ウーマンラッシュアワー村本

    1: 風吹けば名無し 2018/01/17 15:50:04.64 ID:xQm/BUoR0.net
    爆笑問題の太田光(52)が、ウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が憲法改正に関する発言で批判を浴びた騒動について、
    「謝る必要なんか全然ない」と村本を擁護。批判した有識者たちを切り捨てた。

    村本は元日に放送されたテレビ朝日系「朝まで生テレビ!」に出演。自衛隊が違憲だとする話題で、「何が違憲なんですか?」と
    尋ねたが、憲法を読んだことがないと明かしたことで、出演者たちから「無知を恥じろ」などと集中砲火を浴びた。その後も村本は
    「非武装中立」を訴えて議論を繰り広げたが、失言もあり、放送後に更新したツイッターで、批判が殺到していることを明かしていた。

     太田は16日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」でこの話題に言及。村本の憲法9条に関する質問について「日本
    国憲法ができてから70年、何が違憲なのかを誰もハッキリ言えないまんま、ここまで来たんですよ。誰も答えられないんですよ。
    言ってみれば一番核心を突いた質問なんですよ」とした上で、議論するためにあえて無知を装って質問した村本を非難するばかり
    だった有識者たちを厳しく批判。

    「インテリの連中は鼻で笑って『そんなのも知らねえでここに出てくんな』って言うわけよ。相変わらずだなコイツらって思って、まだこの
    レベルなのかって、悲しくなったね」とあきれ、「村本も、謝る必要なんか全然ないから」と語った。
    2: 風吹けば名無し 2018/01/17 15:50:57.77 ID:xQm/BUoR0.net
    【太田光が村本をバカにした井上達夫教授らを批判「なまじ学のあるバカほど恐ろしい奴はいない」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/15 06:49:47.09 ID:kfQuJM+C0.net
    村本大輔(ウーマンラッシュアワー)@WRHMURAMOTO
    おれは中卒だけどコンプレックスはない。
    中卒にしては、賢くない?ってハードル下げれるからラッキー、すべて武器。
    午前0:28 · 2017年12月20日
    425件のリツイート
    2,519件のいいね
    【ウーマンラッシュアワー村本「俺って、中卒にしては賢くない?」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/10 14:36:39.90 ID:jIU/vcm9a.net
    村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
    @WRHMURAMOTO
    おれがこの発言したのはおきなわのあるおばあちゃんが「400年前に戻りたい、中国はよくしてくれた、いまはアメリカと日本が怖い」と言ってたのを聞いていて、中国から取ったと言っちゃった。ほかにもあるけど。中国台湾日本、各々の土壌で勉強してきた人と話したい。
    【村本「沖縄のばあちゃんが400年前に戻りたい、中国はよくしてくれたと言ってた」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/04 17:42:47.34 ID:mEcHS9+id.net
    お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんが3日夜、単独ライブ「ウーマンラッシュアワー村本の大演説~時は来た…すべての戌どもに村本が吠えて噛みつく2018in沖縄…」を那覇市の桜坂劇場で開いた。
    現代日本の風刺や漫才への思いを語り、会場の約300人は笑い、拍手を送った。

    ライブの冒頭、自身が出演した討論番組で、大学教授から「無知を恥じなさい」と叱責(しっせき)された一幕を紹介。
    村本さんは「無知であるからこそいろいろ知ることができる」と反論し、こぶしを突き上げた。

    昨年末に全国放送の番組で、被災地や沖縄を漫才のネタにしたことや周囲の反応などにも触れた。
    「(沖縄などをネタにして)『重い』などと言われたが、漫才は社会で『空気』のような存在の人に色を付ける役割がある。辺野古にいる人々にもお笑いで色を付けたい」と思いを語った。

    宜野湾市からライブに訪れた木村浩子さん(80)は「自分の言いたいことを全部言ってくれてよかったし、おもしろかった」と話した。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-641025.html
    http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201801/5609b484e2f448a1228b77f5d9f23326.jpg
    【リベラル芸人・村本「無知を恥じろと叱られたが、無知だからこそ色々知ることができるんだぞ」】の続きを読む

    このページのトップヘ