Intel

    1: サーバル ★ 2018/01/10 14:19:38.52 ID:CAP_USER9.net
     IntelやAMDなどの主要プロセッサに「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性が発覚した問題で、米Microsoftは1月9日、対策パッチがWindowsマシンのパフォーマンスに及ぼす影響についての調査結果を公表した。

     この脆弱性に対処するため、Microsoftは9日までに、現在サポートしているWindowsの45エディションのうち、41エディションについてWindows Update経由で対策パッチを配信。残るエディションについても近くパッチを配信する予定としている。

     こうした対策パッチがPCやサーバのパフォーマンスに与える影響については、Microsoftのベンチマークテストの結果、「2017-5753」(Spectre)と「2017-5754」(Meltdown)の脆弱性については影響は最低限にとどまるものの、「2017-5715」(Spectre)の脆弱性に対処したパッチでは、パフォーマンスへの影響が確認されたという。

    対策パッチが、Windowsマシンのパフォーマンスに及ぼす影響についての調査結果を米Microsoftが公表した
     特に、IntelのHaswell(開発コード名)などを搭載した2015年代以前のPCについては、ベンチマークで相当の減速が確認されたといい、Windows 10では「一部ユーザー」が、Windows 8とWindows 7では「大部分のユーザー」が、パフォーマンスの低下に気付くだろうと予想している。

     また、Windows Serverではプロセッサの種類を問わず、緩和策を適用すればパフォーマンスに相当の影響が出ることが分かった。このため、Windows Serverのインスタンスごとに慎重なリスク評価を行って、セキュリティとパフォーマンスの間でバランスを取る必要があるとしている。

     一方、IntelのSkylakeやKabylakeなどのCPUを搭載した、2016年代以降のWindows 10マシンについては、1ケタ台の減速が認められたものの、ミリ秒単位の遅延であるため、ほとんどのユーザーは気付かないと説明している。
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/spv/1801/10/news054.html
    【【Meltdown】Intel CPU脆弱性にパッチ、Skylake以降かつWindows10のマシンは性能影響なし それ以外は大幅に性能低下】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/01/05 11:18:50.59 ID:CAP_USER9.net
     【ニューヨーク共同】米調査会社ガートナーは4日、韓国のサムスン電子が2017年に半導体の売上高で米インテルを抜き、初めて世界で首位に立ったと発表した。首位の交代は1992年以来、25年ぶりとなり、半導体の世界市場の勢力図が塗り替わった。

     サーバーやスマートフォン向けメモリーといったサムスンの主力製品の需要が増えているため。一方、日本勢で最高だった東芝は8位で、日本メーカーの劣勢ぶりが鮮明になっている。

    配信2018/1/5 11:14
    共同通信
    https://this.kiji.is/321834408683963489
    【【半導体売上高】サムスン、半導体で初首位 25年ぶり、インテル陥落 東芝8位、日本メーカーの劣勢ぶりが鮮明に】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/03 19:12:00.07 ID:A2lt1uDb0.net
    2018年01月03日 11時16分00秒Intelのプロセッサチップに根本的な設計上の欠陥が発覚、各OSにアップデートの必要性
    https://gigazine.net/news/20180103-intel-processor-design-flaw/


    ここ10年間に製造されたIntelのプロセッサに、設計上の欠陥が見つかりました。最悪の場合、パスワードやログインキー、キャッシュファイルなどが格納され
    たカーネルメモリーの内容を読み取られる恐れがあるとのことなのですが、Intel x86ハードウェアに存在する欠陥のため、マイクロコードアップデートでは対応
    不可能で、各OSがソフトウェアレベルで修正をかけるか、バグのない新たなプロセッサを導入する必要があるとのこと。


    対策の1つとして、カーネル・ページ・テーブル・アイソレーションを利用して、カーネルメモリーをユーザープロセスから
    完全に分離する方法が挙げられていますが、この方法だとIntelのプロセッサを搭載したPCの動作速度は落ちることになります。
    【ここ10年IntelのCPU全てに設計上の欠陥、対策で性能数割ダウン】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/06/29 22:55:30.46 ID:CAP_USER9.net
    「Skylake-X/Kaby Lake-X」予価提示、Intelは全般下落でCore i7-7700Kは4万円割れ - AKIBA PC Hotline!
    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/price/monthly_repo/1067829.html
    サハロフ佐藤(佐藤 純一)2017年6月29日 07:05

     Intelの次期最上級PC向け新製品「Core X」の予約受け付けが、秋葉原の一部ショップで開始された。6~10コアの「Skylake-X」3機種と、4コアの「Kaby Lake-X」2機種、合計5機種から成る。

     店頭に提示された予価は、10コア20スレッドのCore i9-7900Xが税込124,980円、8コア16スレッドのCore i7-7820Xが税込74,980円、6コア12スレッドの7800Xが税込49,800円、4コア8スレッドの7740Xが税込42,980円、4コアのCore i5-7640Xが税込30,980円。対応するLGA2066マザーボードは、週明けの26日(月)から出回り始めた。

     価格面では、LGA2011 v3対応の「Broadwell-E」が一部で急落。最上位で10コア20スレッドのCore i7-6950Xが前回比6,978円安の税込192,800円、8コア16スレッドのCore i7-6900Kが15,418円安の税込112,000円などとなっている。ただし、最安値と次点の間には数千円から1万円の開きがあり、調査後に安値品が売り切れた場合は従来のお値段だ。
    【【自作PC】 i9-7900Xは税込124,980円 「Skylake-X/Kaby Lake-X」予価提示、Intelは全般下落でCore i7-7700Kは4万円割れ[06/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ