高速道路

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/18 03:44:23.97 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000094-asahi-soci

     東京都府中市は17日、東北道を時速192キロで走り、警察に道路交通法違反(速度超過)で摘発され、懲役4カ月執行猶予3年の判決が確定した50代の男性職員が失職したと発表した。

     市職員課の説明では、職員は2016年9月25日午前3時15分ごろ、自家用車で埼玉県内の東北道下り線(制限速度100キロ)を走行、速度違反自動監視装置(オービス)に192キロが記録された。
    この日は休日だったという。翌年1月に道交法違反罪で起訴され、東京地裁立川支部で懲役4カ月執行猶予3年の判決を受けた。「刑が重すぎる」として最高裁まで争ったが、1月16日に確定したため、地方公務員法により失職した。失職は16日付。

     職員は速度違反による摘発を職場に自己申告。刑の確定まで勤務していた。退職金などは今後、検討するという。
    同課は「92キロの速度オーバーは驚くべきスピード。法令を守るべき職員が、このような不祥事を起こし、深くおわび申しあげる。信頼回復に努めたい」と話した。(前多健吾)
    【【社会】東北道を時速192キロで走り、警察に摘発された東京都府中市職員が失職...判決が確定したため】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/12/28 11:41:03.19 ID:CAP_USER9.net
    北陸道で衝突事故、子ども2人意識不明 新潟・長岡
    12/28(木) 10:28配信

    28日午前3時20分ごろ、新潟県長岡市芹川町の北陸道下り線で、
    神奈川県藤沢市の地方公務員田畑小百合さん(47)の乗用車に2台の大型トラックが相次いで衝突した。
    県警によると、田畑さんの息子で中学1年の太一さん(13)と、
    娘で小学5年の美貴さん(11)が意識不明の重体。田畑さんも頭にけがをした。

    県警の調べでは、田畑さんの車は走行車線に止まっていた。
    太一さんと美貴さんは後部座席にいたという。東日本高速道路によると事故当時、
    道路に雪が少し積もっていて、チェーン規制と速度50キロ規制が敷かれていた。

    12/28(木) 10:28配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000025-asahi-soci
    【【新潟】北陸道で衝突事故、子ども2人が意識不明の重体 走行車線に止まっていた車に大型トラック2台が相次いで衝突…長岡市】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/10/08 21:23:05.24 ID:CAP_USER9.net
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3179057.html

    今年6月、神奈川県の東名高速で「追い越し車線」に止まっていた車に後続車が追突し、
    静岡県の夫婦が死亡する事故がありました。夫婦は事故の直前に注意した車に
    高速道路上を追いかけられ、無理やり「追い越し車線」に止められた疑いがあることが分かりました。

    今年6月、神奈川県大井町の東名高速下り線で、追い越し車線に止まっていたワゴン車に
    大型トラックが追突するなどの事故がありました。

    この事故で、ワゴン車を運転していた静岡県の萩山友香(当時39)さんと夫の嘉久(当時45)
    さんが死亡しました。萩山さん夫婦の車には長女と次女も乗っていて、2人は軽傷でした。

    このうち長女がJNNの取材に応じ、「事故の直前、パーキングエリアの出口をふさぐように
    止まっていた白い乗用車に注意したところ、高速道路上を追いかけられ、無理やり
    追い越し車線に止められた」と話しました。

    「猛スピードで白い車が追いかけてきて、さっき怒った車だってことが分かって、ちょっと
    逃げようとしたんですけど、車を前につけられてどうしても止まらなくてはいけないふうに
    なってしまって、(男性が)車から降りて急につかみかかって(お父さんが)胸ぐらつかまれて、
    さっきのはけんかうってるのか、調子乗るんじゃねーよとか、高速道路にお前投げてやろうかとか」
    (萩山さんの長女)

    事故が起きたとき、白い乗用車は追い越し車線で萩山さん夫婦のワゴン車の前に止まっていて、
    運転していた男性は重傷でした。

    男性は、取材に対し「パーキングエリアで邪魔だと言われ、けんかになった」とトラブルが
    あったことは認める一方で、「高速道路で追い抜いたらあおられたので、止まれという意味だと思い、
    止まった」と反論しています。

    この事故について、警察は慎重にいきさつを調べています。


    元ニュース
    車4台の事故 2人死亡、4人重軽傷 神奈川・大井(2017年6月6日)
    https://mainichi.jp/articles/20170606/k00/00e/040/199000c

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507461732/
    1が建った時刻:2017/10/08(日) 18:41:13.20
    【【社会】東名高速で夫婦が死亡した追突事故、注意した車に追いかけられ無理矢理追い越し車線に止められる。長女が証言】の続きを読む

    1: のっぺらー ★ 2017/08/22 12:45:11.44 ID:CAP_USER9.net
    21日午後5時35分ごろ、磐越道の猪苗代磐梯高原―磐梯熱海インターチェンジ(IC)間上り線で
    「自転車が高速道を走っている」と複数のドライバーから110番通報があった。

    県警高速隊によると、駆け付けた警察官が約20分後、
    磐梯熱海IC料金所付近で自転車に乗った男性(29)を発見した。
    男性は県外から訪れ「間違って進入してしまった」などと話しているという。

    この影響で、同区間の上り線が約25分にわたり通行止めになった。

    以下ソース:福島民友新聞 2017年08月22日 08時45分
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170822-197649.php
    【【福島】「自転車が高速道走ってる」 磐越道に29歳男性「間違って...」】の続きを読む

    1: フリーキック ★ 2017/08/09 19:56:56.71 ID:CAP_USER9.net
    高速道路の合流が厄介なのは、簡単にいえば、高速道路本線を流れるクルマの速度が速いから。
    合流が苦手になる最大の原因は、合流前の加速不良と言えるだろう。

    高速道路に不慣れなドライバーは、普段、一般道で速くても時速50~70キロぐらいの速度しか体験していない。必然的に時速70キロぐらいに達すると、
    十分「高速」と感じはじめてしまうだろうが、高速道路の流れ=時速100キロ=秒速27.7メートルと、時速70キロ=秒速19.4メートルでは、
    1秒間で8.3メートルも進む距離が変わってくる。

     つまり、1秒前にバックミラーで確認したクルマが、1秒後には8.3メートルも接近しているわけで、その速度差を計算して間合いを測り合流するのは、
    誰がやっても容易ではないということ。

    ▼では、どうすれば簡単に合流できるかというと、

    本線を走るクルマと、これから合流する自車との相対速度差をゼロにすればいい。
    より実践的にいえば、本線の走行車線(一番左側の第一車線)を走るクルマより、10%ぐらい速い速度まで加速レーンで加速して、
    加速レーンのはじまり付近で並んだクルマより、少し前に出るようにして合流するのが一番簡単!

     通常、第一走行レーンには、時速80キロで働く速度リミッター付の大型トラックなどが多く走っている。
    普通の乗用車なら、加速レーンでアクセルを目一杯踏んで(床まで踏んで)加速すれば、加速レーンの2/3ぐらいまでに、時速100キロほどまで加速できる。

     そこで一度サイドミラーで本線を走るクルマの位置を確認し、時速100キロなら時速100キロをキープしたまま、加速レーンの一番先まで直進し、
    合流直前に今度はミラーではなく、直接目視で本線のクルマの位置を確認して合流すればOK!

     合流される本線側のドライバーからすれば、加速車線をノロノロ走って、優柔不断そうなクルマに前に入られるのは「勘弁」という気持ちにもなるので、
    愛車の動力性能をいかんなく発揮し、本線の流れを乱さない、スマートな合流を心がけよう。

    ▼4つのポイントを意識すればスムースに合流できる

     合流が苦手な人ほど、加速レーンの長さを半分も使わずに、より早く本線に合流しようとし、
    また、サイドミラーで確認した本線を走るクルマの後ろに入ろうとする傾向がある。
    じつは、その二つこそ、合流を難しくしている要素なのだ。スムースかつ安全に合流するためには下記のとおり。

    ①合流レーンに入ったら、時速100キロを目指してフル加速。AT車なら、遠慮なくアクセルを床まで踏む。少々エンジンの回転数は高くなるが、
    コンピュータがギヤと回転数を制御するので、エンジンや車体にはまったくダメージはない。むしろ高速道路の合流ぐらいは、エンジンを全開で回したほうが、
    エンジンの調子は確実に良くなる。MT車でも、3速ぐらいのギヤで思いっきり加速する。

    ②加速開始と同時に、ミラーで、本線を走るクルマの位置と速度をチェック。

    ③大型トラックなど、比較的ゆっくり走っているクルマを見つけ、そのクルマを追い抜くようなつもりで加速する。

    ④合流する前に、目視でもう一度本線のクルマの位置を確認し、合流車線を最後まで使い切るようにして、目標にしたクルマの前に、車間距離を十分取りながら合流する。
    とにかく、十分加速して、自分が合流したことで、本線を走るクルマにブレーキを踏ませたりしないようにするのが、大きなポイント。
     状況によって、本線を走るクルマと並走するようになった場合は、そのクルマの後ろに入るというパターンでももちろんOK。

     いずれにせよ、ある程度の想いっきりのよさは、合流には必要。合流車線に入ったときから、ウインカーを出しっぱなしにし、
    何度も走行車線側に顔を向け、「お願いします」と片手を上げるようなしぐさをする暇があったら、しっかり前方を見て、思いっきり加速する方がはるかに肝心。

    https://www.webcartop.jp/2017/08/141125/2
    https://www.webcartop.jp/2017/08/141125
    【【社会】 苦手な人も多い高速道路での合流のコツとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ