアイデアを提唱し、それを国際化したものだ」とのコメントを寄せた。

     ハイパーループ・ワンでは2021年に最初の路線を実現させたい、としている。今後は建設にまつわる課題、ビジネスモデル、安全性など様々な問題をクリアする必要があるが、そう遠くない将来世界各地を走るハイパーループを目にする日が来るかもしれない。

    配信2017年10月6日
    ウェッジ
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10684

    関連ニュース
    わずか5秒で時速310km到達 次世代交通システム「ハイパーループ」、真空チューブでの高速試運転に成功(動画あり)2017.8.9 19:05
    http://www.sankei.com/wired/news/170808/wir1708080001-n1.html
    【【未来の乗り物】真空チューブで高速移動 「ハイパーループ」世界10路線を発表/米国】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/26 15:09:36.08 ID:rP8CIu8nM.net
    【北朝鮮情勢】米軍爆撃機に北朝鮮反応なし、米「気付かず」と指摘
    http://www.sankei.com/world/news/170926/wor1709260035-n1.html
    韓国の情報機関、国家情報院は26日、北朝鮮東方の国際空域を
    23日深夜から24日未明にかけ飛行した米空軍のB1戦略爆撃機などに、
    北朝鮮軍が反応しなかったと韓国国会に報告した。
    米当局者は国情院に「北朝鮮が(飛行に)気付いていないようなので、航路を公開した」と伝えたという。
    【【悲報】北朝鮮さん、米軍にバカにされる】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/09/14 17:04:01.77 ID:CAP_USER9.net
    アメリカのムニューシン財務長官は、挑発行為を続ける北朝鮮をめぐり、中国など北朝鮮と経済的な取引を続ける国に対し、貿易を停止する大統領令を出す準備が整ったことを明らかにした。

    13日放送のインタビューで、ムニューシン財務長官は、「北朝鮮とビジネスを行ういかなる国とも取引を停止することができる。慎重に行うが、大統領は本気だ。経済制裁を課すことで北朝鮮を対話の場につかせる」と述べ、中国など北朝鮮と経済的な取引を行ういかなる国に対しても、アメリカが貿易を停止する可能性があることを明らかにした。大統領令は、「いつでも出せる状態だ」としている。

    トランプ大統領は、11日に採択された国連安保理の制裁決議では不十分との立場を示している。北朝鮮の最大の貿易相手国である中国に圧力をかけることで、北朝鮮を経済的に孤立させる狙いとみられる。

    配信2017年9月14日 16:20
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2017/09/14/10372499.html

    関連スレ
    【米国】北朝鮮と石油取引、中国の貿易会社を米が制裁検討
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505357031/
    【【米国】北朝鮮と取引すれば貿易停止 大統領令準備整う】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/09/13 19:28:49.00 ID:CAP_USER9.net
    韓国とアメリカが、北朝鮮は14日木曜、新たな大陸間弾道ミサイルを発射するとしました。

    韓国・ヨンハプ通信によりますと、アメリカと韓国は、入手した画像から、北朝鮮のミサイル基地へのミサイル装置の移送が終了し、北朝鮮は新たな弾道ミサイルの発射の準備態勢を整えているとしました。

    韓国統合参謀本部は声明の中で、詳細すべてを明らかにすることはできないが、韓国軍はアメリカと協力して警戒態勢を整えているとしました。

    これ以前にも、北朝鮮のミサイル装置が同国西部に、秘密裏に移送されたことが報告されていました。

    この報告が正しければ、北朝鮮のミサイル実験は、11日月曜夜の国連安保理の対北朝鮮決議の採択への回答となります。

    国連安保理は11日、今月3日に行われた北朝鮮の6度目の核実験に反応する中で、全会一致で対北朝鮮制裁の決議案を採択しました。

    この制裁決議は、北朝鮮製の繊維製品の輸入や、北朝鮮への原油、コンデンセートの輸出を対象としています。

    北朝鮮は、アメリカが北朝鮮への圧力や制裁を継続する限り、アメリカに対する抑止力として、核能力とミサイル能力を維持していくとくり返し表明しています。

    配信2017年09月13日18時33分
    Pars Today
    http://parstoday.com/ja/news/world-i34907
    【【北朝鮮】14日(木)に新たな大陸間弾道ミサイルを発射か】の続きを読む

    このページのトップヘ