銀行

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/20 17:18:51.50 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000556-san-bus_all
     銀行窓口で販売する保険商品をめぐって、トラブルが絶えない。特に、投資性の高い一時払い保険「外貨建て保険」に対し、高齢者を中心に「元本保証だと思っていたのに損失が生じた」といった相談が寄せられているという。相談件数も多く、国民生活センターが注意を呼びかけている。(飯田耕司)

     銀行窓口で保険商品の販売が全面解禁されてから、昨年12月で10年。一時払いの外貨建て保険のトラブルが目立ち始めた。

     外貨建て保険は、年金や終身があり、顧客から預かった資金を利回りの高い米国債や豪州債などで運用する。保険金や年金、解約返戻金などは外貨で受け取る。ただ、為替相場が円安になれば受け取る資産がかさ上げされる半面、円高ドル安になれば目減りすることになる。このため、投資型商品としての側面が強い。

     この外貨建て保険をめぐって、国民生活センターには相談が相次いでいる。

     「相続税対策として勧められた。元本保証と思っていたら、変額終身保険で、300万円ほど元本が減った」(80代女性)

    「解約しようとしたら、40万円ほど損をするといわれた」(70代女性)

     「払い込みの金額にプラスした金額を受け取れると思っていたが9割しか受け取れなかった。苦情を伝えたら『当時の職員は退職した。損失補償はできない』といわれた」(50代男性)

     といった内容で、平成29年4~11月は前年同月比3割減となったものの、229件と高水準に変わりはないという。相談の多くが高齢者で、全体の8割近くに上っている。

     また、高齢者の親族からの相談も多く、「株取引もしたことがないのに外貨建て保険を勧められた」「銀行は為替リスクがあることを説明したというが、本人が理解しているとは思えないまま契約させた」といった苦情もきているという。

     国民生活センターは、保険契約していること自体に消費者の理解が得られていない▽消費者の希望に合っていない保険の勧誘や契約が行われている▽中途解約時や満期時もトラブルになりやすい▽外貨建て保険は、クーリング・オフしても損失が生じる可能性がある-ことが問題点だと指摘。消費者に対し、「内容が分からなければ契約はしないことや、リスクや契約期間の確認をすべきだ」と注意を呼びかけている。

     背景には、日銀のマイナス金利政策の影響で、利ざやが確保できないかわりに、保険商品を保険会社の代わりに「代理販売」することで、販売手数料を稼ぎたいという銀行側の思惑も透けてみえる。金融庁は、銀行が生命保険会社から受け取る手数料が高い保険を優先して販売している可能性もあるとして、販売手数料を商品別に開示するなどの対策を打ち出しているが、「投資性商品と説明して販売していないならば問題」として動向を注視していく方針だ。

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180119-00000556-san-000-4-view.jpg
    【【投資商品】「元本減った」高齢者トラブル絶えず 銀行窓口販売の「外貨建て保険」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/31 09:54:37.92 ID:Hh784mIo0.net
    3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論
    http://www.sankei.com/economy/news/171231/ecn1712310006-n1.html

     三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、
    銀行口座の維持にかかる費用を手数料として預金者から徴収できるか
    検討を始めたことが30日、分かった。日銀のマイナス金利政策で
    銀行が利益を出しにくくなったことが最大の要因で、本格導入は
    国内銀行で初めて。平成30年度中にも結論を出す考えだ。

     3メガは保有する株式や国債の価格が高止まりしていることもあり、
    30年3月期の収益は高水準とみられるが、日銀の大規模金融緩和で
    「金余り」が続き、企業向け貸し出しは伸び悩んでいる。さらに、
    28年のマイナス金利政策の導入で金利が低く抑えられ、
    銀行の利ざや(貸出金利と預金金利の差)は縮小を余儀なくされている。
    東京商工リサーチによると、29年3月期決算で国内114行の
    64%で利ざやが減少した。

     3メガとも収益改善を目指し、まずは人工知能(AI)による
    効率化などで店舗の統廃合を進め、3メガ単純合算で
    3万2千人分の業務量を減らす。

     ただ、今後もマイナス金利政策が続く場合は、こうしたリストラだけでは
    お金を預かって貸し出すという本来業務で収益を生み出せなくなるという。
    このため、3メガは企業向け、個人向けの預金口座について
    口座維持手数料の徴収が可能か慎重に検討。
    個人向けは年間数百~数千円が軸とみられる。
    【【悲報】銀行さん、口座維持手数料を検討へ 口座を持つだけで年数千円引き落とし】の続きを読む

    1: ティータイム ★ 2017/12/17 20:39:06.69 ID:CAP_USER9.net
    テレビ朝日 2017/12/17 16:04

    イオンがATMではなく、スーパーの店頭のレジから現金を引き出せるサービスを来年4月から開始することが分かりました。

    このサービスは「キャッシュアウト」と呼ばれ、顧客が銀行のキャッシュカードを使い、レジから引き出したお金は口座から引き落とされる仕組みです。
    国内で導入されるのは初めてで、来年4月にスーパー100店舗ほどでサービスを開始し、来年度中には約400の全店舗に拡大する予定です。現金引き出しの際の手数料については検討中だということです。
    このサービスはクレジットカードを使わない若年層や高齢者、ATMが近くにない地方在住者などに需要が高いとされ、イオンはスーパーの利便性を高めることで、売り上げにつなげたい考えです。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000116862.html
    【【経済】イオン、現金をスーパーのレジで引き出せるサービスを導入へ 国内初】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/10/08 11:08:20.47 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00001233-tokaiv-l23

    名古屋駅近くの銀行で3日、出入り口にダンプカーを衝突させ、
    ガラスを壊したとして逮捕された男が銀行に対して不満があり、
    一方的に恨む供述をしていることがわかりました。

    名古屋市南区鳴尾町の無職・山本充孝容疑者(70)は3日、
    中村区名駅4丁目の「愛知銀行名古屋駅前支店」の出入り口に
    ダンプカーを繰り返し衝突させ、ガラスを壊した建造物損壊の
    疑いが持たれています。

    その後の調べに対し、山本容疑者は「口座に入れた金が
    クレジットカード会社に引き落とされ、腹がたった」などと銀行を
    一方的に恨む供述を繰り返していることがわかりました。

    また、犯行に使用したダンプカーは名古屋市内で借りたレンタカー
    だったことがわかり、警察は山本容疑者が計画的に犯行に及んだ
    ものとみて動機などを詳しく調べています。
    【【社会】銀行にダンプカーを衝突させた男「口座に入れた金がカード会社に引き落とされて腹が立った」。名古屋市】の続きを読む

    1: 曙光 ★ 2017/06/11 13:09:06.74 ID:CAP_USER9.net
    預金残高ついに1000兆円 回らぬ経済象徴
    2017/6/10 21:25日本経済新聞 電子版

     金融機関に預金が集まり続けている。銀行や信用金庫などの預金残高は2017年3月末時点で、過去最高の1053兆円となった。日銀のマイナス金利政策で金利はほぼゼロにもかかわらず、中高年が虎の子の退職金や年金を預け続けている。
    預金は銀行の貸し出しの原資だが、今は活用されないまま積み上がる「死に金」。沸き立たぬ日本経済の今を映し出す。

     「預金を集めているわけではないんだが」。大手銀行幹部は苦笑する。メガ…

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC24H01_Q7A610C1EA2000/?dg=1
    【【死に金】預金残高がついに1000兆円を超え過去最高に…大手銀行幹部「預金を集めているわけではないんだが(苦笑)」】の続きを読む

    このページのトップヘ