大阪府

    1: ばーど ★ 2018/01/10 18:48:11.08 ID:CAP_USER9.net
     大型トラックを運転中に赤信号を無視し、横断歩道を自転車で渡っていた女子高生をはねて死亡させた男に対する裁判員裁判が平成29年12月、大阪地裁で行われた。争点は男が赤信号を認識していたか否か。検察側は、故意に赤信号を無視したとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)罪で起訴。トラックに取り付けられたドライブレコーダーの映像から、男が前を見て運転していた(信号を見ていた)ことを立証し、事故を起こすまで約35分間で計5回の“信号無視”を繰り返していたことも指摘した。しかし、判決は「(信号)見落としの可能性がある」と判断し、罰則の軽い同法違反の過失致死罪を適用した。検察側の証拠のどこに穴があったのか。

     ■走る凶器と化したトラック

     事故は同年2月2日午後7時5分ごろ、大阪市西淀川区大和田の府道交差点で発生した。現場は信号機のある片側2車線の交差点で、青信号にしたがって自転車で横断歩道を渡っていた同市内の高校1年の女子生徒=当時(16)=が、赤信号を無視して交差点に進入してきた大型トラックにはねられた。

     トラックの総重量は23トンで、当時のスピードは時速57キロ。“走る凶器”となった大型トラックにはねられた女子高生は即死した。

     大阪府警は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑でトラックを運転していた男(44)を現行犯逮捕。大阪地検は、より重い罰則が問える危険運転致死罪で起訴した。男が赤信号であることを認識していながら故意に無視したと判断したからだ。

     ただ、危険運転致死罪を適用するのは簡単ではない。12月4日の初公判で、男は「赤信号を認識していながら無視してはいません」と故意の信号無視を否認。検察側は、赤信号を無視したのは「故意」と立証する必要があり、居眠りや脇見などで「見落とし」た可能性を排除しなくてはならない。

     検察側が「間違いなく認識していた」と主張する支えとなったのは、トラックにあったドライブレコーダーの存在だった。

     ■スピード上げて現場に進入

     トラックには進行方向と運転席を写した2つのドライブレコーダーがあり、法廷で映像が流された。

     このうちトラックから前方を写していた映像からは、次のことが明らかとなった。

     《現場の西(現場の手前)約100メートルに信号機のある交差点があり、トラックは、この交差点を信号が赤になった直後に通過。とほぼ同時に約100メートル先の現場の信号も赤に変わった》

     《トラックと現場までの距離は98メートル。見通しは良く、時間にして約6秒の間があった。ブレーキをかければ止まることはできたのだが、トラックは止まるどころか、車線変更し、数キロほどスピードを上げていた》

     このようなことから、検察側は「前方を見ていれば必ず信号機が見える状況だった」と主張した。

     そして2つ目の映像。トラックの車内を写したものだ。映像には運転席の男の顔が写っていた。男は手前の交差点から現場に至るまでの間、車線変更のために一瞬右側に視線を向けた以外は、前方に視線を向け続けていた。

     2つの映像を総合すると、「前を見ていれば赤信号を簡単に認識できる状況で、男は脇見せずに前を向いて運転していた」となり、検察側の「赤信号であることを認識していた」との主張につながる。

     ■ギリギリなら赤信号突破?

     男は当日、大阪市住之江区にある勤務先を出発し、約35分後に事故を起こしていた。この約35分間の運転の映像も全て裁判員らの前で流され、その間法廷は静寂に包まれた。

     それによると、現場にたどり着くまでのルート上には交差点が43カ所あり、そのうち赤信号だったのは18カ所。男は14カ所で停車したが、4カ所は信号が赤に変わった直後の交差点を通過していた。現場も含めると約35分間に5カ所の交差点で“信号無視”。20年近くトラックの運転手をしていたという男だが、粗い運転との印象は否めない。

     赤信号で止まった14カ所は、前の車がすでに停車していたか、交差点の相当手前で信号が赤に変わっていてすでに歩行者が道路を横断するなどしていた。こうした状況から、検察側は「(男は)赤信号に変わった直後であれば、事故を起こさずに交差点を通過できると考えていた」とした上で、「現場も一気に通過できると思い込んだ」と指摘した。

    配信2018.1.10 10:00
    iza
    http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/180110/evt18011010000001-n1.html
    2: ばーど ★ 2018/01/10 18:48:37.76 ID:CAP_USER9.net
    >>1

    ■「ボーッとしていた」

     検察側の指摘に対し、男は被告人質問で、事故について「ボーッと考え事をしてしまっていたのか、(信号を)見落としてしまった。事故を起こすまで全く信号を見ていなかった」と繰り返し、故意による信号無視を否認し続けた。

     現場以外の赤信号通過についても「全て見落としていたかもしれないし、黄色だと思って通過した場所もあるかもしれない」と、いずれも故意ではないとした。

     ドライブレコーダーの映像は男の“危険運転ぶり”を裏付けているようだったが、弁護側は逆に、男が現場の信号を認識していなかった証拠になると訴えた。

     なぜか。

     現場に到着するまでの映像では、男は交差点の相当手前で赤信号になった場合は止まっていた。この点をとらえて弁護側は、男について、止まるべき場合は止まる人物と分析。現場の信号が赤になってから事故が起きるまでは6秒間もあったため、「現場に到着するまでの運転状況を踏まえると、赤信号を認識していれば止まるべき状況」と述べ、男には信号の見落としなどの止まれなかった事情があったことを訴えた。そして「『一気に通過しようとした』との検察側の主張は不自然だ」と反論した。

     「赤」認識の可能性は高いが…

     12月15日の判決公判。西野吾一裁判長は、検察側が予備的訴因として追加していた過失致死罪を適用し、男に禁錮2年6月を言い渡した。検察側は危険運転致死罪の場合は懲役8年を求刑(過失致死罪の場合は禁錮3年6月)しており、求めた結果からはほど遠い判決となった。

     西野裁判長は判決理由で、弁護側の主張通り「現場にたどり着くまでの走行状況を踏まえると、『一気に通過しようとした』との主張は唐突で不自然」と指摘。「(男が)赤信号を認識していた可能性は高いが、それが間違いないとまでは判断できない」として、「故意だった」との検察側の訴えを退けて「過失」と認定した。

     ただ、西野裁判長は「信号の見落としは、車線変更など危険で必要性の乏しい運転が原因。過失は相当大きい」と指弾した。

     ■一人で育てた母の涙

     命を奪われた女子生徒はまだ高校1年。母親が女手一つで育て、女子生徒は高校に入学してから母親に「子供優先で育ててくれてありがとう。高校生になったし、ママのやりたいことをやってください」と手紙を送っていた。

     法廷で意見陳述した母親は「娘は何度も何度も『悲しませてごめんね』と言っていると思う」と涙。娘は中学の卒業文集で「辛いときこそ笑顔。笑っていると幸せがくる」とつづっていたといい、「娘が残してくれた言葉を支えに生きていきたいが、負の感情が芽生えてしまう。私は人をうらやんだり、憎んだりして生きているのか(と自問自答している)。心から笑っていたい」と述べた。

    おわり
    【【裁判】“走る凶器”はねられた女子高生即死 ドラレコ映像に度重なる赤信号通過も判決は… 一人で育てた母の涙】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/01/04 19:25:08.59 ID:CAP_USER9.net
    大阪市:救急隊員の勤務中の行動について (…>お寄せいただいた「市民の声」>防災・防犯・消防)
    http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000419363.html
    2018年1月1日
    ページ番号:419363

    市民の声
     11月13日午前6時50分くらいに浪速区内の病院に大阪市の救急車で来られた隊員の男性三名の方が病院に搬送後、数メートル離れた自販機で飲み物を三名とも購入されていました。これまでに幾度となく様々な救急隊員の方を見かけましたが、このような行動をされているのをはじめて見ました。その後、救急車の中でその飲み物を飲まれているようでなかなか出車せずでした。勤務中のこのような行動はありなのでしょうか?教えてください。

    市の考え方
     本事案に出場した救急隊員から聞き取りを行いましたところ、救急車内での血液付着が多く、その拭取りと消毒に労力と時間を要したとのことであり、そのような活動を勘案した場合、次の出場に備え水分補給を行う必要があったと考えます。
     当局では、必要に応じ活動中の水分補給を適宜行うよう周知しているところであり、今回の場合、飲料水の購入はやむを得なかったものと考えます。
     救急隊は、連続出場や長時間にわたり活動する場合もございますので、ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

    ★1が立った時間 2018/01/04(木) 18:32:11.93
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515058331/
    【【大阪】「救急隊員が自販機で飲み物購入」 市民からクレーム】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/30 10:24:49.16 ID:CAP_USER9.net
    ■殺人容疑も視野

     「遺体は骨と皮だけ。ひどすぎる」。捜査幹部は愛里さんが強いられた劣悪な監禁生活をこう語った。

     二重扉で中から開けられないようになった約2畳の部屋。簡易トイレを除けば1畳ほどで、窓がないため外光は入らず、暖房器具もない冷え切った空間だ。

     23日の遺体発見時、愛里さんは身長145センチに対し体重は19キロしかなく、極度にやせ細っていた。最近は1日1食しか与えられず、胃に内容物はなかった。

     死体遺棄容疑で逮捕された父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)はダイニングのモニターで隔離部屋を監視していた。「動かなくなった」。別居している愛里さんの妹に事情を伝えた後、2人で自首した。

    娘の体調への認識が捜査の焦点

     衰弱が分かっていて放置していれば監禁致死や殺人容疑の適用も視野に入る。今後は愛里さんの体調についての認識が焦点になる。両容疑者の供述によれば監禁の始まりは「16、17歳ごろ、精神疾患で暴れるようになったため」。捜査関係者によると、障害年金を受給していたといい、申請要件から過去に医療機関を受診した可能性はある。

     ただ一家は寝屋川市の障害者福祉を受けておらず、詳しい病状は不明。両容疑者は「小学生のときに発症した」としているが、6年の同級生はそうした兆候に気づいておらず、この点の解明も今後の捜査のポイントになる。

    配信2017.12.30 08:05更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171230/wst1712300013-n2.html
    【【寝屋川監禁】「遺体は骨と皮だけ。ひどすぎる」 モニターで隔離部屋を監視していた母親「動かなくなった」と次女に伝え自首】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/29 06:01:58.29 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000049-mbsnewsv-l27

    大阪府寝屋川市で両親に監禁された33歳の女性が凍死した事件で、
    警察が現場に到着した際に女性は服を着ていなかったことがわかりました。

    寝屋川市の自宅で長女の愛里さん(33)の遺体を放置したとして、
    父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)が逮捕されました。
    2人の自首を受けて警察官が現場に到着した際に、愛里さんは毛布の中で
    裸で死亡していたということです。

    2人は愛里さんを16、7年前から2畳ほどの広さのプレハブ小屋に監禁していて、
    警察は少なくとも最近は服を着せずに生活させていたとみています。
    プレハブ小屋には暖房がなく、愛里さんが死亡したとみられる12月18日の
    最低気温は氷点下2.7度でした。

    愛里さんは1日1食しか与えられず死亡時の体重は約19キロだったということで、
    警察は監禁致死容疑などでの立件も視野に捜査しています。
    【【寝屋川長女遺棄】女性は裸で死亡していたことが判明。氷点下でも服を着せずに生活させていた模様】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/28 10:04:53.74 ID:rfvGgWG00.net
     27日午後10時5分ごろ、大阪府吹田市垂水町の路上で、歩いて帰宅途中だった女性会社員(29)に男が後方から近づき、
    口をふさいで近くの駐車場まで連れて行って押し倒し、「金を出せ」と脅した。
    男は女性の腹部を数回殴り、現金約3万4千円入りの財布を奪い走って逃げたが、近くを通りかかった14~15歳の男子中学生5人組に取り押さえられ、
    女性の110番を受けて駆けつけた大阪府警吹田署員に強盗致傷容疑で現行犯逮捕された。

     同署によると、男は近くに住むアルバイト、横山勝彦容疑者(44)。容疑を認めている。女性は転倒した際、顔などに軽傷を負った。
    中学生5人は塾の帰りで、「強盗です」という女性の叫び声を聞き、逃げた横山容疑者を数十メートル追跡。
    うち1人が追いついて電柱に同容疑者の腕や肩を押し付け、他の4人が自転車で取り囲むなどして身柄を確保したという。

    http://www.sankei.com/west/news/171228/wst1712280035-n1.html
    【【悲報】44歳アルバイト、女性を襲うも通りがかった中学生5人に取り押さえられる】の続きを読む

    このページのトップヘ