空母

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/26 08:17:29.44 ID:CAP_USER9.net
    護衛艦「いずも」空母化…離島防衛の拠点に
    12/26(火) 7:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00050161-yom-pol

     政府は、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」を、戦闘機の離着艦が可能となる空母に改修する方向で検討に入った。

     自衛隊初の空母保有となり、2020年代初頭の運用開始を目指す。「攻撃型空母」は保有できないとする政府見解は維持し、離島防衛用の補給拠点など防御目的で活用する。米軍のF35B戦闘機の運用を想定しており、日米連携を強化することで北朝鮮や中国の脅威に備える狙いがある。

     複数の政府関係者が明らかにした。いずもは、広い甲板を持つ空母に似た形状の護衛艦で、全長248メートル、満載排水量約2万6000トン。ヘリコプター14機を搭載可能とされる。空母化すれば、F35Bを約10機搭載できる見通しだ。

     改修では、F35Bのジェットエンジンが発する熱に耐えられるように甲板の耐熱性を上げる。
    【【防衛】護衛艦「いずも」空母化…離島防衛の拠点に】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/25 07:37:35.51 ID:CAP_USER9.net
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017122401001592.html

     防衛省が将来的に海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦で運用することも視野に、短距離で離陸できるF35B戦闘機の導入を本格的に検討していることが24日、政府関係者への取材で分かった。既に導入を決めた空軍仕様のF35A計42機の一部をB型に変更する案、別に追加購入する案があり、来年後半に見直す「防衛計画の大綱」に盛り込むことも想定している。

     護衛艦であってもF35B戦闘機を搭載すれば軍事的には「空母」と位置付けられ、自衛のための必要最小限度を超えるため攻撃型空母を保有することは許されない、としてきた政府見解との整合性が問題となる。

     F35B戦闘機(上)と海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2017122401001608.jpg
    【【戦闘機】「空母」運用機を本格検討 短距離離陸のF35B導入】の続きを読む

    このページのトップヘ