ポカリスエット

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/13 04:53:11.97 ID:qr27Sw5ta.net
    562 渡る世間は名無しばかり 2017/08/13(日) 04:40:58.17 ID:aexv32r4
    ポカリのCMがこんなにウザくなるなんて

    582 渡る世間は名無しばかり sage 2017/08/13(日) 04:41:22.70 ID:7LHQPb+M
    こういうCM虫酸がはしる(´・ω・`)

    603 渡る世間は名無しばかり sage 2017/08/13(日) 04:41:43.79 ID:JY6dJHnG
    >>582
    お前ら嫌いそうだもんな

    835 渡る世間は名無しばかり sage 2017/08/13(日) 04:45:11.68 ID:7LHQPb+M
    >>603
    昨日の甲子園でも伝令が馬鹿みたいに全速力で走ってんの見て、地雷踏んでぶっ飛べば良いのにと思った(´・ω・`)
    【【悲報】ポカリスエットのCM、めちゃくちゃ嫌われる】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/08/10 11:01:42.21 ID:CAP_USER9.net
    建設現場に設置されたポカリスエットを50円で販売する自動販売機=川崎市
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/08/09/d/20/d20ba7d8-l.jpg

    ・「真夏の建築現場の自販機はこうあるべき」 ツイッターで拡散
    ・作業員「すごい助かる」
    ・熱中症対策として独自に設置

    夏本番。建設現場で働く作業員にとって、熱中症対策は不可欠です。そんな中、ある建設現場の自動販売機の写真がツイッターで話題となっています。
    「熱中症対策自動販売機」と題したその自販機では、ポカリスエットをなんと50円で販売。作業員からも「助かる」と評判の取り組み、事業主として設置した大和ハウス工業によると、炎天下の中で働く作業員をサポートしようと、今夏から関東の約20現場に配置。現場事務所の所長は「口頭で注意喚起するよりも効果がある」と手応えを感じています。

    「熱中症対策」としてポカリスエットなどが50円で販売されている自販機=川崎市
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/08/09/c/a9/ca933773-ml.jpg

    ■「真夏の建築現場の自販機はこうあるべき」 ツイッターで拡散

     「真夏の建築現場の自販機はみんなこうであるべき!!」
    https://twitter.com/harmo_p/status/894376470981640192

    この文章ともに投稿された自販機には、ポカリスエットと同じ種類の「ポカリスエット イオンウォーター」が500mlと250ml合わせてずらり30本。そのどれもが50円です。

    「労働災害予防の正しい金の使い方w」「本当に真夏の現場仕事の自販機はこうあって欲しい」などのコメントが寄せられ、約1万5千リツイートがされています。

    ■自販機が設置されている建設事務所=川崎市
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/08/09/7/13/7131d2ba-ml.jpg

    事務所を訪れた9日は、横浜の最高気温が35.1度。昼前でしたが、立っているだけで汗が噴き出す気温で、500mlはすべて売り切れていました。休憩のために戻ってきた作業員の男性に話を聞くと、「他の現場では見たことがない。すごい助かる」「すべて500mlで売って欲しい」。最初の休憩がある午前10時には売り切れ、1日に1~2回は補充が必要なほどの人気ぶりだということです。

    ■500mlの商品はすべて売り切れだった
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/08/09/9/39/93939d1b-ml.jpg

    ■熱中症対策として独自に設置

    事務所の所長で、大和ハウス工業東京本店建築事業部の権藤繁雄さんによると、夏の現場は熱中症の危険性が高いことから「作業員が効果的に水分補給ができるようにサポートしたい」と建築事業部独自の取り組みで設置を決めたとのこと。
    差額分は熱中症対策の費用として会社が負担しているそうです。「水を飲むよう口頭で注意喚起をすることも大切ですが、低価格の商品があれば実際に飲んでもらえる。やってよかったです」と話しています。

    ■掲示などでも熱中症予防を呼びかけている
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/08/09/0/c4/0c418c28-ml.jpg

    ■意識高まり、導入する企業も増加

    自販機を手がける大塚ウエルネスベンディングによると、「熱中症対策自販機」とするには、一定量のナトリウムを含んでなければいけないので、水やお茶は販売できないそうですが、建設現場などへの導入が増えてきているといいます。「自販機だと冷やす手間がかからない。熱中症への企業の意識が高まり、作業員への福利厚生という点から注目されている」と話しています。

    配信8/10(木) 10:23
    withnews
    https://withnews.jp/article/f0170810003qq000000000000000W02h10201qq000015709A
    【【猛暑】炎天下の中「50円ポカリ」自販機設置 工事現場への思いやりが話題に 大和ハウスの英断】の続きを読む

    このページのトップヘ