インターネット

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: みつを ★ 2017/08/26 06:57:06.66 ID:CAP_USER9.net
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170826/k10011113261000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    中国政府はインターネット上のコメントの書き込みについて、利用者に実名の登録を義務づけることなどを盛り込んだ新たな規定を発表し、ネットの管理強化を進める姿勢を鮮明にしています。

    中国政府は、インターネットのニュースサイトや動画配信サイト、携帯電話のアプリなどでのコメントの書き込みについて、ことし10月から施行する新たな規定を25日に発表しました。

    それによりますと、利用者はこれまでどおりインターネット上で匿名で書き込みができるものの、サイトやアプリの運営会社に事前に実名を登録することが義務づけられます。
    また運営会社には、書き込みの内容が違法だと判断された場合、書き込みができなくなるようにするなどの措置を取ることを求めています。

    中国では多くの人々がネット上で意見を発表したりニュースへの評論を述べたりしていますが、政府に都合の悪い内容が書き込まれるケースもあり、中国政府としては問題があると判断した場合に個人を特定し、速やかに対応できる仕組みを整える狙いがあると見られ、ネットの管理強化を進める姿勢を鮮明にしています。

    8月26日 6時45分
    【【中国】ネット書き込みに実名登録義務化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/24 19:21:47.57 ID:fEPvskxy0.net
    今の時代それは無理やろ…
    【姉貴「私の子はネットに毒されたくないしスマホパソコン禁止で育てる」わい「!?」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ID:???

    ネットにつなぐだけで月に数万円請求されて親に怒られていた頃のこと
    息をするようにネットをする、それがあの頃の夢でした。

     われわれは「常時接続」のインパクトを忘れた。

     もはや空気のようにWi-Fiが飛んでいる。出先の店でノートPCを開き、無料のWi-Fiに接続してネットを見る。そんなことまで可能になった。
    そんな状況で常時接続といっても、常時呼吸とでもいうようなばかばかしさがあるだろう。

     しかし、たまに思い出すのだ。「ダイヤルアップ接続」のことを。ネットを使っているあいだ、家の電話が「話し中」になっていた頃のことを。
    実家で母親に、「ちょっと電話使うからネット切ってちょうだい」といわれていたときのことを! 

     ということで今回は、ダイヤルアップ接続でネットをしていた頃のお話。

    ■ネットのはじまりを告げる音

     1999年、我が家にネット環境がやってきた。しかし現在とはいろいろなことが違っていた。例えば、PCにはケーブルを差し込まなくてはいけない。
    無線なんて夢のまた夢だった。「モジュラージャック」と呼ばれる、妙にモジャモジャした語感のものを差し込んでいた。

     そしてネットに接続する際は覚悟を持たねばならなかった。なぜか? 接続時間に応じて料金が発生したからだ。これが何よりも大きかった。
    無線と同じく、定額制も夢のまた夢だったのだ。

     ネット接続時には奇妙な音がした。私は「ピ~ガガ~」と覚えていたが、人によっては「ピ~ヒョロ~」だったりもするようだ。
    どちらにしろマヌケなひびきだが、これがネットのはじまりを告げる音だった。

     何でも保存している物好きな人がいるもので、当時の音をYouTubeで聴くことができる。
    たんなるノイズにすぎないはずなのに、聴くと胸が高鳴ってしまう自分がいた。おお……インターネットがはじまる……! 
    ドラクエのファンファーレのような高揚感だ。ピ~ガガ~なのに。

    (続く)
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/04/news003.html
    【ダイヤルアップ接続の思い出】の続きを読む

    このページのトップヘ