登山

    1: すらいむ ★ 2017/08/29 15:16:46.42 ID:CAP_USER9.net
    遭難女性が救助の警官にブチ切れ ブログで「何様なの?」「酷い対応」

     三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、インターネット上で物議を醸している。

     ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。
     地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを決めていなかったので書きませんでした」としている。

    ■「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」

     遭難の経緯と警官への不満をつづったブログは2017年8月28日に投稿された。
     記事での冒頭では、トラブルの詳細について「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」と宣言している。

     女性が遭難したのは下山中のこと。初心者向けだというコースで下山していた際、誤ったルートを進んで道に迷ってしまったという。
     ブログでは「これはもうだめだな、これ以上進んだら死ぬ」と当時の心境を振り返っている。

     その後、女性は携帯電話で警察に救助を依頼。
     近くを通るロープウェイの職員の助けを受けて安全な場所に移動したうえで、救助のために駆け付けた警官と合流したという。

     ロープウェイ職員の対応については「なんて素晴らしい人なんでしょうか」「本当に、ありがとうございました」と感謝の言葉をブログに並べた女性。
     だが、警官の態度については、3000字以上の長文で不満を爆発させている。

     ブログによれば、女性は警官から「単独で登山するとこうゆうことになるんだ」(原文ママ)などと説教を受けた後、詳しい事情を聞くために近くの警察署に移動することを求められたという。

     こうした対応について、女性は「(警官が)なんだかすごく感じ悪かった」「何様なの?」との不満を漏らした上で、

     「登山で道に迷って遭難して救助を要請するなんて、本当に申し訳ないと思っているし、多大なご迷惑をおかけしたと思っているし、来ていただいて本当に感謝してます。でも、でも、それでもやっぱり物申したい気持ちになるような、酷い対応だった」

    と振り返っている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    J-CASTニュース 2017/8/29 15:07
    https://www.j-cast.com/2017/08/29307023.html?p=all
    【【今日の物議】「何様なの?」「酷い対応」山で遭難の30代女性、救助の警官にブチ切れ…ブログの投稿にネットで物議】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/12 18:08:41.15 ID:NOc5Nnx9a.net
    50人ほどのグループで山頂付近を占領し、意味不明なウェイ的写真撮影で大渋滞を引き起こし、山頂の祠に奉納された看板を取り外して撮影に使い、大声で校歌を歌って登山者に迷惑かけてた頭悪そうな大学生集団が槍ヶ岳にいた。

    何?早稲田生ってあんなに頭悪いの?


    http://i.imgur.com/37aw5TV.jpg
    【早稲田大学登山部が山頂を占拠して大騒ぎ、他の一般登山客追い出す】の続きを読む

    1: コモドドラゴン ★ 2017/07/19 12:28:47.95 ID:CAP_USER9.net
     静岡県小山町の富士山須走口7合目付近に、登山ルートとは違う方向を指した矢印の落書きが多数描かれていることが分かった。

     矢印の先に沢や岩場があるケースもあり、同町は事故につながる危険があるとして進入禁止のロープを張るなどしている。

     同町商工観光課によると、落書きは、須走口7合目の山小屋「見晴館みはらしかん」近くで見つかった。約300メートルにわたり、スプレーのような白色の塗料で約2メートル間隔で描かれており、18日時点で42か所確認。矢印のほか丸形もあったという。

     6月20日に、山小屋の開業準備のため現地を訪れた関係者が見つけた。昨年9月の営業終了時にはなかったという。同町の担当者は「誰がどんな意図で描いたのか分からず、困惑している。登山者の安全のため消したいと考えており、国などと対応を検討している」と話している。

    http://yomiuri.co.jp/national/20170719-OYT1T50029.html
    http://yomiuri.co.jp/photo/20170719/20170719-OYT1I50015-1.jpg
    【【迷惑行為】富士山7合目、うそのルートに導く矢印42個】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2017/06/06 04:19:58.97 ID:CAP_USER9.net
    黒岳2人救助 登山は寒さ対策を

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004016651.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    5日、大雪山系の黒岳で、登山中の外国人の男女2人から
    「疲労で下山できない」と連絡があり、警察が救助に向かったところ、2人は無事、救助されました。
    2人は防寒着などは持っていなかったということで、警察は、
    登山にあたっては、寒さに備えた入念な準備を呼びかけています。

    5日午後6時すぎ、環境省の上川自然保護官事務所に男性から
    「黒岳にいるが、疲労で下山できない」
    と救助を求める連絡がありました。
    通報を受けた警察が男性の携帯電話に連絡をとったところ、男性のほかに女性がいて、
    2人ともいずれも20代のフィンランド人だと話したということです。

    警察が救助に向かったところ、6日午前0時すぎに黒岳の山頂付近で2人を発見し、救助しました。
    2人にけがはありませんでした。

    警察によりますと、2人は、防寒着などは持っていなかったということです。

    黒岳の山頂付近では、この時期はまだ雪が残っていて夜になると冷え込みが強まることもあるということで、
    警察は、登山にあたっては、寒さに備えた服装を用意するなど入念な準備を呼びかけています。

    06/06 01:34
    【【山】20代のフィンランド人男女、防寒着なしで雪の残る大雪山系の黒岳へ → 「疲労で下山できない」と救助要請 もちろん無事でした】の続きを読む

    このページのトップヘ