Sony

    1: ニライカナイφ ★ 2017/08/05 17:00:54.72 ID:CAP_USER9.net
    ソニーは8月1日、今年4~6月期の四半期決算を発表。
    営業利益は1500億円を突破し、過去最高を記録したが、プレイステーション4(PS4)の販売が振るわない。
    スマホ向け画像センサーが業績を牽引し、熊本地震関連の保険金の受取りも営業利益に寄与した一方、PS4の出荷台数は昨年の同四半期の350万台から330万台に減少した。

    ウォールストリート・ジャーナルは、2013年にリリースされたPS4の技術が古くなっていることが販売減少の一因だとし、2018年にはPS5が発表されると予想した。
    また、マッコーリーキャピタル証券のアナリスト、Damian Thongも「2018年後半にプレイステーション5(PS5)がリリースされる」と予想しているが、Wedbush SecuritiesのMichael Pachterをはじめ数人のアナリストは、2019年になるとしている。

    筆者もPachterらと同意見だ。現状の市場環境を見渡したとき、ソニーが2018年にPS5をリリースすることは合理性に欠ける。
    まず、ソニーはゲーム機市場において断トツのトップシェアを誇っている。
    PS4の販売台数は6000万台を突破し、Xbox OneやWii U、ニンテンドースイッチを遥かに上回る。

    PS4の特徴は、半世代分のアップグレードである「PS4 Pro」がリリースされていることだ。
    ソニーは同世代ハードウェアの中でよりハイエンドなゲーム機を提供したことで、従来のゲーム機に比べてライフサイクルを長期化することに成功した。
    このため、Proの発売から1年半しか経っていないタイミングでPS5をリリースするのは、間隔があまりにも短い。

    さらに、ソニーは「The Last of Us 2」や「God of War」などのビッグタイトルを近くリリースする予定だ。
    これらのタイトルは次世代ゲーム機でもプレイできるかもしれないが、PS4を主たるプラットフォームとして開発されている。
    2018年もPS4の拡販が期待できるのに、PS5をリリースするのは機会損失を招くことになる。

    ■ PS5のリリースは2019年が有力

    これらの理由から、PS5をリリースするのであれば、2019年が最適なタイミングだと言える。
    2019年は、PS4の発売から6年後、PS4 Proの発売から3年後に当たる。
    ソニーが再びPS4 Proのようなアップグレードを行うのか、次世代ゲーム機をリリースするのかは不明だが、恐らく後者の可能性が高いだろう。

    2019年のホリデーシーズンのリリースとなれば、マイクロソフトのハイエンドゲーム機「Xbox One X」のリリースから2年後、ニンテンドースイッチのリリースから2年半後となり、
    両社にとっては大きな脅威となる。かつて、ソニー、マイクロソフト、任天堂はゲーム機をほぼ同じ時期にリリースしてきたが、現在ではタイミングがバラバラになっている。

    2019年であれば、新ハードウェアをリリースするのはソニーだけになる可能性が高く、それまでにPS4の販売をさらに増やすことができる。
    ソニーが仮に2018年のゲーム見本市「E3」でPS5のティーザーを発表するとしても、公開する情報は最小限に留めるだろう。
    同社は冬か春での発表に向けて準備を進め、2019年の秋か冬にリリースする可能性が最も高いと思われる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13434344/
    【【経済】PS4の販売が振るわないソニー、米紙が2018年の「PS5」発売を予想】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [US] 2017/07/11 17:21:58.61 ID:MCVANPdJ0.net
    ソニーは4K有機ELテレビ「BRAVIA A1シリーズ」の77型モデル「KJ-77A1」を8月5日から発売する。
    価格はオープンプライスで、店頭予想価格は250万円前後。

    BRAVIA A1
    yyZJKVd7i1e


    6月に発売したソニー初の4K有機EL BRAVIAは55型と65型の2サイズ展開だったが、77型の「KJ-77A1」を追加。3サイズ展開とする。

    画面サイズ以外の基本仕様は共通で、77型/3,840×2,160ドットの有機ELパネルと、HDR対応の高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載。
    自発光デバイスである有機ELパネルを活かし、Ultra HD Blu-rayなどのHDR高画質を引き出すという。広色域な
    トリルミナスディスプレイやデータベース超解像を行なう「4K X-Reality Pro」も搭載している。

    HDR信号は、Ultra HD Blu-rayなどで採用されている「HDR 10」に加え、4K放送で採用される「Hybrid Log Gamma(HLG)」に対応。
    またDolby Visionにも今後のアップデートで対応予定。なお、3Dには非対応。

    アコースティックサーフェイスを搭載し、画面そのものから音を出力
    vUr1jXAC4Jh


    HDMI入力は4系統で、HDMI2/3入力が4K/60p 4:4:4対応。コンポジットビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、
    ヘッドフォン出力×1(サブウーファ兼用)などを装備する。消費電力757W。年間消費電力量は404kWh/年。
    スタンドを含む外形寸法は172.1×39.9×99.3cm(幅×奥行き×高さ)、重量は45.3kg(本体のみは37.8kg)。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1069832.html
    【【お化けテレビ】ソニー、77型の4K有機ELテレビ「BRAVIA A1 KJ-77A1」 実売250万円】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/11 23:16:55.23 ID:WkWp/ca+0.net
    ハイレゾ対応プレイヤー3500円(sdスロット有)
    http://i.imgur.com/hOLQuhx.jpg

    ハイレゾ対応イヤホン1000円
    http://i.imgur.com/CQ5gcFq.jpg


    SONY ハイレゾ対応 WALKMAN 40000円
    http://i.imgur.com/VGOinm7.jpg

    SONY ハイレゾ対応 イヤホン 30000円
    http://i.imgur.com/JFgBwrh.jpg
    【SONYのハイレゾ商売、完全に終わるwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/11 20:01:11.79 ID:JJ7k34ss0.net
    今年も世界最大級のゲームの見本市「E3」が始まります。今回は日本時間の6月12日(月)午前6時から行われる、Microsoft(マイクロソフト)のXbox E3 ブリーフィングの模様をリアルタイムでお届けします。
    去年のE3で発表され、そのスペックのすさまじさとソ連の秘密兵器のような名前が話題となった「Project Scorpio」の最新情報をお見逃しなく!


    家庭用ゲーム最高スペックの座を引き下ろされるな
    これからは全部scorpio版の劣化版になる
    【【悲報】PS4の寿命、あと10時間【最強のゲーム機発表】】の続きを読む

    このページのトップヘ