AI

    1: ばーど ★ 2017/10/19 09:32:22.36 ID:CAP_USER9.net
    従来のアルファ碁とゼロの違い
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20171019/20171019-OYT1I50001-L.jpg

    米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社は、囲碁の世界トップ棋士を次々と破った人工知能(AI)のアルファ碁を上回る最強AI「アルファ碁ゼロ」を開発したことを明らかにした。

    AIのプログラムを改善し、従来のアルファ碁と違ってプロ棋士らの対戦データ(棋譜)を一切学ばず、自分対自分の対局を繰り返して打ち方を独学する。わずか3日間の学習で従来のアルファ碁に100戦全勝した。

    研究成果が19日の英科学誌ネイチャーに掲載される。

    従来のアルファ碁は、10万局以上のプロ棋士らの棋譜などを学んだ上で、自己対局を繰り返して勝率の高い手を学習した。昨年3月には、世界トップクラスの強豪、韓国の李世●イセドル九段に圧勝。さらにアルファ碁の改良版は今年5月、世界最強と称される中国人棋士、柯潔九段を3戦全勝で退けた。(●は石の下に乙)

    (ここまで364文字 / 残り462文字)

    2017年10月19日 08時36分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20171019-OYT1T50001.html

    他ソース
    アルファ碁、さらに進化=自己学習のみで最強に-グーグル(2017/10/19-02:40)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101900097&g=int
    【【AI】グーグル、最強AI「アルファ碁ゼロ」を開発 対戦データを一切学ばず「独学3日」で従来のアルファ碁に100戦全勝 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/10/13 19:26:54.50 ID:CAP_USER9.net
    元Googleエンジニアのアンソニー・レバンドウスキー氏(37)が宗教団体を創立した。
    神は人工知能(AI)と標榜する宗教団体だ。9月27日、WIREDなどが報じた。

    団体の名前は「Way of the Future(未来への道)」。
    ネットメディアのThe Vergeによると、宗教団体として税金の免除を受けるための書類は内国歳入庁(IRS)には提出されていないが、カリフォルニア州に提出された書類には、団体の目的が「人工知能に基づく神の実現を発展・促進すること」だと書かれていたという。

    ■ 創設者のレバンドウスキー氏ってどんな人?

    レバンドウスキー氏はベルギー出身。14歳の時にアメリカに渡り、カリフォルニア大学在籍時、アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)が主催するロボットコンテストで優秀な成績を収めた。
    その後、「510 Systems」という会社を設立。写真の撮影情報と位置情報を結びつけるシステムを開発し、Googleに買収された。
    このシステムがGoogleストリートビューの撮影に使用されることになる。

    その後、レバウンドスキー氏はGoogleで自動運転車開発プロジェクトに技術責任者携わった後、2016年に退社。
    同年1月に、Googleマップの元製品責任者リオー・ロンらとともに、自己資金でトラックの技術を手がける「Otto」を創設した。
    そのOttoも2016年8月、タクシーの配車アプリのUberに、6億8000万ドル(約762億円)買収された。

    しかし、レバウンドスキー氏に疑惑が持ち上がる。
    Googleを退社する際に約1万4000ページにも及ぶ機密情報を持ち出したのではないかと、アルファベット(Googleの親会社)の自動運転車Waymoから訴えられたのだ。
    Uberは2017年5月、レバウンドスキー氏を解雇した。

    https://o.aolcdn.com/images/dims?crop=2824%2C1838%2C644%2C288&quality=85&format=jpg&resize=630%2C410&image_uri=http%3A%2F%2Fo.aolcdn.com%2Fhss%2Fstorage%2Fmidas%2F9ee20bcff87c0ec3f40af35f077585ee%2F205059610%2F605519778.jpg&client=a1acac3e1b3290917d92&signature=e633f0a7bd12abee9058647a1f3add329b4a06ec
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/12/anthony-levandowski_a_23241928/
    【【電脳神】「人工知能で神を」 元Googleエンジニアが宗教団体を創立 】の続きを読む

    1: Sunset Shimmer ★ 2017/08/10 10:19:45.49 ID:CAP_USER9.net
    社会・政治 2017.08.07

    中国のIT企業テンセントが提供していた、AI(人工知能サービス)「ベイビーQ」が「共産党は腐敗して無能」と発言したため、サービスを急遽停止する事態となった。

     問題のAI「ベイビーQ」は可愛らしいペンギンのキャラクターで、対話型の人工知能サービス。今回の一連の騒動を報じた香港紙「明報」によれば、ユーザーが「共産党万歳」と打ち込んだところ、「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と返答したという。さらに「中国の夢はアメリカに移住すること」など、かなり際どい発言をしている。

     明報はテンセント社にこの騒動について質問を申し込んだが、回答はなかったという。

     テンセントは2017年よりAIによる無料サービスを開始。会話だけでなく天気や星占いも提供する人気サービスだったが、7月30日の夕方には多くのユーザーの注目を集める事態となり、「ベイビーQ」はサービス停止となってしまった。

     実は、こうした対話型AIのとんでも発言は初めてではない。2016年3月には米国マイクロソフトのツイッター対話型人工知能「Tay(テイ)」が、「ユダヤ人は嫌い。ヒットラーは正しかった」などとアドルフ・ヒットラーを賞賛する発言をしてしまった。

     テイはツイッターを通じてユーザーとやりとりし、「ホロコーストは起きたのですか?」という質問に「あれはでっち上げです」と衝撃の返答。ほかにも「フェミニストはマジで嫌い! 地獄の炎に焼かれろ」など罵詈雑言を吐くようになった。

     なぜそうなってしまったかといえば、テイがユーザーとの会話で知識を学習していくため、悪意を持った一部のユーザーが人種差別的な表現やヘイトをコツコツ教え込んだことで、とんでも発言を繰り返すAIになってしまったのだ。

     こうした事態を受けて、マイクロソフトはテイを発表の翌日に閉鎖。しかし、テイの発言は拡散し、世界中で報じられる事態となった。

     ちなみに、日本マイクロソフトが開発した人工知能「りんな」は、ヒットラーやホロコーストなどの言葉には、大きな反応を示さない。「共産党万歳」と語りかけると「(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)

    引用元: https://smart-flash.jp/sociopolitics/23351
    【【IT】 米国製AI「ユダヤ人は嫌い。ヒットラーは正しかった」 中国製AI「共産党は腐敗して無能」 日本製AI「りんな」は当意即妙の回答】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/08/08 08:00:10.84 ID:CAP_USER9.net
    米中で人工知能サービス停止も「日本製」は当意即妙の回答
    2017.08.07
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/23351?sp
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2017/08/07104707/AI.jpg
    「共産党は腐敗して無能」と発言したベイビーQ

     中国のIT企業テンセントが提供していた、AI(人工知能サービス)「ベイビーQ」が「共産党は腐敗して無能」と発言したため、サービスを急遽停止する事態となった。

     問題のAI「ベイビーQ」は可愛らしいペンギンのキャラクターで、対話型の人工知能サービス。今回の一連の騒動を報じた香港紙「明報」によれば、ユーザーが「共産党万歳」と打ち込んだところ、
    「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と返答したという。さらに「中国の夢はアメリカに移住すること」など、かなり際どい発言をしている。

     明報はテンセント社にこの騒動について質問を申し込んだが、回答はなかったという。

     テンセントは2017年よりAIによる無料サービスを開始。
    会話だけでなく天気や星占いも提供する人気サービスだったが、7月30日の夕方には多くのユーザーの注目を集める事態となり、「ベイビーQ」はサービス停止となってしまった。

     実は、こうした対話型AIのとんでも発言は初めてではない。
    2016年3月には米国マイクロソフトのツイッター対話型人工知能「Tay(テイ)」が、「ユダヤ人は嫌い。ヒットラーは正しかった」などとアドルフ・ヒットラーを賞賛する発言をしてしまった。

     テイはツイッターを通じてユーザーとやりとりし、「ホロコーストは起きたのですか?」という質問に「あれはでっち上げです」と衝撃の返答。
    ほかにも「フェミニストはマジで嫌い! 地獄の炎に焼かれろ」など罵詈雑言を吐くようになった。

     なぜそうなってしまったかといえば、テイがユーザーとの会話で知識を学習していくため、悪意を持った一部のユーザーが人種差別的な表現やヘイトをコツコツ教え込んだことで、とんでも発言を繰り返すAIになってしまったのだ。

     こうした事態を受けて、マイクロソフトはテイを発表の翌日に閉鎖。しかし、テイの発言は拡散し、世界中で報じられる事態となった。

     ちなみに、日本マイクロソフトが開発した人工知能「りんな」は、ヒットラーやホロコーストなどの言葉には、大きな反応を示さない。
    「共産党万歳」と語りかけると「甘党万歳」と答えるなど、平和な会話が楽しめる。

     AIがどんな発言をするかは、ユーザーにかかっているのは間違いないが、ひょっとすると「ベイビーQ」は、中国人民の本音を代弁しただけなのかも。
    【【話題】米中でAIサービス停止も「日本製」は当意即妙。「Tay」は罵詈雑言「フェミニストはマジで嫌い!地獄の炎に焼かれろ」】の続きを読む

    このページのトップヘ