イラン

    1: 天麩羅油 ★ 2018/02/03 12:44:22.11 ID:CAP_USER9.net
    鹿児島県の宝島に「油のようなもの」漂着、沈没タンカーから流出か


    【2月3日 AFP】日本の南西諸島の沿岸に「油のようなもの」が漂着していることが分かった。当局が1日、明らかにした。3週間ほど前に日本の排他的経済水域(EEZ)内で沈没したタンカーから流出した油ではないかとの懸念を呼んでいる。

     コンデンセート(超軽質原油)11万1000トンを積載したイラン企業所有でパナマ船籍のタンカー「サンチ(Sanchi)」(全長274メートル)は、東シナ海(East China Sea)で香港船籍の貨物船「CFクリスタル(CF Crystal)」と衝突。8日間炎上を続けた後、先月14日に日本のEEZ内で沈没した。大規模な環境汚染を引き起こす恐れがあるのではないかという懸念が広がっている。

     菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は東京都内で行った記者会見で、日本政府はこの「油のようなもの」の発生源を分析するとともに、海上保安庁の

    以下ソース
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161034
    【【何が原因なんだ…?】鹿児島の沿岸に「油のようなもの」が漂着  日本政府は「発生源を分析する」と発表!!】の続きを読む

    1: コモドドラゴン ★ 2017/07/17 08:10:00.88 ID:CAP_USER9.net
     イラン司法当局は16日、同国の裁判所が米国と第三国の二重国籍者に、違法な情報収集活動を行ったスパイ罪で禁錮10年の判決を言い渡したと発表した。詳しい人定は不明だが、イランに強硬姿勢を示すトランプ米政権を刺激する可能性がある。地元メディアが報じた。

     イランでは同国と欧米との二重国籍者の拘束も相次いでいる。2015年の核合意に伴う欧米諸国との関係改善を嫌い、反米保守強硬派が妨害活動を強めているとみられている。(共同)
    http://www.sankei.com/smp/world/news/170717/wor1707170004-s1.html
    【【国際】二重国籍者に禁錮刑10年 スパイ罪でイラン裁判所】の続きを読む

    1: コモドドラゴン ★ 2017/07/13 09:48:09.99 ID:CAP_USER9.net
     不法滞在などが発覚して国外退去を求められている外国人を帰国させるための「旅券発給」をイラン、トルコ両大使館が拒否していることが12日、関係者への取材で分かった。旅券が発給されず日本にとどまる外国人は両国で数百人に上るとみられる。外国人には、違法薬物の売買や窃盗など刑事罰の対象になった者も複数含まれる。難民申請するなどして収容を一時的に解かれる「仮放免」となる事例もあり治安上、重大な懸念が指摘されている。

     法務省によると、国外退去処分を受けた外国人を送還する手続きには、日本出国のための旅券発給が必要で、法務省が各国の大使館に再発給を要請。大半の大使館が応じているという。

     しかし、関係者によると、イラン、トルコ両大使館は「本人の申請意思が必要」などの理由で旅券発給を拒否。このため、処分を受けた2カ国出身の数百人が送還できない状態になっている。

     この中には、覚醒剤など違法薬物の売買や窃盗事件に関わったとして1年以上の懲役刑などを科された者も含まれるという。

     退去処分を受けた外国人は、各地の入管施設内にある収容施設に収容される。しかし、収容された外国人は、難民申請の手続きや処分取り消しを求めて訴訟を起こすなどして、収容を一時期に解く「仮放免」を受けることができる。

     法務省関係者は「国外退去を求められている外国人の中には、仮放免制度を悪用し日本にとどまろうとする者もいる。犯罪に手を染める者も少なくない。そうした外国人が、相手国の協力を得られずに滞留し続けると治安面に重大な懸念が生じる」としている。

     イラン大使館は産経新聞の取材に旅券の発給拒否を認め「憲法とその他の関連法に基づき、居住地の変更を強制することはできない」と説明。トルコ大使館は期限までに回答がなかった。

     2カ国の対応について法務省幹部は「『日本にとどまりたい』という意思を尊重するのが自国民の保護につながるという認識があるのかもしれない。ただ、そうした解釈は国際慣習として到底受け入れられるものではない」としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000074-san-soci
    【【社会】イラン・トルコ両大使館、国外退去の旅券発給拒否 不法滞在、日本に数百人…犯罪者も複数含まれる】の続きを読む

    1: イセモル ★ 2017/07/05 08:41:25.77 ID:CAP_USER9.net
    世界気象機関(WMO)は4日、5月から欧州、中東、米国などを襲っている熱波は引き続き勢力を維持し、6月後半にも各地で記録的高温をもたらしたと発表した。

    イランで、アジアや欧州などを含む東半球の観測史上最高気温に並ぶ53.7度を観測、米カリフォルニア州でも気温が50度を超すなど「人体に危険なレベルになっている」と警告している。

    WMOによると、6月29日にイラン南西部アフワズで53.7度を記録。昨年7月にクウェートで、今年5月にはパキスタン南西部の町で観測した東半球最高気温の約54度に並ぶ高温となった。

    http://mainichi.jp/articles/20170705/k00/00e/040/127000c
    【【猛暑】イランで53.7度を記録=東半球観測史上最高/WMO】の続きを読む

    このページのトップヘ