小池百合子

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県)@\(^o^)/ [EU] 2017/06/19 14:06:36.45 ID:2NPu54vt0.net
    築地市場の一部再生案浮上
    豊洲移転後、特区活用も

     東京都の小池百合子知事が検討している豊洲市場の移転問題に関する基本方針で、豊洲に移転後、将来的に築地を再整備して一部の市場機能を戻す構想が浮上していることが18日、関係者への取材で分かった。
    国家戦略特区制度などを活用することも選択肢という。ただ都庁内には築地再整備に慎重論が強く、最終的に基本方針に盛り込むかも慎重に検討している。

     一方、小池氏が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が基本方針に沿う形で、豊洲問題に関する都議選の公約を見直すことも関係者への取材で判明した。

    https://this.kiji.is/249104546313732104
    【小池百合子さん「豊洲市場に移転します。その後に築地を再整備してまた戻します」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/13 09:06:02.18 ID:bCHBp1pM0.net
    東京都の築地市場の豊洲移転問題で、小池百合子都知事が豊洲移転を前提に調整するよう都庁幹部に
    指示したことが12日分かった。豊洲に移転しつつ、「築地ブランド」を生かすため、築地も売却はせずに
    何らかの形で活用する案の検討を求めている。23日の都議選告示前にも小池知事が表明する見通しで、
    停滞していた都政最大の課題が動き出すことになる。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17596910T10C17A6MM8000/
    【【悲報】小池百合子さん、結局豊洲移転へ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/12 12:38:48.83 ID:PC74uamLr.net
    ‪小池百合子都知事、初写真集発売 セーラー服や新人議員時代、自宅での撮り下ろしも | ORICON NEWS
    http://www.oricon.co.jp/news/2092173/‬

    小池百合子東京都知事(64)の初の写真集『小池百合子 写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017』(双葉社)が14日に発売されることが、明らかになった。
    フォトグラファーの鴨志田孝一氏が著者で、1992年の議員初当選から今写真集のために自宅で撮り下ろされた写真まで、政治家としての25年を切り取った130点が掲載されている。

    中略

    双葉社によると都知事の写真集発売は史上初。表紙はエジプト・カイロで1995年に撮影されたもの。
    母親がカイロで日本レストランを経営していたため、夏休みの期間に訪問した。エジプト留学をしていたためカイロは原点であり、
    直筆サイン入りの帯で小池氏は「私の全てはここから始まった」とコメントしている。

    中略

    内容も盛り沢山。鴨志田氏が「カラオケも結構お上手です。十八番は夏川りみの『涙そうそう』、そして松任谷由美の『ひこうき雲』、『卒業写真』など」
    というカラオケ中の写真も掲載。さらに子供時代の写真から学生時代のセーラー服姿、キャスター時代の“秘蔵写真”も収録されている。
    小池氏の自宅で撮り下ろし撮影も行った。愛犬・そうちゃんも一緒にファインダーに収まり、鴨志田氏は「その撮影の中で、私が知る限り唯一、彼女の気持ちが本当に安らいだ、
    女性らしい優しい表情が撮影できました」と手応えをにじませた。

    写真集の出版にあたって国内外から大きな反響があり、当初4~5000部の予定が大幅に増え、1万5000部でスタートする。
    なお、著者は鴨志田氏のため、小池氏に印税は一切入らないという。

    http://i.imgur.com/2fRWDwt.jpg
    【小池百合子「アカン、支持率下がってもうた。何とかしないと…」→「写真集出したろw」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [HU] 2017/06/08 17:18:17.72 ID:WmUOphJL0.net
     地域政党「都民ファーストの会」の代表に就任した東京都の小池百合子知事が自民党を離党したことを「支持する」と答えた電子版の読者は73.8%に上った一方で、
    都民ファーストに対しては「期待しない」との回答が60.8%を占めました。

     小池氏の離党を支持する読者からのコメントを読むに、
    小池氏に対して「自民党一党支配からの脱却への流れとなることを期待します」(70歳、女性)と好意的な意見がある一方で、
    「自民党を敵としているのにそこに所属するそのずるさは最低だったので、当然のことだと思います」(62歳、男性)などとして、
    小池氏のこれまでの言動への批判の裏返しとして、今回の離党を受け入れている読者も少なくありませんでした。

     都民ファーストは小池氏の人気の高さでこれまで知名度を上げてきましたが、
    今回の電子版の読者の皆さんのアンケート結果からは、7月2日投開票の都議選に向け、小池氏自身が正念場を迎えていることが浮き彫りになったといえましょう。

     小池氏が自民党を離党したことを支持する読者が「自民党と対立するのなら、離党したほうがすっきりする」(40歳、男性)、
    「わかりにくさが解消された」(55歳、男性)と受け止めている背景には、小池氏がこれまで自民党の都議団と対立しながらも、
    自民党を離党していなかったことへの批判があります。

     「事実上、都民ファーストの会の代表として活動しており、自民党の支持者に対しても、
    都知事自身の支持者に対しても誠意を欠いていた。これが解決したのは望ましい」(32歳、男性)

     「当たり前のこと。戦略が前面に出すぎていて嫌らしい」(44歳、女性)

     中には離党を支持しながらも「自民党に在籍しながら都民支持の高さをバックに批判を繰り返してきた。
    都知事選のとき離党しておくのが筋。いまさら感がぬぐえない」として「(小池氏への)支持ではない」と明記した読者(57歳、男性)もいました。

     


    都民ファースト、「期待しない」6割
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17416510X00C17A6000000/
    U9RaVJTc2us

    【小池知事率いる都民ファーストの会に、期待しない人が6割に。 「もう1年になるのに何も決められない」】の続きを読む

    このページのトップヘ