LINE

    1: ばーど ★ 2018/01/31 18:44:32.98 ID:CAP_USER9.net
    ソフトバンクは31日、LINE子会社の格安SIM業者「LINEモバイル」の株式の51%を取得すると発表した。残る49%は引き続きLINEが持つ。LINEモバイルのブランド名やサービスはそのまま残す一方、現在はNTTドコモから借りている回線をソフトバンクに切り替える。

     LINEは2016年に格安SIM事業に参入し、LINEやフェイスブックの利用に通信費がかからないサービスを打ち出した。契約者数は公表していないが、関係者によるとシェアは1~2%にとどまっているという。

     LINEモバイルは、ソフトバンク傘下に入ることでiPhoneなどの人気機種を調達しやすくなる。ソフトバンクにとっては回線の貸し出しが新たな収益になる。

     ただ、回線が変わると、ドコモが販売した端末の一部が使えなくなるおそれがある。ソフトバンクは「お客様に迷惑がかからない方策を検討する」としており、一部の利用者には引き続きドコモ回線を提供するとみられる。

     格安SIM業界はドコモなど大手の値下げで新規契約の獲得が伸び悩んでおり、昨年9月には業界6位だったフリーテルの運営会社が楽天に事業を売却した。(上栗崇)

    2018年1月31日17時35分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL105QB7L10ULFA02C.html?iref=sptop_8_02
    【【企業】LINE携帯事業にソフトバンク出資 株式の51%取得 ブランド名はそのまま、回線はNTTドコモ→ソフトバンク】の続きを読む

    1: 的井 圭一 ★ 2018/01/31 10:54:09.36 ID:CAP_USER9.net
    通信アプリ大手のLINEは、アプリを使って仮想通貨の事業に新たに参入すると発表しました。
    LINEによりますと、今月、金融事業を行う子会社を設立し、アプリ上で現金と仮想通貨の交換を手がけるとともに取引所の運営も行うということです。
    LINEは仮想通貨を取り扱うため金融庁への手続きを始めています。

    NHKニュース
    1月31日 10時50分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180131/k10011309471000.html
    【【仮想通貨】LINE、仮想通貨参入へ 取引所も運営 金融庁への手続き始める】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/26 06:42:21.08 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000051-zdn_n-sci

    今年は「Google Home」「Amazon Echo」などスマートスピーカーが日本で発売され、
    音声入力がより身近になった年だった。2016年に米国で発表された未来のネット予測レポート
    「INTERNET TRENDS 2016」では、20年には音声によるWeb検索が50%を占めるようになると
    予想されていた。

    しかし、いまだに「音声入力は恥ずかしい」という声も根強い。KDDIが17年10月に発表した調査結果は、
    「日本人の7割が人前で音声検索するのは恥ずかしいと感じている」というものだった。
    確かに街中など公共の場で音声入力するのは少し気後れするが、家の中で使うスマートスピーカーは
    どうだろうか。意外と多いのが“起動ワード”(ウェイクワード)に関する声だ。

    ●「OK、Google」なんて言わない

    iPhoneの「Siri」を筆頭に、Googleアシスタント、Amazon Alexa、Clovaなどの音声アシスタントには、
    それを起動させるためのワードがある。

    Siriは「Hey、Siri」で、Googleアシスタントは「OK、Google」、Clovaはそのまま「Clova」と呼ぶと
    音声操作を受け付ける状態になる。ちなみに、Amazon Alexaは「アレクサ」「エコー」「アマゾン」
    「コンピュータ」の4種から選べ、コンピュータと設定すると、「スター・トレック」っぽくなるという
    ライフハックもある。

    音声アシスタントを使わない理由を聞いてみると、「突然Hey、Siriなんて言うのはおかしい」
    「OK、Googleという言葉が恥ずかしい」など、ウェイクワード自体が日本人になじんでいないという
    指摘は少なくない。「ねぇ、Google」といった話し言葉に近いものもあるが、「モノに話しかけている感」
    が残る。「もしもし」「すみません」などより日常会話に近い導入の方がいいという声も上がっていた。

    スマートフォンと違い、スマートスピーカーは基本的に持ち歩かずに自宅で使うもの。
    グーグルの徳生裕人さんは「日本人は文化的に話しにくいというのもあるかもしれない。
    電車の中より、自宅という環境下ならはるかに話し掛けやすく、今後の普及につながるのでは」と
    期待を寄せていたが、スマートスピーカーが“音声入力の壁”を越える1つのきっかけになるかもしれない。

    ●音声入力に抵抗ない世代

    音声入力への抵抗が低い世代もある。

    11月にMMD研究所が発表した調査では、「スマホの音声入力機能を普段から利用している」
    人の割合は10代が最も高く、「時々利用している」を含めると50~60代の高齢者の割合が増えていた。

    ジャストシステムが12月に発表した調査では、「AI音声アシスタントを利用したことがある」のは
    10代が57.0%で最多、50代も36.5%が利用したことがあると回答した。

    キーボードによるタイピングが身に付いているPC世代に比べ、スマホ世代の10代は音声入力への抵抗が
    少ないという結果だ。「若者はiPhoneを好む」という調査結果もあったので、Siriをメインに使っているのだろう。

    また、スマホの小さい画面で文字入力するのが苦手な高齢者も音声入力ならより簡単に操作できる場合がある。

    実は長年ガラケーだった母が今年スマホデビューしたのだが、当初は初めてのスマホに四苦八苦していた。
    特に苦戦したのが文字入力。物理キーのような押し心地がなく、ユーザーインタフェースも変わるため、
    かなとカナ、英数字が混在する単語を打つのに一苦労だった。

    例えば、Googleで「東京駅」と検索するとしよう。スマホ画面の文字も小さいため、購入当初はこれを
    打つのに10分は掛かっていた。それが、音声検索を教えると一瞬で検索に成功した。普段スマホで
    音声検索を使うことはほぼないのだが、そのときばかりは「これはすごい」と感動した。

    しかし、高齢者にとってWi-Fiやスマホアプリ設定のハードルはまだまだ高い。また、「スマホで十分」
    と考える10代にスマートスピーカーをどうアピールすればいいかという課題もある。スマートスピーカーが
    越えるべき壁は多い。
    【【技術】スマートスピーカーが越えるべき壁。「『OK、Google』って言うのが恥ずかしい・・・」】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/16 23:34:51.56 ID:CAP_USER.net
    「高校生はもうLINEを使っていない」

    取材先でそう耳にする機会が増えた。企業のプロモーション担当者は、どのSNSで若者にアプローチをするか頭を悩ませている。

    実際に高校生や20代の女子に聞くと、「気付いたらLINEを使わなくなった」と“LINE離れ”を口にする。

    「LINEが久しぶりに鳴ったかと思ったら、『広告かよ』って」(27歳女子)

    もはやLINEを通じた企業の宣伝は、逆効果のようだ。

    彼女たちがアクティブに使うのは、もっぱらインスタグラム(Instagram)だ。「インスタのDM(ダイレクトメッセージ)で連絡を取るようになってから、あまりLINEを使わなくなった」そうだ。しかも、彼女たちは独自の手法でインスタを駆使している。

    都立高校の女子高校生(17)の日常は、スマホとともにある。帰宅後は終始、インスタ→ぶつ森(どうぶつの森)→インスタ→YouTubeのサイクルを回す。

    「気が付けば、LINEを使わなくなった。前は未読も既読も溜めなかったけど。LINEはすぐ返す方が少ない。友人には未読が30~40件溜まっている人もいる。未読スルーを嫌がる人もいると思うけど、今は当たり前になっている」と話す。

    まったくLINEを使わないわけではない。利用シーンは、「あまり仲良くない子」や、すごく親密ではないが「仲良くなっていたい子」とのやりとり。「高校生が終わるわ(卒業するわ)」「学園祭の劇、めっちゃ楽しかった」などの内容を、「結構な文章量で連絡し合っている」という。しかし、返信のペースはお互いに1~2週間に1度ぐらい。そのやりとりがもう2年近く続いているんだとか。何とも不思議な関係だ。

    「インスタはLINEよりも写真が(前提に)あって」

    アクティブに使うSNSはいつのまにかインスタグラムになっていた。

    ミレニアル脱落組はLINEで(笑)
    20代はどうか。若年層の流行を分析する企業「ブームプランニング」で実体験を聞いた。

    同社のプランナーの堀江葉さん(24)は、高校生のころはmixiボイス、大学3年まではLINEやTwitter、大学4年ごろからInstagramに移行した。

    「インスタで情報を得て、インスタのDM(ダイレクトメッセージ)でやりとりする。LINEを使うのは(インスタ)ストーリーズ(注:24時間で投稿が消える機能)にあがったものを、『あれ、あげてたよね?』とグループで共有するときくらい。既読でも未読でもOKになった」

    と話す。ちなみに

    「高校1年の妹はTwitterメイン。LINEは200件も未読が溜まっている。未読は開いて見ないで(既読を付けずに)、まとめて消すそうです。高校3年の妹はインスタ。ツイキャスもやっていたみたいです」
    https://www.businessinsider.jp/post-107511
    【【IT】「高校生はもうLINEを使っていない」高校生がLINE離れしてインスタに向かう理由】の続きを読む

    このページのトップヘ