学生

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/10/09 11:22:56.73 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000011-mbsnewsv-l25

    8日、滋賀県東近江市で55歳の男性の顔面などに暴行を加え現金1万9千円を
    奪ったとして中学生の少年6人が逮捕されました。

    強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、滋賀県内の中学校に通う14歳から15歳の
    少年6人です。警察によりますと少年らは8日午前1時40分ごろ、東近江市種町の
    路上で55歳の男性の顔面などを殴った上、現金1万9千円を奪った疑いが
    持たれています。男性は当時、車を運転していましたが、少年らが自転車で道路を
    ふさいでいたため停車、その後暴行されたということです。調べに対し少年らは容疑を
    認めているということです。

    また、事件の約1時間前にも4キロほど離れた宮荘町でも同様の事件が発生していて
    警察が関連を調べています。
    【【社会】自転車で道を塞いで車を停め、運転手を暴行して金を奪った中学生6人を逮捕。滋賀県】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/09 09:45:58.63 ID:CAP_USER9.net
    大きな注目を集めるなか9月12日にiPhoneの新モデルが発表され、日本では22日からiPhone 8とiPhone 8 Plusの販売が始まった。
    11月3日には、顔認証機能もついたまったく新しいiPhone Xの販売も始まる。
    スマートフォンのシェアを調べると、どの調査でもiPhoneは若年層、とくに女性からの人気が高い。
    流行にも敏感な若年層は、新しいiPhoneにどう感じてどのような反応をしているのか。ITジャーナリストの高橋暁子氏が解説する。

     * * *

    スターツ出版運営のケータイ小説サイト「野いちご」による女子中高生を対象としたスマホやネット事情に関するアンケート(2017年9月)によると、
    使っているスマホは全体では「iPhone」が51.4%で最多。「Android」は40.9%だった。
    女子高生に限定するとiPhoneの割合は60.2%にまで増えるなど、若年齢層におけるiPhoneの人気は絶大だ。

    「iPhoneじゃないと恥ずかしい」「仲間はずれにされちゃう」と、中高生の子どもが強硬にiPhoneをねだったという話はよく聞く。
    「最初は『子どもにiPhoneなんて贅沢』と思ったけれど、話を聞くと確かに仲良しは全員iPhone。
    気持ちが分からなくはないから困った」という保護者の声を聞いたことがある。

    気持ち的にはiPhoneを持たせてあげたいと思っても、何しろiPhoneは価格が高いことで知られている。
    iPhone7のときで6万円程度からと高価なのでそうそう買えるものではない。
    そこでその保護者は、型落ちiPhone(iPhone5)を買ってあげたという。「古くてもiPhoneならいいと上機嫌だったからよかった」。

    ◆古くてもいい、でも新しければもっといい

    少し前に女子高生数名に話を聞いてみたところ、新しいiPhoneを持っている子はそれほど多くはなかった。
    親の中古iPhoneを譲り受けたり、型落ちiPhoneを購入してもらっているケースがほとんどだったのだ。
    若年齢層は「iPhone」にこだわっているだけなので、「iPhone5」などの古いiPhoneでも一切問題にならないのだ。

    でも新しいiPhoneには憧れは持っている。「自撮りの時は新しいiPhoneの方がきれいに写る」と口を揃えて言う。
    そこで、「自撮りの時は新しいiPhoneを持っている子に借りて撮る」などして乗り切っているという。あとは画像加工アプリなどで補正すれば、満足する出来に仕上がるそうだ。
    新しいiPhoneを持っている子は把握しており、仲間内でも重宝されているらしい。

    20代くらいになると、無理しても新しいiPhoneを買うという層も現れるが、それほど多いわけではない。
    全体に共通するのは、iPhoneに対する強烈なこだわりだ。
    新しいiPhoneに憧れはあるが、あまりに高価なので購入は現実的ではないようなのだ。

    10代、20代は扱う機会が多いので落として画面を割る割合も高い。
    しかし修理には数万円かかるので、画面が割れているくらいでは気にせずそのまま使っている例が少なくないようだ。

    ◆ブランド・人気・お洒落が支持の秘訣

    なぜそんなにiPhoneがいいのだろうか。話を聞くと、「可愛いケースがいっぱいあるし、みんな持ってるし」「お洒落で使いやすいかな」などの意見があがった。

    iPhoneというブランドイメージ、みんなが持っているという点、Androidに比べてケースのデザインが豊富で選びやすい点などが支持されているようだ。

    「アプリもAndroid限定、iPhone限定とかだったりして、話が合わないこともあるし」という意見もあった。
    「使い方とか聞いても、Androidだとよくわからない。iPhone同士だと聞きやすい」という子もいた。
    このあたりも、みんなが使っている点が受けている理由というわけだろう。

    iPhoneXは税込み14万円あまりになるなど非常に高価だが、弱年齢層におけるiPhone信仰を見ると、まだまだiPhoneの天下は続いていきそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13722992/
    2017年10月9日 7時0分 NEWSポストセブン
    【【通信】中高生のスマホ「iPhoneなら型落ちでも上機嫌」なのはなぜか「iPhoneじゃないと恥ずかしい」「仲間はずれにされちゃう」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/04 14:26:33.72 ID:tfZVg2Or0.net
    リサ→ブラジルハーフで身長165
    きっぺい→韓国ハーフで身長181

    https://i.imgur.com/xywD67D.jpg https://i.imgur.com/e4N8L6B.jpg

    二人の愛の結晶
    https://i.imgur.com/haP61mi.jpg


    リサ、大学生のエンヤと付き合ってたが大人になるまで性的なことはしないとエンヤが紳士ぶってるうちにきっぺいが寝とる

    リサときっぺいは遠距離恋愛だが配信サイトのミクチャを通して愛を育む

    リサ、妊娠

    産みたいと言うリサに責任取れないから別れようときっぺい

    リサ、親にも出産を反対される

    堕胎

    傷ついたリサを放っておけないときっぺいがよりを戻してくれる

    以上の顛末をリサが泣きながら配信で説明

    勝手に配信したことできっぺいが暴力を奮いやっぱり別れる

    10代リスナーたち号泣

    https://mixch.tv/u/4246477
    【【悲報】まんさん(15)、堕胎をTwitterで配信してしまうwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 紅あずま ★ 2017/08/31 12:26:50.81 ID:CAP_USER9.net
    日野皓正氏、中学生の髪つかみ往復ビンタ コンサート中
    朝日新聞:2017年8月30日21時26分
    http://www.asahi.com/articles/ASK8Z6K2CK8ZUULB007.html

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170830004595_commL.jpg
    日野皓正氏


     ジャズトランペット奏者の日野皓正(てるまさ)氏が今月20日、東京都世田谷区で開かれたコンサートで、壇上でドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかみ、顔に往復ビンタを加えていたことがわかった。
    生徒にけがはなかった。この事業を主催した区教委は「(日野氏が)行きすぎた指導をした」と認め、今後は改めるよう日野氏側に要望した。

     区教委によると、コンサートは中学生向けの体験学習事業の一環で、日野氏の指導を受けて約4カ月間練習してきた生徒約40人が成果を発表する場だった。
    日野氏は終演後、生徒の保護者に対し「生徒のソロパートの演奏が長くなりすぎたので、止めようとした」と説明したという。

     保坂展人区長は
    「今後は改めていただくようお伝えしている。注意を受けたお子さんの保護者からも『日野さんには感謝している。やめてほしくない』とも伺っている」とコメントした。
    保坂氏もコンサート会場にいたが、暴行の場面は中座していたため見ていなかったと説明している。



    ▼前スレ(★1、2017/08/31(木) 10:13:25.55)
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504146325/
    【【東京】ジャズトランペット奏者の日野皓正氏、中学生の髪をつかみ往復ビンタ 体験学習事業のコンサート中 世田谷区】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2017/07/19 20:09:01.12 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000086-asahi-soci
    朝日新聞デジタル

     元交際相手の少女の母から「ろくでなし」「ふさわしい学力の子とお付き合いしてもらう」といったメールを送られ、その後自殺した埼玉県内の少年(当時15)の遺族が、少女の母に計3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、さいたま地裁であった。針塚遵裁判長は「許されない人格非難」などと人格権の侵害を認め、少女の母に慰謝料など計440万円の支払いを命じた。

     少年はメールが届いた日に飛び降り自殺したが、判決は「自殺を促す直接的な記載はない」などとしてメールとの因果関係は認めなかった。

     判決によると、少年は中学3年だった2012年11月ごろから同級生の少女と交際し、別々の高校に進学。少女の母から交際に反対されて別れた数日後の13年6月、「大事な娘を傷つけて」「娘も(少年とは別の進学校の生徒と)良い感じなので、もう姿を見せないで」「娘と付き合おうとするのが大間違い!」などと書かれたメールを少女の母から送られた。

     判決はこうした文言を「少年を強く侮辱し、自尊心を著しく損なうもの」と指摘した。
    【【埼玉】娘の元交際相手に侮辱メール、慰謝料命令 受信後に自殺】の続きを読む

    このページのトップヘ