PC

    1: 風吹けば名無し 2018/01/03 19:12:00.07 ID:A2lt1uDb0.net
    2018年01月03日 11時16分00秒Intelのプロセッサチップに根本的な設計上の欠陥が発覚、各OSにアップデートの必要性
    https://gigazine.net/news/20180103-intel-processor-design-flaw/


    ここ10年間に製造されたIntelのプロセッサに、設計上の欠陥が見つかりました。最悪の場合、パスワードやログインキー、キャッシュファイルなどが格納され
    たカーネルメモリーの内容を読み取られる恐れがあるとのことなのですが、Intel x86ハードウェアに存在する欠陥のため、マイクロコードアップデートでは対応
    不可能で、各OSがソフトウェアレベルで修正をかけるか、バグのない新たなプロセッサを導入する必要があるとのこと。


    対策の1つとして、カーネル・ページ・テーブル・アイソレーションを利用して、カーネルメモリーをユーザープロセスから
    完全に分離する方法が挙げられていますが、この方法だとIntelのプロセッサを搭載したPCの動作速度は落ちることになります。
    【ここ10年IntelのCPU全てに設計上の欠陥、対策で性能数割ダウン】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/07/15 05:30:51.08 ID:CAP_USER9.net
    龍芯3号を採用した中国発PC「龍盾」 ~CPU、OS、BIOSとも中国製。microATXのマザーボードも登場 - PC Watch
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1070654.html
    劉 尭2017年7月14日 12:49

     龍芯(Loongson)の公式Wechatアカウントで、4月25日に同社が開催したプライベートショウの模様が紹介された。そのなかでも注目は、CZC(深セン市創智成科技股?有限公司)が開発したクライアントPCシリーズ「龍盾」シリーズだ。

     “(中)国産化シリーズ”に属するこの製品は、「L300」と呼ばれるノートブックと、「L200」と呼ばれる一体型の2製品を用意している。中国産CPUを採用しているだけでなく、ファームウェアにも「崑崙BIOS」を採用し、セキュリティ性を高めたという。

     L300は、20mmを切る厚さの筐体に、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応15.6型IPS液晶ディスプレイを搭載。天板と底面にはアルミニウムを採用しているほか、天板と液晶面はナノメートル級の成形技術を採用し、薄さと高い強度を備えつつ、4mmの狭額縁を実現した。また、液晶は170度の広視野角と400cd/平方mの高輝度タイプを採用し、ゴリラガラスで表面を強化している。

     CPUにはクアッドコアの龍芯3A3000または3A2000を搭載。1.2GHzで駆動、8MBのキャッシュを備える。チップセットはRS780E+SB710となっており、チップセットとの通信はHyperTransportを採用。メモリは4GBのDDR3 SO-DIMM、ストレージはM.2接続の256GB SSD。OSには中標麒麟を採用する。

     インターフェイスは、USB 2.0×4、HDMI出力、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac対応無線LAN、720p対応Webカメラ、音声入出力などを搭載する。バッテリは11.4V/6.5Ah。本体サイズは356.8×243.8×19.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2kg。
    http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1070/654/1_s.png
    【【新製品】CPU、OS、BIOS、すべてが中国製のPC 龍芯3号を採用した中国発PC「龍盾」】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2017/07/10 09:00:49.85 ID:CAP_USER9.net
    日本マイクロソフトは、Windows 10の法人向け施策の進捗状況を説明する記者説明会を開催した。日本マイクロソフトの浅田恭子氏は、現在Windows 10が稼働する個人と法人デバイスが5億台を突破したことを明らかにした。

    中小企業を含む法人企業の約3分の2が、1年以内にWindows 10への移行完了を予定し、85%の大企業が2017年末までにWindows 10の展開を始めるという調査結果を公開。これらの数字から導入・移行規模が大きくなるほど、OSのリプレースに消極的であることがうかがえる。

    また、Windows 10に対しても管理や展開の容易性は14カ月でコストを回収できるというレポートと、33%の企業がセキュリティ案件の問題解決に要する時間の削減を望んでいるといった調査結果も発表した。ただし、これらのデータはグローバルであり、日本市場においては異なる数値が出ている。

    多くの企業はWindows 7を利用しているが、2年半後の2020年1月14日に延長サポート期間が終了する。さらに同時期リリースとなったOffice 2010は2020年10月13日が終了日。

    今年はWindows Vistaが4月11日、Office 2007が10月10日に延長サポート期間終了日を迎える。日本マイクロソフトは「幸か不幸かWindows Vistaの企業導入は少なかったものの、Windows 7は導入数が多いため、市場への影響も大きいと考えている」(日本マイクロソフト 古川淳一氏)。

    日本マイクロソフトによる調査結果によれば、54%の中堅中小企業がWindows 7のサポート終了時期を認識しておらず、67%がWindows 10への移行・検証を行っていないという。同社はキャラクターを活用した認知度アップや移行・展開・運用に関する支援を積極的に行う予定だ。

    具体的には各パートナー企業と連携した法人顧客の移行支援や、全国自治体と協力しながら地方の中堅中小企業へもアピールし、7月1日から始まる2018年度中にWindows 10への100%移行を目指す。

    この背景にはWindows XPサポート終了時の混乱がある。当時の日本マイクロソフトは広く最新OSへの移行をうながしていたが、フタを開けるとサポート終了直前の1年間で約30%の法人が駆け込み移行を行う状態だった。

    さらに多くの企業は移行予算を用意していないため、同時期のPC出荷台数に対する約半数は予定外の出費という結果が見えてきた。さらに、Windows XPの時も、中堅中小企業、地方自治体の多くがサポート終了への認識が不足していた。

    日本マイクロソフトはWindows XPサポート終了に関する啓蒙活動を1年前から実施したが、今回は2年半前から準備に取りかかり、2018年1月から本格的な活動を開始する。

    https://japan.zdnet.com/article/35103659/
    【【PC】日本マイクロソフト、2018年度中にWindows7からWindows10への100%移行を目指す】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [IT] 2017/06/26 10:09:09.84 ID:XZVQgEK70.net
    「イマドキ大学生のパソコンに関する意識調査」を、IT機器リサイクル事業のリングローが公表しました。近ごろ耳にする
    「若者のPC離れ」の実態に迫る、興味深い結果が出ています。

    調査対象は279人の大学生で、過半数の142人が4年生。「スマホ世代」と呼ばれるだけに99.3%がスマートフォンを所有しており、
    87.5%がメインのインターネット端末として使っています。その一方で、90%が自分用のPCを持っていると回答。
    決してPCから離れているわけではないようです。

    https://news.biglobe.ne.jp/it/0626/nlb_170626_7168994399.html
    【8人に1人がスマホでレポートを書く一方でPC所持率は9割 「若者のPC離れ」はウソ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/16 15:50:04.39 ID://y7tQjx0.net
    謎の勢力2「CPUはパソコンの頭脳に当たる部分、ここは重要」
    謎の勢力3「メモリは当たり外れの大きな部分、ここは値段で妥協するな」
    謎の勢力4「マザボはPCの基礎となる部分、ここは質にもこだわるべき」
    謎の勢力5「HDDは何より大事なデータが保存される部分、ここは重要」
    謎の勢力6「ゲームや動画再生能力はグラボで決まる、ここは大事」
    謎の勢力7「一番長く使うのはケース。ここから決めるぐらい大事なパーツ」
    謎の勢力8「キーボード、マウスは直接触れる部分、ここに金をかけるべき」
    謎の勢力9「モニタがダメだとどんなPC組んでもダメ。いいものを買え」
    【ワイ「PC組みたい」 謎の勢力「電源がダメになると他のパーツもダメになる、ここは妥協出来ない」】の続きを読む

    このページのトップヘ