沖縄県

    1: 天麩羅油 ★ 2017/09/12 17:37:53.46 ID:CAP_USER9.net
    核ミサイル、沖縄で1959年誤発射 「爆発なら那覇は吹き飛んでいた」
    2017年9月12日 05:00
     米軍統治下時代に核ミサイル「ナイキ・ハーキュリーズ」が配備されていた米軍那覇サイト(現・那覇空港)で、1959年6月19日、核弾頭を搭載したミサイルが誤って発射されていたとNHKが10日、報じた。爆発はせず、那覇沖合に着水したミサイルは米軍が回収したという。沖縄タイムスは事故発生翌日の紙面に、米軍発表として「ミサイル発射寸前に発火」と誤発射を報じているが、米軍から「核弾頭搭載」との広報はなかったとみられる。


     「NHKスペシャル 沖縄と核」では、当時、整

    以下ソース
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/140986
    【【軍事】米軍、沖縄で核ミサイルを誤射していた。 「爆発なら那覇は吹き飛んでいた」 1959年】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/27 15:20:22.59 ID:8pjftCRG0.net
    https://twitter.com/takusisyota/status/900580850101755904
    Twitter1


    ※余りにひどいので一応モザイクをかけてあります
    【【悲報】陽キャさん、個人情報付きで無免許運転を自白してしまう】の続きを読む

    1: コモドドラゴン ★ 2017/08/25 07:19:56.73 ID:CAP_USER9.net
     24日午前5時58分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で新基地建設に反対する男女2人が軽自動車にはねられた。沖縄市の牧師女性(83)が左足脛骨・腓骨(ひこつ)骨折などの重傷、大阪市のNPO職員男性(69)が左膝擦過傷のけがを負った。軽自動車は逃走し、名護署がひき逃げ事件として車両特定や事故原因の捜査を進めている。
     名護署やはねられた男女によると、事故があったのは国道329号の南向け車線で、シュワブの新ゲート前付近。軽自動車は北側から南向けに走ってきて2人をはね、そのまま南向けに逃走したという。

    2人は新ゲートから南に約10メートル離れた歩道の縁石に、足を車道に向けて出す形で座っていた。2人によると、路肩の白線から車道側に足は出していなかったという。

     はねられた女性が午前6時3分に「車に足を踏まれ、車は立ち去った」と110番通報をした。現場には男女のほか目撃者はいなかったという。2人は北部の病院に搬送され、女性は全治日数不明で入院中、男性は午前中で退院した。

     県警は、シュワブ内の防犯カメラ映像を確認したほか、周辺のコンビニなどにある防犯カメラの確認作業を進めている。

             ◇            ◇

     24日に発生した名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で発生した軽自動車によるひき逃げ事件で、名護署は25日午前0時25分、軽自動車を運転していた会社員の男(18)=那覇市=を過失運転致傷、道交法違反(救護義務違反、自己不申告)の容疑で逮捕した。名護署によると、男は「縁石にはぶつかったが、人とは思わなかった」と容疑を一部否認しているという。

     逮捕容疑は24日午前5時56分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で、車道と歩道を分け隔てる縁石に座っていた男女2人をはねたにもかかわらず、必要な救護措置などをせずに立ち去った疑い。男は調べに対し、「出勤時間が迫っていたので間に合わなくなると思った」と話しているという。

     名護署はゲート前付近に設置された防犯カメラ映像などを確認し、車両を特定した。所有者に事情を聞いたところ、事故当時の運転者が分かった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000001-ryu-oki

    【関連スレ】
    【沖縄】米軍キャンプ・シュワブゲート前で男女2人ひき逃げ 80歳代女性重傷 名護市辺野古
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1503541266/
    【【沖縄】シュワブゲート前でひき逃げ 抗議市民けが 会社員の男(18歳)逮捕「人とは思わなかった」】の続きを読む

    1: rain ★ 2017/08/03 10:12:01.45 ID:CAP_USER9.net
    コンビニのアイス用冷蔵庫に入って遊ぶ“バカッター”――。あるTwitterユーザーの投稿が物議を醸し、大きな問題となったのは数年前のこと。
    あれからしばらくの時が経ったが、2017年8月、再び同じような“バカッター”が現れ、Twitter界隈をざわつかせている。

    動画は20秒程度の短いもので、登場するのは10代と見られる若者たち。上半身裸の男性は「暑い」などとまくし立てながらアイス用冷蔵庫を叩き、飛び乗っている。
    また、一緒にいるもう一人のTシャツにキャップの男性は、冷蔵庫の扉を開けて身体ごとケースの中へ。最後は誰かから発せられた「度が過ぎるよ」との言葉に反応し、撤収する様子までが映されている。

    Twitterなどネットではすでに男性たちの特定作業が始まっているが、8月3日午前1時現在、沖縄県糸満市の某コンビニ店舗であることはわかっているようだ。

    そして、繰り返される愚行に、「まだこんな奴いるのか」「化石レベルのアホだな」「こういうバカはいなくならないんだな…」「いつもの流れ」「歴史は繰り返すのか」「夏だねぇ」などの声が上がっている。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0803/5808422609/nrn_2017-08-03-014948_thum630.jpg
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0803/nrn_170803_5808422609.html
    【【沖縄】コンビニのアイス用冷蔵庫に入るバカッター再び】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/07/29 11:09:06.83 ID:CAP_USER9.net
    軽症なのに「救急ヘリを」 竹富診療所、観光客対応に疲弊
    7/29(土) 5:00配信

    【竹富島=竹富】年間約50万人の観光客が訪れる竹富町竹富島で唯一の医療機関である
    町立竹富診療所が、一部の観光客の過大な要求に悩んでいる。
    軽症にもかかわらず夜間に「救急ヘリを呼んでほしい」などの求めがあるなど、現場が疲弊しているという。
    診療所は「離島の医療資源は限られており、そのことを知った上で宿泊してほしい」と訴えている。
     
    竹富診療所は所長の石橋興介医師(38)と看護師、事務職員の3人で運営されており、
    診療時間外の救急診療では、3人に加えて日中は別の職を持つ消防団員も駆け付ける。

    一方で、島内ホテルの宿泊客の一部からは「コンタクトレンズが外れない」という相談や、
    微熱で必要性が低いにもかかわらず夜間の診療を求められるケースもあり、
    その中には「船をチャーターしてほしい」「ヘリを呼んでほしい」などと要求をする観光客もいるという。

    竹富島では2009年4月~11年4月の2年間と14年7月~15年3月の9カ月間、常勤医が不在だった。
    石橋医師は「歴代の医師が抱えていた問題で、所長を離れる要因の一つになっている」と語る。
    「むちゃな要求をする観光客は感覚的に増えている印象がある」とする。

    「観光客はもちろん大切だが診療所は本来、島民のためにある。島民が診療所の負担を考えて
    急診を控える一方で、一部の観光客が安易に急診で夜間に呼び出す現状を知ってほしい」と強調する。

    竹富公民館長の上勢頭篤館長は「負担がさらに増えた結果、医師がいなくなって困るのは島民だ。
    観光客も都会感覚での急診は控えてほしいし、ホテルなどのオーナーも宿泊客に安易に急診しないよう
    呼び掛けてほしい」と求めた。(大嶺雅俊)

    7/29(土) 5:00配信 琉球新報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000001-ryu-oki
    【【沖縄】軽症なのに「救急ヘリを呼んで」「船をチャーターしてほしい」 竹富島の町立竹富診療所、観光客対応に疲弊】の続きを読む

    このページのトップヘ