民進党

    1: 風吹けば名無し 2017/10/13 06:00:44.99 ID:W6gyilmS0.net
    民進党の小川参院議員会長は、衆院選後、立憲民主党や無所属も含めて民進党を軸に再結集を図る考えを示した。
    55: 風吹けば名無し 2017/10/13 06:12:31.24 ID:W6gyilmS0.net
    >>51
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00373257.html

    民進・参院会長「党存続」を明言

    民進党の小川参院議員会長
    「民進党は不滅です。民進党は、これからもしっかりと存続します。立憲民主党、本当に信念を通している。
    よくわからないから、やむを得ず希望の党から立候補の人もいる。
    無所属で信念通す人もいた。この選挙が終わったら、民進党を大きな軸として、
    しっかりと結集して、安倍自民党政権、絶対に打倒する。約束する」

    前原代表は、衆議院選挙後に、参議院議員も希望の党に合流する方針を示していた。
    この方針について、小川氏は、「議論も機関決定もしていない」と突き放し、
    「参議院議員の過半数は、希望の党には行かない」
    【【悲報】民進党さん「選挙終わったら立憲民主党と合流するやで~」 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/09/30 22:34:33.58 ID:CAP_USER9.net
    東スポWeb 2017年9月30日 17時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13685811/

     衆院選(来月10日公示、22日投開票)を前に民進党の“解党”に伴う希望の党への合流問題で「受け入れNGリスト」が出回り始めた。

     希望の党代表の小池百合子都知事(65)は29日、民進党の前原誠司代表(55)と会談。表向きは候補者全員の受け入れを要請している前原氏に対し、小池氏は「全員を受け入れることはさらさらない」と明言。さらに都庁での会見ではフリーランスの記者から「リベラル派を大量虐殺するのか」との質問に「排除致します」と言い切った。

     希望関係者は「この“排除”のワードは1996年の旧民主党結党時に村山富市元首相やさきがけの武村正義代表らの合流を拒否し“排除の論理”といわれ、流行語にもなった。小池氏も血も涙もなく、民進組を排除する魂胆です」と指摘する。

     永田町では希望が公認しない30人近くの名前が書かれたリストが出回っている。本紙昨報通り、菅直人元首相(70)、野田佳彦元首相(60)、枝野幸男代表代行(53)、長妻昭元厚労相(57)、赤松広隆元衆院副議長(69)、辻元清美幹事長代行(57)らが入っているのと同時に岡田克也元代表(64)、海江田万里元経産相(68)、安住淳元財務相(55)らの名前もあった。

    「いずれも民主党政権で代表や大臣、幹部経験者で、安全保障や憲法観で一致したとしても負のイメージを新党に入れ込んでしまうので、厳しく“排除の論理”であたるでしょう」(同関係者)

     小池氏による“排除”を恐れてか、希望への合流を選択しない候補者も出始めている。一方で、NGリストに載りながらもいちるの望みをかけて、長妻氏や社民党出身の阿部知子氏(69)らは、希望にエントリーした。

     選考に当たっている玄葉光一郎元外相(53)は「選考過程は一切明かさない」としているが、週明けには“NG確定リスト”が出ることになる。

    1がたった日時:2017/09/30(土) 19:33:04.64
    前スレ:【衆院選】希望の党受け入れ拒否リスト流出 新たに岡田、海江田氏らの名前も★4
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506774752/
    【【衆院選】希望の党受け入れ拒否リスト流出 新たに岡田、海江田氏らの名前も】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/21 19:48:45.49 ID:NAwHnsPD0.net
    礼状の宛名もまともに書けないガイジを議員にしてどうするつもりやねん
    http://pbs.twimg.com/media/DKPKR0BUEAALJbU.jpg
    【民進党、豊田真由子の元秘書(無能)に衆院選出馬を打診wwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/08/20 17:49:05.68 ID:CAP_USER9.net
    NHK8月20日 17時27分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170820/k10011105651000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    民進党の代表選挙は、21日の告示を前に、立候補を表明している前原元外務大臣と枝野元官房長官が、支持拡大に向けた取り組みを進めたほか、立候補を模索する井出庸生衆議院議員は、必要な推薦人を確保するため党内に協力を求めました。

    民進党の代表選挙は、21日の告示を前に、立候補を表明している前原元外務大臣と枝野元官房長官が、それぞれ支持拡大に向けた取り組みを進めました。

    このうち、前原氏は、都内で開かれた趣味の鉄道のイベントに出席しました。

    このあと、前原氏は記者団に対し「鉄道に例えると、蒸気が満ち満ちていて、すぐにでも発車できる状況まで気力は満タンになっている。なんとか勝ち抜いて、もう1度、党を立て直したい」と述べました。

    また、枝野氏は、国会内の事務所で、態度を明らかにしていない議員にみずから電話して支持を呼びかけました。

    このあと、枝野氏は記者団に対し「わかりやすく支持を訴える準備を進めたい。単に新しいリーダーを選ぶにとどまらず、本格的な政権政党に脱皮できる大きな第一歩にしたい」と述べました。

    一方、立候補を模索している井出庸生衆議院議員は、国会内の事務所で、立候補に必要な国会議員20人の推薦人を確保するため、電話などで協力を求めたあと、記者団に対し「人材の新陳代謝が何よりも必要だ。推薦人の確保まで、あと一歩だ」と述べました。
    【【民進党】民進党代表選 あす告示へ】の続きを読む

    このページのトップヘ