東京電力

    1: 的井 圭一 ★ 2018/02/01 18:42:49.30 ID:CAP_USER9.net
    明日(2月2日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(15時00分時点)
    2018年2月1日
    東京電力パワーグリッド株式会社

     明日(2月2日)の当社サービスエリアにおける電力需給見通しは、気温低下による暖房需要の増加などから、ピーク時間帯(9時~10時)で5,103万kWとなる見込みです。

     これに対して、火力発電所の増出力運転などの供給力対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社サービスエリアにおける供給力は5,133万kW、使用率99%(予備率0.6%)と厳しい需給状況になると想定しております。

     当社としては、当社サービスエリアの需給状況改善のため、電力広域的運営推進機関に2月1日16時~2月2日0時までの間、最大250万kWの供給をお願いしております。
     なお、これによる明日のピーク時間帯の当社サービスエリアの電力需給見通しは現在精査中のため、別途お知らせいたします。

     一般のご家庭をはじめ広く社会の皆さまにおかれましては、空調温度の低め設定や使用していない照明の間引き・消灯など、節電への取り組みにご理解、ご協力をお願いいたします。

    ソース
    明日(2月2日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(15時00分時点)|プレスリリース・お知らせ一覧|東京電力パワーグリッド株式会社
    http://www.tepco.co.jp/pg/company/press-information/press/2018/1475472_8687.html
    【【東電】明日(2月2日)の電力使用率99% 厳しい需給状況 節電への取り組みにご理解ご協力をお願いいたします】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/08/24 18:05:00.70 ID:CAP_USER9.net
    [東京 24日 ロイター] - 東京電力ホールディングス(9501.T)は24日、2011年3月の福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が、放射能被ばくによる被害を受けたとして、50億ドル(約5450億円)の基金の創設や損害賠償を求めて米国の裁判所に提訴したと発表した。

    東電によると、157人は今月18日、米カリフォルニア州南部地区連邦裁判所で提訴。損害賠償の請求金額は訴状には記載されていないという。

    同社は、2013年3月15日付で米国で同種の提訴(24日時点の原告数239人)を受けており、今回の原告は同訴訟との併合を求めているという。

    提訴に対し東電は、「原告の主張、請求内容を精査して適切に対処する」としている。業績への影響は不明だという。

    (浜田健太郎)

    https://jp.reuters.com/article/tepco-idJPKCN1B40NP
    2017年 08月 24日 16:55 JST
    【【米国】「トモダチ作戦」157人が米で東電を提訴、50億ドル基金要求】の続きを読む

    このページのトップヘ