自転車

    1: ばーど ★ 2017/12/25 10:42:27.91 ID:CAP_USER9.net
     今年話題を呼んだ日本のテレビ番組の1つに、テレビ東京系列で放送された「池の水ぜんぶ抜く」シリーズがある。日本各地にある大きな池の水を抜き取って、その中にいる在来種の生物を保護するとともに、生態系の破壊につながる外来種を捕獲するという斬新かつダイナミックな内容だ。

     中国の浙江省杭州市でこのほど、この番組のような「水抜き」が行われたようだが、干上がった底から出てきたのは日本では考えられない物だった。中国メディア・鳳凰網が21日報じた。

     水が抜かれた川の底から出てきたのは、大量のシェアリング自転車だった。記事は「杭州市の三塘小区付近を散歩していた市民が、側を流れる川にたくさんのシェアリング自転車があるのを見つけた。この川は、もともと水が流れていたが、近ごろ行われている工事の関係で水を全部抜いたのだ。水を抜いていったところ、川底に埋まっていた自転車がどんどん出現してきたのである」と伝えた。

     川底の泥に刺さるように埋もれていた自転車の中にはサビも見られるとのこと。どうやら、川に捨てられてからある程度の時間が経過していたようだ。21日に、この市民が同じ場所を訪れたところ、川にあった自転車は全て抜き取られ、公園の緑地部分に並べられていたという。付近の住民は「自転車は数十台くらいあった」と語っている。

     日本でも一部地域で始まっている中国伝来のシェアリングサイクルサービス。本場中国ではどこでも乗り捨てができることが大きな魅力になっているようだが、使った後に川に放り投げてしまうというのは「乗り捨て」にも程がある。今の中国では、池や川の水を抜いて外来種を探す前に、投げ込まれた自転車を取り除く作業が必要のようだ。(編集担当:今関忠馬)

    配信2017年12月25日 9時12分
    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14075602/
    【【中国】「池の水ぜんぶ抜く」中国も実施 川の水ぜんぶ抜いてみた!とんでもないものが大量に出てきた】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/14 10:48:10.93 ID:CAP_USER9.net
    川崎市麻生区で7日、電動自転車と歩行者がぶつかり、その後に歩行者が死亡する事故があり、麻生署が重過失致死の疑いで、電動自転車の女子大学生(20)=同区=を書類送検する方針を固めたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。運転中にスマートフォンを操作していたとみられ、同署はこの行為が重大な過失に当たると判断した。横浜市鶴見区でも12日夜に自転車による死亡事故が発生し、県警は注意を呼び掛けている。

     川崎市麻生区での事故は7日午後3時15分ごろ、小田急線新百合ケ丘駅近くの市道(上麻生2丁目)で発生した。

     遊歩道から市道に出ようと電動自転車を発進させた区内の女子学生と、歩道を歩いていた近くに住む無職女性(77)が出合い頭に衝突。女性は転倒して頭を強く打ち病院に搬送されたが、9日午前7時半ごろ死亡した。

     捜査関係者によると、女子学生は運転中にスマホを操作、前方不注意で女性を死なせた疑いが持たれている。女子学生は当時、左耳にイヤホンをつけ、左手にスマホを、右手には飲み物を持っていた。

     歩道の左から来た女性を発見するのが遅れたとみられ、女子学生は「ぶつかるまで気付かなかった」と話しているという。
     


     横浜市鶴見区下末吉2丁目では12日午後6時5分ごろ、同区元宮2丁目、無職の女性(79)が、同区に住む市立中学3年の男子生徒(14)の自転車にはねられた。女性は搬送先の病院で間もなく死亡した。

     鶴見署などによると、現場は、鶴見川沿いの堤防の上にある幅約5・5メートルの通路。男子生徒は、徒歩で犬の散歩をしていた無職の女性に正面から衝突したとみられる。

     男子生徒は「知人と会って急いで帰宅していた。右側から音が聞こえたので脇見をしてしまい、前を向いたら人がいて避けきれなかった」などと話している。周辺に街灯などはなく、当時は暗かったという。

    電動自転車とぶつかり、女性が死亡した現場 =川崎市麻生区上麻生
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171214-00022503-kana-000-view.jpg

    配信12/14(木) 8:43
    カナロコ by 神奈川新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00022503-kana-l14

    ★1が立った時間 2017/12/14(木) 09:40:54.50
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513212054/
    【【神奈川】自転車スマホで、女性死なす 女子大学生(20)書類送検へ 左耳にイヤホン、左手にスマホ、右手に飲み物】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2017/10/10 18:03:52.35 ID:CAP_USER9.net
    消防車と自転車が衝突1人重体

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2044671561.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    10日午後、かつらぎ町で消防車と自転車が衝突し、自転車に乗っていた32歳の男性が
    意識不明の重体で病院に運ばれ、手当てを受けています。

    10日正午すぎ、かつらぎ町下天野にある町道の交差点で、町の消防団のポンプ車と自転車が衝突しました。
    この事故で、自転車を運転していた近くに住む32歳の無職の男性が
    頭を打つなどして意識不明の重体になっていて、病院で手当てを受けています。

    現場は信号や一時停止の標識などがない見通しの悪いT字路で、
    警察によりますとポンプ車が交差点を直進していたところ右側から自転車が入ってきたということです。

    また、町によりますとポンプ車はバッテリーの充電のため現場周辺を走っていたということです。

    警察はポンプ車を運転していた消防団員の44歳の男性から話を聞くなどして、
    事故の詳しい原因を調べています。

    10/10 17:00
    【バッテリー充電のために走り回っていた消防車と無職(32)の自転車が衝突 無職男性意識不明の重体・和歌山県かつらぎ町】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/10/09 11:22:56.73 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000011-mbsnewsv-l25

    8日、滋賀県東近江市で55歳の男性の顔面などに暴行を加え現金1万9千円を
    奪ったとして中学生の少年6人が逮捕されました。

    強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、滋賀県内の中学校に通う14歳から15歳の
    少年6人です。警察によりますと少年らは8日午前1時40分ごろ、東近江市種町の
    路上で55歳の男性の顔面などを殴った上、現金1万9千円を奪った疑いが
    持たれています。男性は当時、車を運転していましたが、少年らが自転車で道路を
    ふさいでいたため停車、その後暴行されたということです。調べに対し少年らは容疑を
    認めているということです。

    また、事件の約1時間前にも4キロほど離れた宮荘町でも同様の事件が発生していて
    警察が関連を調べています。
    【【社会】自転車で道を塞いで車を停め、運転手を暴行して金を奪った中学生6人を逮捕。滋賀県】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2017/09/20 22:02:53.42 ID:CAP_USER9.net
    2017年9月20日21時45分

     自民党の谷垣禎一・前幹事長(72)が10月22日投開票の衆院選に立候補せず、政界を引退する意向を固めた。20日、二階俊博幹事長ら党幹部に電話で伝えた。

     谷垣氏は二階氏に「後進に道を譲りたい」と連絡。二階氏は「十分活躍出来る立場。養生され、政界復帰をしてほしい。党内の大多数がそう考えている」と慰留したが、谷垣氏は翻意しなかったという。

     谷垣氏は党幹事長だった昨年7月、東京都内で趣味のサイクリング中に転倒し、頸髄(けいずい)を損傷して療養を続けていた。

     今年8月には谷垣グループ幹部の逢沢一郎、中谷元両氏と面会。両氏は8月下旬のグループ研修会で面会時のやりとりを明かし、復帰が近いとの見方を示していた。だが、谷垣氏は早期の衆院解散の見通しを受け、引退を決めたとみられる。

     谷垣氏は京都5区選出で当選12回。自民党内ハト派の派閥「宏池会」で、加藤紘一・元官房長官の側近として将来の首相候補と目されてきた。野党時代の2009年9月から党総裁を務めたが、政権復帰を目前にした12年総裁選で出馬断念に追い込まれた。政権復帰後は法相、党幹事長として安倍晋三首相を支えた。

    http://www.asahi.com/articles/ASK9N6GBBK9NUTFK01J.html
    【自民・谷垣氏、政界引退へ 療養中「後進に道譲る」】の続きを読む

    このページのトップヘ