アメリカ

    1: 風吹けば名無し 2018/09/28(金) 07:59:55.35 ID:+jYot2qn0
    首相、譲歩装い強硬策防ぐ トランプ氏「友情あるから車関税かけられない」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000045-san-pol

    【トランプ「シンゾーとの友情があるから自動車に関税をかけられなかった」 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/09/24(月) 22:26:14.09 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/usa/35126010.html

    「出産ツアー向け」施設で乳児ら5人刺され重体、従業員逮捕 米NY
    2018.09.23 Sun posted at 14:29 JST


    ニューヨーク(CNN) 米ニューヨークのクイーンズ区にある無認可の託児施設で21日未明、乳児3人と大人2人が刃物で刺されて重体に陥り、従業員の女(52)が殺人未遂の罪で起訴された。

    ニューヨークの捜査当局者が22日に語ったところによると、この施設には子どもの国籍を目当てに米国で出産した中国人らが滞在していたとみられる。

    米国では両親の国籍にかかわらず、国内で生まれた子どもに米国籍が与えられるため、これを狙った中国人妊婦らの「出産ツアー」が増えている。

    刺されたのは生後3日から1カ月の女児2人、男児1人と、負傷した子ども1人の父親(31)、女性従業員(63)の計5人。全員が地元の病院へ運ばれ、重体ながら容体は安定しているという。

    事情を知る当局者がCNNに語ったところによると、このほかに生後3週の女児が被告に殴られ、頭がい骨を骨折した。女児は警察が駆け付ける前に病院へ運ばれていた。

    被告は手首から血を流し、意識不明の状態で見つかった。病院で身柄を拘束され、精神鑑定とけがの手当てを受けている。

    妊婦らはここで出産して国籍取得の手続きを済ませ、母国での地位を維持するためにいったん帰国して、再渡航する流れになっていたとされる。

    連邦当局は最近、こうした「出産ツアー」に加担する米企業の取り締まりを強化している。

    事件のあった施設の経営者は不明。近所の住人らによると、中国人のほかに韓国人やアフリカ系の家族も見かけることがあったという。

    警察によると、3階建ての建物に11台のベビーベッドが設置され、事件当時は乳児9人とその親たちが滞在していた。

    【【USA】米国籍取得のための「出産ツアー向け」施設で乳児ら5人刺され重体、従業員の女(52)逮捕 中国人が多く利用 米NY 】の続きを読む

    1: Toy Soldiers ★ 2018/09/23(日) 19:13:22.20 ID:CAP_USER9
     中国の米国債保有額、6カ月ぶりの低水準、報復の一環との見方も

    米国のトランプ政権は17日遅く、計画通り2000億ドル規模の中国製品に追加関税を賦課することを発表した。関税率は10%でスタート。来年には25%に引き上げられる。
    警戒されていた通り、中国政府も報復として米国の600ドル規模の製品に5−10%の関税を課すと発表。
    トランプ大統領は、「中国の報復関税が農業品や産業品に課された場合、さらに2580憶ドル規模の中国商品に25%の追加関税を発動する」と、全中国品に追加関税を課す強気の構えを見せた。

    ウォールストリートジャーナル紙によると、米国政府による追加関税発表を受け、米中貿易協議において中国は当初予定していた劉鶴福首相率いるハイレベルの代表団ではなく、次官級レベルの代表団を送ることを検討しているという。そうなった場合、貿易摩擦問題の解決がさらに遠のくことになる。

    ロス米商務長官は、「新たな関税は中国の慣行を修正、米国企業の環境を公平にする」とし、「中国は、報復の手段が底を打った」とトランプ米大統領と同様に強きの姿勢を示した。トランプ大統領は中国がいずれ協定で合意することになると、楽観視している。

    中国のレバレッジは、米国に比べ低い。報復の手段としては、人民元の切り下げや、米国債の購入を控えることなどが考えられる。

    米国の財務省が18日に発表した最新7月の対米証券投資収支によると、中国の米国債保有額は77億ドル減少し1.17兆ドルと、6カ月ぶりの低水準となった。
    一方、日本の米国債保有額は51億ドル増加し、1.04兆ドルとなった。外国人投資家による米国債保有率は41.44%。前年同月の44.31%から低下した。

    外国人投資家による米国債購入が控えられることは、長期債利回りの上昇にもつながり、長短利回り曲線の平坦化の改善にもつながる。

    NYの視点:中国の米国債保有額、6カ月ぶりの低水準、報復の一環との見方も | ロイター
    https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20180919_00120180918

    【【中国いかりの報復】米国債77億ドル売却 】の続きを読む

    1: 名無しのまとめ王 2018/09/21(金) 03:59:27.71 ID:CAP_USER9
    各国でネット通販のシェアを握っているアマゾンですが、アメリカの社員らがネットショップから賄賂を受け取ってネガティブなレビューを削除していたことが明るみになりました。
    レビューに対する信頼が根底から崩れるのではないかと注目を集めています。
    この事実を報じたのは、コンピューター関連のWEBサイト「ヴェルジェ」。

    アマゾン社内に詐欺集団が存在し、ネットショップから金銭(300ドル)を受け取ることを引き換えに否定的なレビュー削除、他にもレビュアーのメールアドレスや(競合に有利になる)販売情報を渡すなどの便宜を図っていたとのこと。
    かねてからレビューの信頼性が取りざたされてきましたが、アマゾン側の対応が注目されます。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15324110/

    【【企業】Amazon社員がネットショップから金銭を受け取り、都合の悪いレビューを削除していた不正が判明 】の続きを読む

    このページのトップヘ