虐待

    1: ばーど ★ 2018/01/13 10:46:55.39 ID:CAP_USER9.net
    次女(5)の腕をストーブに押しつけてやけどを負わせたなどとして、兵庫県警伊丹署は12日、傷害の疑いで、母親の無職、藤尾久美子(26)?同県伊丹市南野?と、2人と同居する祖母で会社員、亜希子(47)の両容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めている。次女は命に別条はないという。

     同署によると、次女は11日午後7時半ごろ、腹を空かせた様子で十円玉を握りしめ、一人で近くのコンビニへ買い物に訪れた。店員の通報で駆けつけた同署員に対し、「おばあちゃんから包丁でぺちぺちされた」と話して事件が発覚。取材に応じた店員によると、次女は当時ジャンパーを着ていたが寒さで震え、抱きしめて落ち着かせたという。

     調べに対し、久美子容疑者は「お漏らしをして腹が立った」、亜希子容疑者は「ご飯を食べないので注意したら、にらまれて腹が立った」などと供述。次女の腹や足には複数の傷があり、久美子容疑者は「昨年10月からしつけのためにたたいていた」と説明しているという。同署は日常的な虐待がなかったか調べている。

     久美子容疑者の逮捕容疑は10日、自宅で次女の腕をストーブに押しつける暴行を加えたとしている。亜希子容疑者は9日、次女の顔に包丁の刃を当てた疑いがある。

     同居する長女(6)と三女(4)にけがはなかったが、児童相談所は12日に次女を含む3人を一時保護した。

    2018.1.12 17:59
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/smp/west/news/180112/wst1801120079-s1.html

    関連スレ
    【兵庫】10円玉握り「おなかすいた」 コンビニで5歳女児保護 傷害容疑で実母ら逮捕 ストーブに押し付け、包丁で傷つけるなど暴行★7
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515782431/
    【【兵庫】「包丁でぺちぺちされた」コンビニで保護された5歳女児への傷害容疑 母と祖母を逮捕 長女と三女も保護】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/12 17:04:33.16 ID:aqak8ErXa.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000014-kobenext-l28
    次女(5)の腕をストーブに押しつけるなどしたとして、兵庫県警伊丹署は12日、傷害の疑いで、伊丹市の無職の女(26)と、女と同居する会社員の母(47)を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

     逮捕容疑は1月10日ごろ、女が自宅で次女の左腕をストーブに2度押しつけてやけどを負わせたほか、同9日ごろ次女の祖母にあたる女の母が、顔に包丁を当てるなどしてけがを負わせた疑い。

     同署によると、11日夜、自宅近くのコンビニエンスストアに次女が10円硬貨を握りしめて訪れ、「おなかがすいた」と店員に言ったことから、不審に思った店員が110番した。次女は素足のまま靴を履いており、つま先が紫色になっていたという。

     容疑者宅は7人家族で長女(6)、三女(4)も一緒に暮らしている。
    【【虐待】10円硬貨を握りしめて訪れ「おなかがすいた」コンビニで5歳女児保護【40代の祖母って……】】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/30 10:24:49.16 ID:CAP_USER9.net
    ■殺人容疑も視野

     「遺体は骨と皮だけ。ひどすぎる」。捜査幹部は愛里さんが強いられた劣悪な監禁生活をこう語った。

     二重扉で中から開けられないようになった約2畳の部屋。簡易トイレを除けば1畳ほどで、窓がないため外光は入らず、暖房器具もない冷え切った空間だ。

     23日の遺体発見時、愛里さんは身長145センチに対し体重は19キロしかなく、極度にやせ細っていた。最近は1日1食しか与えられず、胃に内容物はなかった。

     死体遺棄容疑で逮捕された父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)はダイニングのモニターで隔離部屋を監視していた。「動かなくなった」。別居している愛里さんの妹に事情を伝えた後、2人で自首した。

    娘の体調への認識が捜査の焦点

     衰弱が分かっていて放置していれば監禁致死や殺人容疑の適用も視野に入る。今後は愛里さんの体調についての認識が焦点になる。両容疑者の供述によれば監禁の始まりは「16、17歳ごろ、精神疾患で暴れるようになったため」。捜査関係者によると、障害年金を受給していたといい、申請要件から過去に医療機関を受診した可能性はある。

     ただ一家は寝屋川市の障害者福祉を受けておらず、詳しい病状は不明。両容疑者は「小学生のときに発症した」としているが、6年の同級生はそうした兆候に気づいておらず、この点の解明も今後の捜査のポイントになる。

    配信2017.12.30 08:05更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171230/wst1712300013-n2.html
    【【寝屋川監禁】「遺体は骨と皮だけ。ひどすぎる」 モニターで隔離部屋を監視していた母親「動かなくなった」と次女に伝え自首】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/29 06:01:58.29 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000049-mbsnewsv-l27

    大阪府寝屋川市で両親に監禁された33歳の女性が凍死した事件で、
    警察が現場に到着した際に女性は服を着ていなかったことがわかりました。

    寝屋川市の自宅で長女の愛里さん(33)の遺体を放置したとして、
    父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)が逮捕されました。
    2人の自首を受けて警察官が現場に到着した際に、愛里さんは毛布の中で
    裸で死亡していたということです。

    2人は愛里さんを16、7年前から2畳ほどの広さのプレハブ小屋に監禁していて、
    警察は少なくとも最近は服を着せずに生活させていたとみています。
    プレハブ小屋には暖房がなく、愛里さんが死亡したとみられる12月18日の
    最低気温は氷点下2.7度でした。

    愛里さんは1日1食しか与えられず死亡時の体重は約19キロだったということで、
    警察は監禁致死容疑などでの立件も視野に捜査しています。
    【【寝屋川長女遺棄】女性は裸で死亡していたことが判明。氷点下でも服を着せずに生活させていた模様】の続きを読む

    1: 紅あずま ★ 2017/12/27 16:38:52.08 ID:CAP_USER9.net
    小6で精神疾患と診断、支援は受けず…監禁死
    讀賣新聞:2017年12月27日 15時00分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171227-OYT1T50066.html

     大阪府寝屋川市の自宅で柿元愛里さん(33)が両親に監禁され、やせ細った状態で死亡した事件で、柿元さんが小学6年生の頃に医療機関で精神疾患と診断されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

     しかし、柿元さんは、寝屋川市の福祉部門に要支援対象者として把握されておらず、ケースワーカーの支援を受けていなかった。
    府警は、両親が、行政とのかかわりを避けていた動機についても詳しく聞く。

     捜査関係者などによると、父親の泰孝(55)、母親の由加里(53)両容疑者(死体遺棄容疑で逮捕)が、長女の柿元さん、次女の4人で現在の自宅に転居してきたのは1995年。
    柿元さんは当時、小学5年生で地元の小学校に通っていた。

    (ここまで301文字 / 残り519文字)
    ※公開部分はここまで
    ※読売プレミアム登録で全文読むことが出来ます



    ▼関連スレ
    【大阪】「死んだ後も一緒にいたかった」 33歳娘の遺体を放置で両親逮捕、16歳からプレハブ小屋で監禁 体重は19キロ/寝屋川
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514239046/

    【大阪寝屋川】33歳長女遺体遺棄 死因は凍死 監禁部屋に暖房器具なし
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514331693/

    【社会】プレハブ監禁か、33歳長女凍死 体重19キロ、大阪・寝屋川★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514238229/
    【【大阪】小6で精神疾患と診断、ケースワーカーの支援受けず…寝屋川市女性監禁死】の続きを読む

    このページのトップヘ