apple

    1: 信者さん買い支えないと@ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/21 14:41:06.93 ID:CAP_USER9.net
    https://iphone-mania.jp/news-200739/

    Appleは第2四半期(4−6月)におけるiPhone Xの生産台数を、最大1,000万台削減し、年内には生産を終了するのではないかとの見方が浮上しています。

    iPhone Xは年内に生産終了か

    Rosenblatt証券のアナリスト、ジュン・ザン氏が、Appleは6月の四半期(4−6月)におけるiPhone Xの生産台数を最大1,000万台削減し、1,500万台程度に収めるとの予想を述べました。
     
    Apple関連の予測の正確さに定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏も先日、2018年第2四半期のiPhone Xの出荷台数予測を1,300万台へと下方修正したばかりです。同氏もAppleは2018年中盤にiPhone Xの生産を終了すると見ています。
     
    これらの予測だけを見るとAppleに逆風が吹いているように思えますがそうではなく、Appleは3モデル構成といわれる2018年版のiPhoneへと完全に切り替えるため、iPhone Xの生産を終了する決断を下したようだ、とザン氏は述べています。

    iPhone Xは値下げせず生産終了へ

    通常Appleは新しいiPhoneを発売すると、以前のモデルを値下げします。しかしiPhone Xに限っては値下げを行わず、生産終了という道を選ぶようです。
     
    2018年発売のiPhoneは、現行のiPhone Xと同じサイズの5.8インチ有機EL(OLED)を搭載したモデルと、6.5インチOLED搭載の「iPhone X Plus」、そして6.1インチ液晶搭載モデルの3モデル展開になると見込まれています。
     
    また今年はこれら3モデルが売れるため、「本当のスーパーサイクルが来る」と先述のクオ氏は述べています。

    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/01/iPhone-X-e1515001011121.png
    【【Apple】年内にiPhone Xの生産を終了か~新iPhoneへ完全に切り替え】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/12/29 08:49:09.08 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3156982?cx_module=latest_top

    2017年12月29日 8:22 発信地:サンフランシスコ/米国
    【12月29日 AFP】米アップル(Apple)は28日、同社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」旧機種の稼働速度を意図的に下げていたことについて謝罪し、一部端末を対象に割引価格でのバッテリー交換を提供すると発表した。

     アップルをめぐっては先週、バッテリー関連の問題が報じられたことをきっかけに、同社がiPhoneの速度を意図的に下げることによって新機種への買い替えを不正に促しているのではないかとの疑惑が浮上。同社に対してはユーザーからの怒りの声が相次ぎ、複数の訴訟にも発展していた。

     アップルは公式ウェブサイトで公開した顧客向けメッセージで、「一部の人々を失望させたことは承知しており、謝罪する」と表明。「自社製品の寿命を意図的に縮めたり、顧客にアップグレードを促すためにユーザー体験を低下させたりするようなことは、過去にもこれからも決してない」と説明している。

     同社は同時に、iPhone 6以降の機種を対象に、バッテリー交換が必要なものについては、現状79ドル(約8900円)である保証期間外での交換価格を、来年1月下旬から12月まで29ドル(約3300円)に値下げすると発表。また、老朽化したバッテリーがパフォーマンスに与える影響を確認しやすくするソフトウエアアップデートも提供する予定だという。(c)AFP
    【【アップル】iPhone速度低下問題で謝罪 バッテリー交換の割引発表】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/21 22:46:40.70 ID:0L2ar5Mz0.net
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/21/news

    Apple、開発者に対し
    「ガチャの排出率表記」を義務化
    開発者向けガイドラインに、21日までに当該文言が追加されていたことが分かりました。

     Appleが開発者向けに公開している「App Store審査ガイドライン(英語版)」に、「ガチャの排出率表記」を義務化する条項が追加されていたことが分かりました。
    日本語版のガイドラインにはまだ反映されていませんが、これが厳格に適用されれば、今後ガチャの排出率を表記していないアプリはApp Store上で提供できないことになります。
    【【Apple】アップル クズだらけのソシャゲ企業にガチャ確率を開示するよう義務化】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/06/29 09:03:12.69 ID:CAP_USER9.net
    iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気
    6/28(水) 16:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000063-jij-n_ame

     【シリコンバレー時事】米アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を発売してから米国時間29日で10年。

     アイフォーンはスマホ市場に革命を巻き起こし、日本などで高いシェアを誇る。ただ、市場の成熟とともにアップルの優位は揺らぎ、消費者が期待する革新性は薄れている。

     「アップルは電話を『再発明』する」。2007年1月、当時のスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、デジタル音楽プレーヤーとインターネット端末、携帯電話の機能を統合した新製品の発表会でこう切り出した。

     今では当たり前になったタッチパネル式画面は、直感的な操作をもたらした。使いやすさとキーボードを取り払った洗練されたデザインで、ジョブズ氏の言葉通りスマホ市場の景色を一変させた。

     今なお根強い人気を誇るのは日本市場だ。調査会社MM総研によると、16年度のメーカー別のスマホ出荷台数でアップルは52.7%を占め、2位のソニー(15.2%)を大きく上回った。

     日本の電子部品メーカーにとっても重要な収益源で、液晶大手のジャパンディスプレイ(JDI)は連結売上高の5割以上をアップルから稼ぐ。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎氏は「アイフォーンによる電子部品生産の押し上げ効果は大きい」と指摘する。

     ただ、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」の台頭で、同OSを搭載する韓国サムスン電子製スマホなどとの競争が激化。11年にはアイフォーン生みの親であるカリスマ経営者ジョブズ氏が死去した。

     累計販売は16年7月に10億台を記録したものの、真骨頂である革新性は薄れたと言われて久しい。今秋発表するとみられる新モデルで復活ののろしを上げることができるか。世界中が見守っている。 
    【【Apple】iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気】の続きを読む

    このページのトップヘ