警察

    1: ばーど ★ 2017/12/16 12:22:31.04 ID:CAP_USER9.net
    15日午後11時25分ごろ、神奈川県大井町上大井の国道255号の交差点で、パトカーに追跡されていた20代の男女3人が乗ったとみられる乗用車が、近くに住む武松泉さん(63)の乗用車に衝突した。武松さんは搬送先の病院で死亡した。

     追跡された車は交差点で赤信号を無視したとみられ、運転者らは車を放置して徒歩で逃げた後、3人が現場に戻った。小田原署は自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の疑いで事情を聴き、運転者が特定でき次第、逮捕する方針。

     署によると、パトロール中の署員が警報機の鳴っている踏切に進入した乗用車を目撃。パトカーが現場まで約4キロ追跡していた。

    2017/12/16 12:12
    https://this.kiji.is/314596411021116513
    【【神奈川】パトカーに追跡された車が交差点で赤信号無視し衝突 63歳の女性死亡 4キロ追跡】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/12/15 18:20:48.57 ID:CAP_USER9.net
    覚醒剤ドッキリ「啓発のため」 ユーチューバー無罪主張
    12/15(金) 18:07配信

    JR福井駅そばで8月、覚醒剤に見せかけた白い粉末を警察官の前で落として走り去り、
    警察に追跡や職務質問をさせて業務を妨げたとして、偽計業務妨害罪に問われた
    男性被告の初公判が15日、福井簡裁(小川正照裁判官)であった。
    被告は「覚醒剤撲滅、啓発のためにやった」と述べ、無罪を主張した。

    当時の様子を撮影した映像は「覚醒剤いたずらドッキリ」と題して動画サイト
    「ユーチューブ」に投稿され、100万回以上再生された。

    起訴されたのは、福井県越前市の鹿谷(逮捕時の姓は西坂)大治被告(31)。
    弁護側は、警察官の業務は強制力のある「権力的公務」であり、
    偽計業務妨害罪でいう業務には当たらないとして無罪を訴えた。

    福井簡裁は9月、同罪で罰金40万円の略式命令を出したが、
    被告は不服として正式裁判を求めていた。(山田健悟)

    12/15(金) 18:07配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000069-asahi-soci
    【【裁判】警察官の前で白い粉末を落として走り去る覚醒剤ドッキリ「啓発のためにやった」 ユーチューバー、初公判で無罪主張…福井簡裁】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/14 13:19:00.85 ID:CAP_USER9.net
    http://www.sankei.com/west/news/171214/wst1712140035-n1.html

    長崎県警の警察署に勤務する20代の男性巡査が今年2月、スマートフォン向けゲームで約30万円を使ったことを親に知られたため、怒られるのを嫌がり4日間失踪していたことが14日、分かった。
    県警は11月24日付で本部長訓戒処分とした。

     県警によると、巡査は以前、十数万円の課金が判明して両親に叱られ、スマホゲームをやめると約束。
    「怒られるのが怖く、お金が尽きるまで逃げようと思っていた」と話しているという。

     巡査は、警察署に出勤していた2月2日、クレジットカードの支払いの督促状が実家に届いたことを母親からの電話で知り、うその理由で早退。
    連絡が取れなくなった両親が同4日、行方不明者届を出し、翌日、山口県下関市で、自家用車で移動中の巡査を山口県警の警察官が見つけた。
    【【長崎】スマホ向けゲームに30万円使った事が親に知られ、怒られたくなかった男性巡査が4日間失踪...訓戒処分】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/18 08:05:08.50 ID:CAP_USER9.net
    「事件が動くかもしれない。広島県警の事情聴取を受けていた県警の捜査員の一人が、亡くなった。
    年齢は30代後半だといい、関係者に衝撃が走っている」(地元記者)

    本誌がその情報を得たのは、ちょうど事件発覚から5か月を迎えようとする9月末のことだった。


    広島県警広島中央署の会計課の金庫から、詐欺事件の証拠品として保管されていた現金約8500万円が盗まれていたことが5月8日に発覚。
    “警察署がドロボーに入られた事件”として注目を集めたが、その後の捜査の進展はまったく聞こえてこなかった。

    「セキュリティが厳重なはずの署内で起きた事件ですから、
    当初から警察関係者による内部犯行の線が疑われていたが、仮にも身内の犯行となると捜査は慎重にならざるを得ない。
    事件に関しては厳しい箝口令が敷かれていた」(県警関係者)

    そんな膠着状態の中で、事情聴取を受けていた警察関係者の死が意味するものは──。
    地元関係者の間で憶測が飛びかうなか、10月7日に中国新聞が〈捜査難航 長期化の様相〉と題した事件の続報でこう報じた。

    〈県警の捜査員だった男性1人が自宅で亡くなった。男性は県警の聴取に関与を否定し、関与を裏付ける客観的な証拠も得られていない。
    死亡した詳しい原因は不明だが、自殺の可能性はないという〉

    前出・地元記者は言う。

    「聴取を受けた警察関係者が亡くなったということで各社裏取りに走りました。
    が、捜査の進展がなく、捜査員の死が事件と無関係の可能性もあり、大手メディアは二の足を踏んでいた」

    県警に問い合わせると、捜査員の死亡の事実関係は「全て答えられない」(捜査三課)の一点張り。
    元兵庫県警刑事の飛松五男氏はこう指摘する。

    「私は現役の時に無実の罪で500万円の収賄の疑いをかけられ、監察官室の聴取を受けたことがあります。
    今回のように聴取された人間が何らかの形で亡くなったのであれば、そうした取り調べにも問題があった可能性があり、少なくともきちんとした検証は必要になる。
    聴取を受けた人物が亡くなったこと自体を公にしない姿勢は疑問だし、本気で事件を解決する気があるのか首を傾げたくなります」

    盗難事件は「カネが盗まれた時期さえ特定できていない」(前出・県警関係者)こともあり、長期化すると見られている。
    県警は、捜査の進捗についても「お話しすることはない」(捜査三課)という。謎は深まるばかりだ。

    ※週刊ポスト2017年10月27日号

    http://news.livedoor.com/article/detail/13762860/
    2017年10月18日 7時0分 NEWSポストセブン
    【【社会】広島中央署8500万円盗難事件 30代捜査員の「謎の死」】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2017/08/29 15:16:46.42 ID:CAP_USER9.net
    遭難女性が救助の警官にブチ切れ ブログで「何様なの?」「酷い対応」

     三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、インターネット上で物議を醸している。

     ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。
     地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを決めていなかったので書きませんでした」としている。

    ■「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」

     遭難の経緯と警官への不満をつづったブログは2017年8月28日に投稿された。
     記事での冒頭では、トラブルの詳細について「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」と宣言している。

     女性が遭難したのは下山中のこと。初心者向けだというコースで下山していた際、誤ったルートを進んで道に迷ってしまったという。
     ブログでは「これはもうだめだな、これ以上進んだら死ぬ」と当時の心境を振り返っている。

     その後、女性は携帯電話で警察に救助を依頼。
     近くを通るロープウェイの職員の助けを受けて安全な場所に移動したうえで、救助のために駆け付けた警官と合流したという。

     ロープウェイ職員の対応については「なんて素晴らしい人なんでしょうか」「本当に、ありがとうございました」と感謝の言葉をブログに並べた女性。
     だが、警官の態度については、3000字以上の長文で不満を爆発させている。

     ブログによれば、女性は警官から「単独で登山するとこうゆうことになるんだ」(原文ママ)などと説教を受けた後、詳しい事情を聞くために近くの警察署に移動することを求められたという。

     こうした対応について、女性は「(警官が)なんだかすごく感じ悪かった」「何様なの?」との不満を漏らした上で、

     「登山で道に迷って遭難して救助を要請するなんて、本当に申し訳ないと思っているし、多大なご迷惑をおかけしたと思っているし、来ていただいて本当に感謝してます。でも、でも、それでもやっぱり物申したい気持ちになるような、酷い対応だった」

    と振り返っている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    J-CASTニュース 2017/8/29 15:07
    https://www.j-cast.com/2017/08/29307023.html?p=all
    【【今日の物議】「何様なの?」「酷い対応」山で遭難の30代女性、救助の警官にブチ切れ…ブログの投稿にネットで物議】の続きを読む

    このページのトップヘ