格安SIM

    1: ノチラ ★ 2017/12/24 07:43:12.28 ID:CAP_USER.net
    総務省は、2017年9月末時点の携帯電話などの契約数やシェアを公表しました。「格安SIM」の契約数が前年同期比で33.6%と大きく伸び、調査開始後初めて1,000万件を突破しています。
    携帯電話の契約数は1億6,534万件

    総務省が12月22日に公表したデータによると、携帯電話の契約数は1億6,534万件で、前年同期比3.4%のプラスでした。

    そのうち、LTEの契約数は1億1,065万件で前年同期比17.1%のプラス、PHSは298万件で前年同期比19.8%のマイナスとなっています。
    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2017/12/soumu-1.png

    徐々に存在感高まるMVNO

    携帯電話の契約数における事業者別シェアでは、NTTドコモが40.5%、NTTドコモ系MVNOが5.1%、KDDI(au)が27.3%、KDDI系MVNOが2.7%、ソフトバンクが22.3%、ソフトバンク系MVNOが2.1%でした。
    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2017/12/soumu-2.png

    グラフに記載された2014年以降の傾向として、NTTドコモのシェアがじわじわと低下し、その分NTTドコモ系のMVNOが徐々にシェアを上げています。
    「格安SIM」契約件数、初の1,000万件超え

    いわゆる「格安SIM」の契約数は、前年同期比33.6%と大きく伸びて1,012万件と、初めて1,000万件の大台を超えました。
    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2017/12/soumu-3.png

    「格安SIM」の契約数における事業者別シェアは、インターネットイニシアティ ブ(IIJ)が14.1%でトップ、以下NTTコミュニケーションズが12.3%、楽天が11.6%、ケイ・オプティコムが8.7% 、ソニーネットワークコミュニケーションズが5.0%と続いています。

    なお、楽天は11月1日付けでFREETELを買収していますが、このデータは9月末時点の集計のため、買収前の契約数です。

    楽天は、第4の通信キャリアになるべく周波数帯の獲得に名乗りを上げる、と報じられています。
    https://iphone-mania.jp/news-198042/
    【【通信】「格安SIM」契約数、初の1,000万件超え!総務省が9月末時点のシェアなど発表】の続きを読む

    1: へっぽこ記者@エリオット ★ 2017/09/26 14:44:36.40 ID:CAP_USER.net
     楽天は格安スマートフォン(スマホ)サービス6位の「フリーテル」を買収する。4位の楽天のシェアは、ソフトバンク系とNTT系に次ぐ3位に浮上する。格安スマホの利用者数は低価格を背景にスマホ全体の1割に達する一方、通信大手も参入し競争が激化。初の業界再編につながった。楽天は格安スマホで顧客基盤を広げ、インターネット通販関連事業の拡大をねらう。

     26日午後に発表する。楽天はフリーテルを手がけるプラスワン…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2017/9/26 14:00
    日本経済新聞(有料記事)
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26H2L_W7A920C1MM0000/?dg=1&nf=1
    【【日経速報/企業買収】楽天、フリーテルを買収 格安スマホ3位浮上】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/08/19 21:27:39.22 ID:CAP_USER9.net
    [サービス]SIMフリースマホが4分の1突破! au、ドコモは新料金プランでMVNOに対抗へ (BCN) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000001-bcn-sci
    8/19(土) 12:00配信

     家計の節約策として、大手キャリアに比べ、1か月あたりの通信料金が安く済む「格安SIM」と呼ばれるMVNO(仮想移動体通信事業者)が注目を集めている。MVNOの認知度の高まりを受け、大手キャリア3社のうち、NTTドコモとKDDI(au)は、MVNOの料金体系を意識したと思われる新料金プランを発表した。

     ドコモは、「シェアパック」契約者向けの「シンプルプラン」に加え、対象機種の発売にあわせ、毎月ずっと利用料金から1500円割引く新たな料金プラン「docomo with」を開始。auは、7月14日から4G LTEスマートフォン向けの新料金プラン「auピタットプラン」と「auフラットプラン」と、その加入者向けの「アップグレードプログラムEX」を開始した。「docomo with」は対象機種が2機種に限定され、トライアル的な側面が強い。一方、auの新料金プランは、端末を購入しなくても加入でき、全面的な料金プラン刷新といえる。

    ●「auピタットプラン」「auフラットプラン」とは?

     「auピタットプラン」は、データ利用量に応じて5段階の定額料金が自動的に適用される従量課金制プラン。音声通話の利用状況にあわせて、「auピタットプラン(スーパーカケホ)」「auピタットプラン(カケホ)」「auピタットプラン(シンプル)」の3タイプから選べる。

     「auピタットプラン(スーパーカケホ)」の場合、税別月額料金は、1GBまで2980円、2GBまで3980円、3GBまで4480円、5GBまで5480円、20GBまで5480円。

     一方、「auフラットプラン」は、データ利用量を気にせず利用できる定額プランで、端末購入時の割引「毎月割」を適用しない代わりに、従来より、通信料金そのものを大幅に安く設定した。

     音声通話とデータ通信の利用状況に合わせて、月間20GBまでデータ通信を使い放題できる「auフラットプラン20(スーパーカケホ)」「auフラットプラン20(カケホ)」「auフラットプラン20(シンプル)」、30GBまで使い放題できる「auフラットプラン30(スーパーカケホ)」「auフラットプラン30(カケホ)」「auフラットプラン30(シンプル)」の6タイプから選べる。

     税別月額料金は、最安の「auフラットプラン20(シンプル)」の場合で6000円。「auフラットプラン20(スーパーカケホ)」は6500円、「auフラットプラン20(カケホ)」は7500円、、「auフラットプラン30(シンプル)」が8000円、「auフラットプラン30(スーパーカケホ)」は8500円、「auフラットプラン30(カケホ)」が9500円。

     さらに、「auピタットプラン」「auフラットプラン」とも、今年12月31日までに、新規契約・機種変更時にあわせて加入すると、「ビッグニュースキャンペーン」として12か月間、利用料金から1000円割り引く。ただし、iPhoneは対象外。

     同時に開始した「アップグレードプログラムEX」は、5か月目以降の機種変更の際に、月額390円×24回のプログラム料を支払うことで、分割支払金の最大半額の支払いを不要にするプログラム。特典の適用を受けるには、対象機種を12か月間利用後に機種変更を行うこと、機種変更後も「アップグレードプログラムEX」に再加入すること、機種変更時に旧機種を回収することが条件となる。なお、こちらもiPhoneは対象外となる。

     家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、スマートフォン全体の販売台数に占めるSIMフリー対応モデルの割合は、今年4月は23.4%、5月は21.3%、6月は24.4%と、2割を超える水準で推移し、7月には過去最高となる26.0%に達した。

     3社横並びだった従来のauの料金プランと、新しいauの料金プランの違いは、従量課金制と定額制の2つに分かれたこと。毎月のデータ利用量にあわせて選べるようになり、毎月、データ容量が余っていた人、つまり余分に払いすぎていた人にとっては値下げとなった。販売データが示す、SIMフリースマホ市場の拡大は、キャリアをついに動かしたといえるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)


    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
    【【格安SIM】SIMフリースマホが4分の1突破! au、ドコモは新料金プランでMVNOに対抗へ】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/06/20 22:21:53.52 ID:CAP_USER9.net
    「ニコニコSIM(仮) powered by FREETEL」が登場、プレミアム会員1年分が無料に - ケータイ Watch
    http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1066262.html
    関口 聖2017年6月20日 15:40

     ドワンゴとプラスワン・マーケティングは、SIMカード単体のMVNOサービス「ニコニコSIM(仮) powered by FREETEL」の提供を開始した。25日には、「ニコニコSIM(仮)」の登場を記念した生放送も行われる。

     「ニコニコSIM(仮) powered by FREETEL」は、FREETELのSIMカード(ドコモ回線、月額499円~と、動画サービス「niconico」のプレミアム会員(月額500円)がセットになったサービス。
    契約から1年間は、niconicoのプレミアム会員費が無料となる。niconicoを視聴する際には、プレミアム会員特典である混雑時の低画質モードの会費やタイムシフト視聴機能などが利用できる。

    またFREETELのプランで、「データ定額1GBプラン」以上を選んでいると、LINEやPok?mon GOの通信量や、アプリダウンロード時の通信量が無料になる。
    3GB以上ならTwitter、Facebook、Instagram、Facebook Messengerの通信量も無用になる。

     6月中に契約すれば、SIMカードトレイを開けるための「ニコニコSIM(仮)オリジナルSIMピン」がプレゼントされる。

    http://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1066/262/03_s.png
    【【格安SIM】「ニコニコSIM(仮)」登場(FREETEL) プレミアム会員1年無料になるもカウントフリーに動画含まれず、解約条件も厳しい残念仕様】の続きを読む

    1: ののの ★ 2017/06/15 21:56:44.56 ID:CAP_USER9.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HZD_V10C17A6TJ2000/

    2017/6/15 20:45

     調査会社のMM総研(東京・港)は15日、2017年3月末の「独自サービス型SIM」の契約件数が16年3月末と比べ5割増の810万件だったと発表した。調査に含まれていないソフトバンク系を含めると格安スマートフォン(スマホ)全体の契約件数は1千万件を突破したもよう。一方で大手の寡占が進んでいることも鮮明になった。

     ソフトバンク系の「ワイモバイル」を除き、格安スマホ事業者の大半はNTTドコモなど大手携帯3社から回線を借りる。設備投資をしなくてもよいため大手の半額以下の料金設定が可能。大手3社では月3ギガ(ギガは10億)バイトで6千円前後かかるが、格安スマホでは3千円程度で済む。

     16年4月に総務省が携帯端末の実質ゼロ円販売をやめるよう大手携帯3社へ要請して以降、通信サービスの月額料金への負担感が増した。その結果、格安スマホへ流出する動きが加速している。

     MM総研の調査データをもとにした日本経済新聞の推計によれば、ワイモバイルやKDDI系の「UQモバイル」など、大手通信事業者の格安スマホブランドが全体の約4割を占めた。大手の寡占が顕著になっている。

     総務省によると16年12月末で格安スマホ市場に参入する事業者は668社にのぼった。通信速度などで優位な大手系の寡占が進めば参入する事業者が減り、価格競争に影響が出て料金が下げ止まる可能性がある。

     既にワイモバイルとUQモバイルは同じ料金プランをそろえる。代表的なプランが1年目が月2ギガバイトで1980円、2年目は同2980円と値段が上がる仕組み。2年契約のため途中解約には9500円もの違約金がかかる。

     一方、楽天や「フリーテル」ブランドを運営するプラスワン・マーケティング(東京・港)らもシェアを伸ばした。楽天は通販サイト「楽天市場」などでためたポイントを使って通信料金を安く抑える施策が好調で、年内に150店としていた店舗数の目標を前倒しで達成する。

     総務省は「大手への集約が進み、公平な競争環境でなくなるのは好ましくない」との姿勢を示している。大手携帯3社に続く「第4の勢力」として期待された格安スマホ市場だが、成長の裏では大手による寡占の懸念が高まっている。
    【【スマホ】格安スマホ1千万件突破 1年で5割増、大手の寡占鮮明 民間調査、15日】の続きを読む

    このページのトップヘ